母親が介護のストレスでおかしくなってしまった?付きっきりの介護は間違い?

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 介護・医療


私の祖母は96歳になるのですが、沖縄で一人暮らしをしていました。
家事がこなせなくなってきたため、沖縄の親戚が面倒を見ていたのですが、祖母は折が合わずそこでの介護を拒むようになりました。
そして遠方に住む私たち家族が祖母を引き取ることになりました。

SPONSORED LINK

介護を始めてからの母の苦悩

母親は勤めていた会社を辞めて祖母と日中二人きりの生活になりました。
祖母自体はトイレには一人で行けるし、お風呂も見守りがあれば大体は二人でこなすことができました。

しかし、高齢であることからなかなか母親の言うことが理解できなかったり、自分がなぜここにいるか理解できず帰りたいと叫び始めたりしました。
そんな祖母とずっと一緒にいることで母親は精神的にとてもストレスになり祖母に当たってしまうことが何度かありました。

祖母はなぜ母親が怒っているのか理解できないし、母親も自分が親に怒鳴ってしまったことを嘆いており、家の中は淀んだ空気が漂うような感じでした。

入院と老健への入所を経て・・・

そんなとき、祖母が転倒してしまい大腿部骨折を起こし、病院で入院することとなりました。
祖母と距離が生まれた母親はつきっきりで介護していた時よりは穏やかになっていました。

SPONSORED LINK

母親は週に2.3回は病院に面会に行き祖母の様子を伺いにいっていました。
そしてリハビリをするために祖母は1ヶ月程度で病院を退院し老健へと入所しました。

約1年ほど母親は祖母とつきっきりで暮らし、常に祖母を見守っていないと行けないと言う思いから自分自身の休む時間を忘れてしまっていたようでした。
すると、母親は介護のストレスが発散できずそれを祖母へと当たるエネルギーにしてしまっていたためさらに祖母は混乱してしまい不安になって叫んだりしてしまうという悪循環となっていました。

家族だから・・・と全てを抱え込まず、ほどよい距離感も大切!

母親と祖母をみていると、介護は自分一人で抱え込むものではなく、地域の福祉の助けを借りたり家族に助けを求めたりしながら介護をする側とされる側がお互いに穏やかに暮らせる距離を見つけて行くことが大切なのではないかな感じました。

責任感の強い母親は自分の親だから自分で面倒を見なくては行けないというふうに思い、自分自身のことは考えてなかったのだと思います。
いまは祖母とちょうど良い距離を保っているようで、面会に行って帰ってくると祖母が元気そうだったことなどを話してくれます。

家族なので完全に突き放してしまうことは無責任だとは思いますが、介護することになった時は介護する自分の負担と介護される者の負担どちらのことも考えて行くことが大切だと感じました。

スポンサードリンク

関連記事

【徘徊】突然、認知症になった80代祖父の介護が大変すぎて・・・

80代だったうちの祖父はある日突然に、認知症を発症しました。 原因は転倒でした。 2月でした

記事を読む

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

もしかしてガン?!アテロームで即日日帰り手術をした体験談

学生のときから膝にしこりがありました。 3センチほどの大きさで、丸く皮膚の中でごろごろしています。

記事を読む

【胸糞】祖母を自宅介護し、見送りました。無知を後悔しています。

幼稚園児の頃、母が子供3人を引き取って実家に帰り、祖父母と同居が始まりました。 調停をしたにも関わ

記事を読む

【人材集まれ~!】介護福祉士の仕事内容と資格取得までの道のり!

私は介護福祉士として働いています。 超高齢化となりつつある日本では、高齢者が増えていくと共に介護の

記事を読む

気持ちが大事!ケアマネージャーの資格取得のために私がやってきたこと

介護士の仕事は、毎日が色々な仕事で溢れています。 利用者(入居者)の介護、家族への対応、環境整備や

記事を読む

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のことです。 数年前から起床時の目

記事を読む

「どこ見ているの?」外斜視で恥ずかしい思いをしてきましたが手術で治しました。

私は物心がついた時に気になっていることがありました。それは外斜視です。 他人が見てもわかる程の斜視

記事を読む

【悲惨】スノーボードでの事故による打ち身で陰部に激痛が走り・・・

私が体験したケガは、珍しいケースだとは思いますが、「外陰部血腫」と診断書には書かれていました。 外

記事を読む

心の準備なく始まった自宅介護生活は予想以上に大変なものでした。

毎日顔を合わせていると日々弱っている祖母に気付かないでいました。 食欲がなくなり、寝ている時間が増

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑