16本骨傘ジャンプ式はこだわりたい派のアナタにオススメ!

SPONSORED LINK

梅雨のシーズンに入る前に気になる
ものと言えば、傘ではないでしょうか?
今は傘と一言に言っても、
様々なタイプのものが出されており、
種類も豊富にあります。
そんな傘の中に16本骨傘があります。
umbrella
詳しくこの傘の特徴を知って、
16本骨傘を購入するかどうかを決めてみてください。

SPONSORED LINK

気になる16本骨傘の使い勝手は?

骨の数が通常の傘の8本の倍ある16本傘。
骨の数が多いということは、
それだけ雨をしのぐだけではなく、
風に対しても強いといえます。

骨の数が16本もあるために、
傘がしっかりと開き風が強く吹いても、
立ち向かえるつくりになっています。
ですので雨によって濡れる可能性が低くなります。

このように雨や風にとても強い16本骨傘
ですので、雨に濡れない!という点では
とても使いやすい傘といえます。

傘を持ちながらもう片方で何かをするときも
傘が風で飛ばされるという心配が少なくなります。
骨が16本あるという以外は、
通常の傘と一緒ですので気軽に使用することができます。

16本骨傘と通常の傘と比べて使い勝手は?

通常の傘と16本骨傘の最大の相違点は、

傘の重さです。

骨が多い分頑丈ですが、

その分重みが加わります。

ずっしりとしており、

一般的な傘に慣れているのであれば重い

と感じるかもしれません。

男性であれば傘の重みなどはそこまで気にならない

かもしれませんが、

女性や子供のいるママであれば傘の重みが

負担になることもあります。

それ以外の使い勝手に関しては、

通常の傘との違いはありません。

ジャンプ式のものもありますので、

好みに合わせて購入することができます。

16本骨傘が開いたときに、

洋風の傘でも和風に見えます。

普通の傘でもちょっとおしゃれに

見えるのも特徴といえるかもしれません。

SPONSORED LINK

16本骨傘を選ぶときに気をつけるポイントは?

女性であれば、

骨の数が多い分プラスされた重みが気になるかもしれません。

そのような場合は、

軽量化された骨を特徴とするブランドを選ぶといいでしょう。

マブワールドの彩irodoriというシリーズであれば、

16本骨とは思えない軽さ、

強い風にも負けない丈夫な骨の傘になっています。

これ以外にもたくさんのシリーズが販売されており、

価格も1980円からととてもリーズナブルです。

試しに16本骨傘がどのようなものか、

試してみたい時にはおすすめのブランドです。

1本はいい傘を持ちたい!という人におすすめなのが、

前原光榮商店です。

伝統的な色やデザイン展開で、

フォーマルなシーンでもぴったりです。

骨組みや加工にこだわりをもっており、

アフターケアがあるので少し高い価格で

購入しても安心して使うことができます。

1本13000円ほどしますが、

それだけの価値を見いだせる傘といえます。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

雨の日を楽しく乗り切るためのマストアイテムとは?

そろそろ春満開の季節になります。暖かい春が終わるとすぐに梅雨の時期に入りますね。 梅雨の時期に

記事を読む

梅雨対策!自転車で子供を送り迎えするママのためのマスト雨具3選

梅雨の季節が近づいていますが、 梅雨対策はばっちりですか? 子供を幼稚園に送り迎えするのに

記事を読む

湿度が高くなると髪がうねりがちなショートヘアのための3つの解消方法

梅雨の時期になると一気に湿度が上がってしまい、 髪の毛もまとまりにくくなってしまうものです。

記事を読む

梅雨の時期、服装と靴がチグハグになってない?梅雨の時期の靴選び

梅雨の時期の靴選びは、とても難しいと感じている人も多いのではありませんか? 菜種梅雨(なたねづ

記事を読む

田端駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

山手線と京浜東北線が通る田端駅は、比較的小さな落ち着いた雰囲気の駅で

下総中山駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

千葉県船橋市にある下総中山駅は、総武本線が通っています。近くにはスー

東船橋駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

千葉県にある東船橋駅は、周辺にコンビニやドラッグストア、商業施設が多

幕張本郷駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

JR総武本線の幕張本郷駅は、京成電鉄千葉線の京成幕張本郷駅と隣接して

新検見川駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

千葉県にある総武本線の停車駅、新検見川駅。駅周辺には住宅街が広がって

稲毛駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

JR総武本線の稲毛駅は、千葉市都市計画マスタープランの中心駅。稲毛駅

→もっと見る

PAGE TOP ↑