【切迫早産】入院が出産近くまでずっと続いていた私のケースをお話しします

公開日: : 最終更新日:2017/06/18 介護・医療


結婚して子供を二人授かりました。
自分自身はそれまで病気などなく、健康に暮らしていました。

ですので妊娠期間中も特に体に気を遣うことなく普段通りの生活をしていましたが、まさか切迫早産で二か月も入院生活を送る事になるとは想像していませんでした。

SPONSORED LINK

切迫早産で入院..繰り返す点滴の辛さ

フルタイムで仕事をしていましたので、産休に入った次の日の明け方にお腹の調子が悪くなり、切迫早産と診断され、そのまま入院になりました。

お腹の張りが止まらず、24時間ウテメリンの点滴をしており、お風呂も20日間入れませんでした。

点滴を始めて一週間位はお腹の張りがおさまっていた為、点滴の濃度を下げようと先生より指示があり、このまま濃度が下がっていけば次は飲み薬になるので退院も可能だと言われました。

しかし、濃度を下げるとお腹の張りがあり、また濃度を上げる事になりました。

結局、点滴の濃度を上げたり、下げたりの繰り返しでした。

つらい点滴生活だったけど・・・すべては新しい命のため!

両方の腕には針のあとが20ヵ所以上できて、もう腕に針を刺す所がなくなったので手の甲にも刺していました。

新人の看護師さんが点滴を変えにきた時に2回失敗して、腕が腫れてしまいました。
言いにくかったですが、他の看護師さんに代わってもらうようお願いして、3回目でやっと成功しました。

SPONSORED LINK

年末からの入院だった為、お正月も病院で過ごす事になり辛かったです。

先生や看護師さんからはお腹の赤ちゃんの為と思って頑張りましょうと励まされました。
正産期に入るまで点滴を外す事なく退院となりました。

予想外!退院後にすぐに陣痛が!準備も追いつかず・・・

退院の時に先生からはあなたは点滴を外してもすぐに陣痛はこないだろうと言われていましたが、退院して二日目で陣痛がきてそのまま出産となりました。

入院中はトイレ以外はずっと寝たきりでベッドの上での生活で、お産のイメージができていないままの出産となりました。

足腰も弱っており、踏ん張りたいが中々体力がついてきませんでした。
妊婦さんは妊娠後期に歩いたりする事があるみたいですが、私の場合それは全くなく、体力が一番落ちている時のお産だったので大変でした。

先生から一人目で切迫になると二人目もなりやすいと言われて、今度は気を付けて生活しようと注意していましたが、やはり二人目も切迫早産で入院してしまいました。
二人目は二週間で一度退院しましたが、退院して3ヵ月後にまた入院となりました。
もちろん24時間点滴でした。

健康と体力には自信がありましたが、妊娠を軽くみてはいけないと考えさせられる体験となりました。

スポンサードリンク

関連記事

【パニック障害】精神薬の副作用に苦しんだ私が出会った治療法の効果がすごい

私は境界型パーソナルティ障害、うつ病、パニック障害を持っています。 現在障害年金受給者です。 元

記事を読む

一人暮らしの祖母が老健に入所するまでの出来事を振り返って

祖母は、祖父に先立たれて一人暮らしをしてました。 祖父に先立たれる前は家事も一人前にしてました。

記事を読む

苦痛しかないPMSの症状!治療でピルを飲み続けた結果・・・

私が、20代前半のころに経験した、「月経前症候群(PMS)」という病気の体験談です。 当時私は、フ

記事を読む

心の準備なく始まった自宅介護生活は予想以上に大変なものでした。

毎日顔を合わせていると日々弱っている祖母に気付かないでいました。 食欲がなくなり、寝ている時間が増

記事を読む

【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

認知症の祖父がいました。 夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

記事を読む

【終わりが見えない】38歳からの不妊治療は考えが甘かったです。

ケガや病気とは少し違いますが、病院に通院しています。不妊治療です。 私たち夫婦は結婚が少し遅く、主

記事を読む

【徘徊】突然、認知症になった80代祖父の介護が大変すぎて・・・

80代だったうちの祖父はある日突然に、認知症を発症しました。 原因は転倒でした。 2月でした

記事を読む

【腰痛・脚のしびれ】ヘルニアを手術しないで治した私の治療体験談

2016年夏頃、腰の痛みと右の太腿の裏からふくらはぎ辺りまでの痺れが出て、かかりつけの整形外科に受診

記事を読む

【二度とイヤ】卵巣出血の痛みは気が遠くなるほどの辛さ!

ある日、寝る前に腹痛を感じました。 生理前だから痛いのかな?と思いながら、痛みを我慢して寝ました。

記事を読む

鬱病になり自傷行為を繰り返した私がいまあなたに伝えたいこと

鬱病は「心の風邪」という言葉があることを知っていますか? これは決してすぐ治るという意味ではあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【18歳】子宮頸癌で2度の円錐切除をした体験談と今だから言えること

最初に子宮頚ガンに気づいたのは、18歳のときでした。 年齢的に若いの

【二度とイヤ】卵巣出血の痛みは気が遠くなるほどの辛さ!

ある日、寝る前に腹痛を感じました。 生理前だから痛いのかな?と思いな

【切迫流産】21週で入院!もうもたない?わたしの赤ちゃんどうなっちゃうの?

私は昨年、次男を出産しました。 長男の時は特にトラブルもなく普通に出

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のこと

【バレーボールでの事故】網膜剥離で硝子体手術を受けました。

大学のサークルでバレーボールをやっているときに網膜剥離になりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑