「蜃気楼」の言葉の語源となった生き物って何なの?

公開日: : 観光・お祭り


shinkiro1

突然ですが皆さんは蜃気楼って見た事がありますか?
蜃気楼が見られるのは海の地平線や陸の地平線など、線の上にある一定の気候条件が重なって発生します。
なので、都会に住んでいる皆さんはもしかしたらあまり見た事ないかもしれませんね。
今回はその蜃気楼とは何か、蜃気楼の語源になったと言われている生物についてちょっと触れていこうと思います。

蜃気楼ってどうしてできるの?

shinkiro2

まず、蜃気楼がどうしてできるのかを説明していきましょう。
蜃気楼は上が暖かい空気、下が冷たい空気で出来る画像が反転して見える上位蜃気楼と上が冷たい空気、下が暖かい空気で出来る下位蜃気楼の2種類があります。
この2つとも大気中で光が屈折する事によって蜃気楼が発生します。
実は物体はあらゆる方向に光を反射していますが、私達に見えているのはほんの一部の部分なのです。
よって、大気中に冷たい空気と暖かい空気が重なり合い、その教会の狭い範囲での空気の温度の連続的な変化によっておこる光の屈折によって、蜃気楼が発生するのです。

SPONSORED LINK

蜃気楼の発生しやすい季節や条件とは

shinkiro3

蜃気楼って、こういう風に画像で見ると何か合成っぽい感じもしますが、実際に見たり映像で見るとまた一段と不可思議さを増します。
見た事ない方は是非一度その目で見て頂きたいですね。
という事で、蜃気楼が出現しやすい季節と条件ですが、例えば富山県の富山湾でも条件を参考にしましょう。
時期は3月下旬~6月上旬までで、時間は午前11時頃~午後16時頃が現れやすいそうですが、勿論例外もあるそうです。
気温は18度以上の事が多く、特に朝が冷え込んだ日に日中の温度が上がれば更に好条件との事です。
風邪は魚津の海岸から北北東の微風で、移動性高気圧の中心が本州の東の海上に抜け、晴れた当日だが翌日からは天気が崩れそうな、等圧線の間隔があき、強い風が吹かない状態で蜃気楼は発生します。
結構難しいのでざっくりと、蜃気楼が目撃されている場所に行き、地元の人に今日は見えやすいかどうか話を聞いた方が早いと思います。

SPONSORED LINK

蜃気楼の語源となった生物って何?

shinkiro4

出典:
この絵を見て、蜃気楼とどう関係性があるのかと首をかしげる人も多いと思います。
今は蜃気楼がどうしてできるか科学的に解明されていますが、その昔まだ蜃気楼の正体がわからなかった日本の人々は、蜃気楼を海に出る妖怪だと思っていたのです。
調べてみますとその妖怪はハマグリの形をしていて、身長は115センチだという説と、竜の形をしていて身長107センチ~502センチだという説があるそうです。
竜の場合のみ身長の幅が大きいですが、これはきっと蜃気楼のサイズによったのでしょう。
また蜃気楼がなぜその様な妖怪に例えらえれたのかというと、蜃気楼に気を取られて並みに足を取られたり船が転覆したりして、死人やけが人が出た事から恐れられて都市伝説の様に広がったのではないかという説があります。
海は元々油断すると命取りになる場所ですが、蜃気楼を知らない人がいきなり現れた蜃気楼に気を取られてしまうのは誰もが納得のいく事実ですよね。
この記事を読んだ皆さんはもう蜃気楼の事を知っている方もそうでない方も、この記事を読む事によってちょっと頭にとめておいてくださいね!

真夏日に見える、最も身近な蜃気楼「逃げ水」

shinkiro5

最も身近な蜃気楼として、この「逃げ水」が挙げられます。
炎天下の真夏日に周りに何もない田舎の道を走っている時に見られますので、まだ見た事ない方は是非チャレンジしてみてください!
ただし運転手さんはよそ見しないでしっかりと安全運転をしてくださいね。

如何でしたでしょうか?
蜃気楼についてあまり深く考えた事がない方も多いかもしれませんが、この記事を読む事によって少しでも蜃気楼についてお解りいただけましたら幸いです。
まだ見た事ない方は今蜃気楼が見やすい季節ですので、是非チャレンジしてみましょう!

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

青森ねぶた祭り日にちはいつ?多くの人を魅了する祭りの見どころとは?

青森ねぶた祭りの日にちは毎年8月2日から7日までの期間です。 青森県の青森市で開催されます。 8

記事を読む

ねぶた祭り2015 開催スケジュール・交通・閲覧席受付・大型ねぶたの運行

ねぶた祭りの名前なら知っている方は多いかもしれません。 しかし、ねぶた祭りがどんなイベントごと

記事を読む

2016中之島イルミネーションでデート! 開催期間・時簡帯・アクセス(最寄り駅・駐車場)をチェック

さてさて、そろそろ日本全国各地イルミネーションがにぎわう季節になってきました! あなたはどこの

記事を読む

日本夜景遺産にも登録!湯西川かまくら祭り1000個ライトアップが美しすぎる

栃木県日光市にある湯西川。この地区では毎年冬になるとかまくら祭りが開催されます。 2017年の今年

記事を読む

【奇祭】島田大祭 大名行列!300年続く祭りへ参加してみよう

約300年ほど前から続いている、島田大祭についてです。 一般的には帯祭りと呼ばれ親しまれています。

記事を読む

【約1キロ】福岡県直方市の花火大会はナイアガラの滝がお見事!

毎年7月下旬に行われる直方市の花火大会では、約1キロにも及ぶナイアガラの仕掛け花火が有名です。 遠

記事を読む

【山形】酒田花火ショーの攻略情報を地元民が口コミで教えます!

山形県の酒田市の酒田花火ショーを口コミします。 毎年8月の第一土曜日に最上川河川敷で開催されます。

記事を読む

【青森】ねぷた祭りとねぶた祭りの違いを地元育ちの私が解説してみた

『ねぷた祭り』はご存知でしょうか? 青森と言えば『ねぶた祭り』の方が知ってる方が多いのではないでし

記事を読む

まるで天国。日本三大名園の兼六園での花見が素晴らしい。

日本三大名園のひとつである兼六園の花見が素晴らしかったです。 兼六園は石川県金沢市にあります。

記事を読む

【日本さくら名所100選】兵庫県夙川公園のお花見は川沿いの桜並木が圧巻

私が若い頃から毎年行っているお花見スポッは兵庫県西宮市にある夙川公園です。 JRの駅名で「さくら夙

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八丁堀駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

八丁堀駅は昭和38年に営団地下鉄の駅として開業されました。その後、平成

日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

日暮里駅は、JR線(山手、京浜東北、常磐)、京成線、日暮里・舎人ライナ

千駄ヶ谷・北参道駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

千駄ヶ谷駅は明治37年に甲武鉄道の駅として開業されました。近くには、東

西日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

西日暮里駅は地下鉄千代田線が昭和44年に開業し、その2年後にJR山手線

蒲田駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蒲田駅は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄

→もっと見る

PAGE TOP ↑