【悲惨】スノーボードでの事故による打ち身で陰部に激痛が走り・・・

公開日: : 最終更新日:2017/03/27 介護・医療


私が体験したケガは、珍しいケースだとは思いますが、「外陰部血腫」と診断書には書かれていました。
外陰部とは、女性の膣を守るように左右についている膨らみの部分のことを言います。
この部分が、約10センチくらいにまで腫れ上がり、大変な思いをしました。

SPONSORED LINK

スノーボードに尻餅をつき、陰部に激痛が!

なぜこのようなケガに至ったかと言いますと、事の発端はスノーボードです。

事故の原因はと言うと、ボードに足を固定する部分で高さ30センチ横20センチくらいの、ブーツを支えるプラスチックの板があるのですが、左足しかボードに固定していない状態のときに雪の中バランスを崩し、右足の踵を固定する部分の真上に尻もちをついたのです。その瞬間、陰部に激痛が走り、20分くらいその場から動けませんでした。

今だったらその場で係員さんに言って救急車で病院に直行するところなんですが、打った場所が場所なだけに、一緒に行っていた彼氏に打ち明けるのが精一杯でした。

そこからは、痛みに耐えながら自力で病院に行くことにしました。
陰部を打ってしまい、腫れ上がっているということで、何科を受診するかだいぶ迷いました。

打ち身が原因なので、外科か、整形外科が頭に浮かびましたが、場所が場所なだけに、とにかく陰部を見てもらうにあたり抵抗がないという理由で、スキー場の近くの産婦人科に駆け込みました。

打ち身で外陰部に10cmもの腫れが・・・

私の歩き方が明らかにおかしかったので、様子のおかしい緊急性の高い患者と判断され、診療時間ギリギリでしたが診てもらえました。
お股を広げる椅子に座り診て貰ったところ、打ち身による血腫と言われました。

SPONSORED LINK

妊婦さんのお腹の中を診るエコーを患部にあて、血腫がどんな状態か診てくれました。
緊急で駆け込んだ個人病院だったので、それ以上どうすることもできず、先生が地元の大学病院に紹介状を書いてくれました。
激痛すぎるのでロキソニンだけ出してくれました。

夜間の救急外来で大学病院に行ったとき、たまたま夜勤をされていたのも産婦人科の女性の先生だったのが不幸中の幸いでした。
腫れている場所が場所だからとご理解いただき、そのままその産婦人科の先生のところに通院できることになり安心しました。

患部の状態はと言うと、約10センチくらいにパンパンに腫れ上がっており、血腫を手術して除去するか、自然に腫れがひくのを待つかの二択でした。

ほとんど粘膜部分ですし、切るのは怖いと伝えると、2週間自宅療養とのことで診断書を書いていただきました。

その後の通院は、週に一回ずつと、しばらく経ってから一回で計3回行きました。

デリケートな患部のため、自宅療養を選択して・・・

内服薬は、痛むときに飲むロキソニンと、外用薬としてはガーゼと消毒液と、痛みを和らげるジェル状の局所麻酔をもらいました。

ガーゼに消毒液を含ませて患部にあててこまめに替えるように指示されました。
寒い季節の事故だった為、自宅療養中はずっとコタツで過ごしていたのですが、打ち身だった為温めずに患部を冷やすべきでした。
その辺りの指導が無かったのが今思うと残念でした。

通院のタイミングで患部をみてもらい、だいぶ腫れがひいていると言ってもらえた時には安心しました。
もしも血腫がなかなかひかなかったら、中の塊を切除しないといけないという話も出ていたので。

通常の打ち身と違い湿布が貼れるような場所ではなかったので、局所麻酔のゼリーを処方してもらえて良かったです。

粘膜部分のケガは本当に痛みがダイレクトですし、大事な部分だったりするので、相談しやすい先生にみてもらうのが1番だと思います。

スポンサードリンク

関連記事

襲ってくる激しい悪寒と痛み!急性腎盂腎炎で入院した体験談

私は急性腎盂腎炎という病気になった時、初めて入院をしました。 急性腎盂腎炎とは、腎盂や腎臓そのもの

記事を読む

【絶対安静】突然襲われた胸の痛み!縦隔気腫で入院した体験談

突然、喉元から胸にかけて痛みがでました。 夕方から痛みが出始め、次の日の朝になっても痛みが取れませ

記事を読む

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

【冷え性からの凍傷】手首から先がずる剥け、ケロイド状に・・・!

低体温、冷え症で幼少の頃より毎年霜焼けが出来ます。 3年前の12月も霜焼けが手の指にぽつぽつ出

記事を読む

【介護士は大変】その通りだけど、そのぶんやり甲斐のある仕事

みなさんの想像どおり忍耐と体力が必要な仕事で、介護士は大変な思いや苦しかったりしんどかったりする仕事

記事を読む

【愕然】無資格で飛び込んだ介護の世界でお荷物になった私が選んだ道

介護職はデイサービス、デイケア、施設系、有料老人ホーム、グループホームといくつかの種類に分かれていま

記事を読む

「また・・・?」繰り返す蕁麻疹の治療に効果をあげた方法が実は・・・

私はもともと健康体で病院とは無縁の生活を送っていたのですが18歳になったとたん、身体中に蕁麻疹が出始

記事を読む

【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

認知症の祖父がいました。 夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

記事を読む

一人暮らしの祖母が老健に入所するまでの出来事を振り返って

祖母は、祖父に先立たれて一人暮らしをしてました。 祖父に先立たれる前は家事も一人前にしてました。

記事を読む

【疑問】介護現場で本当に大切なことは?私が福祉事業を立ち上げる理由

介護の仕事を始めたのは私が20歳の時です。 短大を出てホームヘルパーの資格を取得してから老健に就職

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑