【男の戦い】新潟県阿賀野市水原の灯籠来舞がカッコいい!

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 観光・お祭り


私は今現在埼玉県に在住している専業主婦ですが、産まれ故郷が新潟県です。
新潟県は昔から長岡や、片貝の大花火大会があり、盛大に夏祭りが行われている県です。

雪国で、なかなか冬場は外出出来なかったり、遊べなかったりしたので、やはり夏祭りには特別な思いがあります。
中でも私の産まれ育った町は瓢湖という白鳥が冬場に飛来してくる地区です。水森かおりさんの『越後水原』という曲でも題材になった場所で、のどかで美しい町です。

SPONSORED LINK

灯籠をぶつけ合って美しさを競う「灯籠喧嘩」

8月の終わりに行われている水原まつりでは、屋台や催し物等はもちろん、昔からの伝統祭りである「灯籠喧嘩」という行事があります。

「灯籠喧嘩」と、名前だけ聞くと、え?喧嘩するの?という怖いイメージがありますが、町内で男灯籠、女灯籠、そして子供みこしに好きな絵を描いて、各町内の灯籠同士がメインストリートでぶつかりあい、どの灯籠が一番強かったか、元気があったか等を競いあう行事です。「灯籠来舞」とも呼ばれています。

私が幼かった頃は、本当に灯籠同士が激しくぶつかりあい、又みなさんお酒を沢山飲んでから法被に着替えて灯籠を担ぎますから、酔った勢いでの乱闘騒ぎは沢山見受けられました。
また女性もさらしを巻き、法被をきてメイクや髪型もお祭り風にして、かなり色っぽくなり、華やかなお祭りでもあります。

SPONSORED LINK

子供達が頑張って書いたキャラクターのみこしを元気いっぱいに担いで声を出している様子はたまらなく可愛く見えます。

こちらの灯籠喧嘩はどの地域でも行われているのかと勝手に思っていましたから、こちらの埼玉にきて、お祭りの違いにかなり驚きました。
逆にこちらの方が新潟県の阿賀野市に来て、灯籠来舞を見て灯籠を担ぎたいがために、阿賀野市に住み始めたという方もいらっしゃって、やはり灯籠喧嘩は誰から見てもカッコいい物だと、私は感じています。

地方ならではの優しい原風景と、ひと夏の祭りへの想い・・・

お祭りに合わせて、太鼓や竹笛も幼い頃から教えてもらい、親から子へ受け継がれている形となっていますから、夏場はお家のあちこちから、太鼓や竹笛の練習音が聞こえて来ます。

都会とは全く違ったお祭りの雰囲気なので、何処か開放的な気分も味わえますし、人が多すぎて歩けないなんていう心配もなく、ほどよいギャラリーの人数でもあります。

寒い冬を乗り越え、春が来て、待ちに待った年に一回の夏の夜に男同士の激しい灯籠来舞は最高にかっこよく感じますし、それとはまた違った女性灯籠の魅力も味わえますから、とても見応えがあると思います。

そして、25日の夜には阿賀野市大花火大会が、瓢湖でありますから、それを見ながら夏の思い出を一つ増やしてみるのもとてもおすすめです。

スポンサードリンク

関連記事

2016中之島イルミネーションでデート! 開催期間・時簡帯・アクセス(最寄り駅・駐車場)をチェック

さてさて、そろそろ日本全国各地イルミネーションがにぎわう季節になってきました! あなたはどこの

記事を読む

地元民が教える長良川花火大会の場所取り攻略情報!

岐阜県の鵜飼いで有名な長良川で、花火大会が毎年行われます。 毎年七月の最終土曜日と、八月の第一土曜

記事を読む

【香川】婆娑羅祭りの花火がおすすめ!間近で超迫力の花火を体感しよう

香川県の丸亀市で毎年行われる花火大会です。 打ち上げ場所は丸亀港内台船上というところで無料駐車場も

記事を読む

地元市民が伝授!埼玉県朝霞市の彩夏祭の楽しみ方

埼玉県朝霞市で8月の第1金曜日から日曜日の3日間で行われる「彩夏祭」。 金曜日は前夜祭になりますが

記事を読む

麻布十番祭りの隠れた魅力2015年/人気の屋台は?

「麻布十番祭りの隠れた魅力」 麻布十番と言われたら、 大人の閑静な街という印象がある

記事を読む

ゴールデンウィークなどの繁盛期にJRの往復割引は使えるの?

ゴールデンウィークには帰省するという人も多いかと思います。 新幹線や電車などを使って帰省する場合に

記事を読む

靖国神社 みたままつり2015とは? 見世物小屋・お化け屋敷

みたままつりをご存知でしょうか? 東京・靖国神社で行われているお祭りで、 東京の夏の風物詩と

記事を読む

【むつ市大湊ねぶた祭】たった3日間のために1年の大半をささげる熱い人々の祭り

ねぶたと言えば、8月に青森市で行われている青森ねぶた祭を思い浮かべるでしょう。 ですが、青森県内に

記事を読む

踊りを見ているだけなのにYOSAKOIソーラン祭りで感涙してしまう理由。

私がYOSAKOIソーランを初めて見たのは、中学生のときに地元のお祭りにYOSAKOIソーランのトッ

記事を読む

羊山公園の芝桜を見に行くには、駐車場の利用が便利?

季節がよくなってくると、外に出かけたくなるものです。 しかも春になると自然がとても美しく花を咲かせ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑