靖国神社 みたままつり2015とは? 見世物小屋・お化け屋敷

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 観光・お祭り


SPONSORED LINK

みたままつりをご存知でしょうか?

東京・靖国神社で行われているお祭りで、
東京の夏の風物詩として毎年30万人の人々が
来場されます。

今年も2015年7月13日~16日に決定しました。
しかし、毎年約200店舗ほど出店している屋台ですが、
今年の屋台の出店は混雑のし過ぎや、
参拝客の減少、
夜遅くまでやっている屋台による治安の悪化などにより、
2015年の屋台の出店は中止となりました。

しかし、それだけがみたままつりの魅力ではありません。
みたままつりを聞いたことがない方、
今年は参加してみたいと言う方にみたままつりの魅力について調べてみました。

みたままつりとは?

みたままつりとは、祭儀日程の詳細として
前夜祭:7月13日午後6時~
第一夜祭:7月14日午後6時~
第二夜祭:7月15日午後6時~
第三夜祭:7月16日午後6時~

昇殿参拝

7月13日~16日:午前9時~午後8時
(みたままつり期間中の社頭参拝は、午前6時~午後9時30分までとなっております)
mitama1
靖国神社へのアクセスとして
JR市ヶ谷駅より徒歩10分
東西線/半蔵門線/都営新宿線・市ヶ谷駅(A4出口)より徒歩10分

九段下駅の1番出口も最寄り駅ルートとしては近いのですが、
混雑が予想されます。

3番出口から向かわれるほうが
人混みを避けることができます。

献灯
大型献灯(1灯):12,000円
※大型献灯の永代献灯初穂料は200,000円(1灯)となります。

小型献灯(1灯):3,000円
※小型献灯の永代献灯初穂料は70,000円(1灯)となります。

(参照:http://www.yasukuni.or.jp/schedule/mitama.html)

mitama2

SPONSORED LINK

また、みたままつりの魅力の一つとして移動式のお化け屋敷があります。
大型テーマパークのお化け屋敷も楽しいですが、お祭りならではの昔ながらのお化け屋敷で、現代にはない面白さがありますね。
入場料
大人 :500円
中高生:400円
小学生:300円

そして見世物小屋も、またみたままつりでしか見れないものですね。
見世物小屋と言われてもピンと来ない方もいるかもしれません。元々は「散楽」といわれるものバラエティに富んだ内容であったものから、猿楽(能)、サーカスや美術館、動物園やパフォーマーなどの要素を含んでいました。
今では、上記のようなものは個々として独立していき、見世物小屋自体を見ることができる機会は、お祭りが殆どとなっています。
みたままつりでは、今までに「ヘビ女」「ヤモリ女」など一風変わったショーが見れます。
料金
大人:700円
小人:500円
幼児:300円
とどちらも金額的に安価です。この機会に是非、参加されてみてはいかがでしょうか?

・お祭りを参加する為に注意することは?
毎年30万人が参加されるみたままつり、人ごみによる怪我や事故、お子様連れの家族には、子供が迷わないように細心の注意を払ってください。
また自分は大丈夫と思われるかもしれませんが、スリによる事件は残念ながら必ずと言っていいほど毎年発生しています。
みたままつりだけに限った話ではありませんので、お祭りを楽しむためにも、お金は最小限の金額にする、貴重品は肌身離さず身に着けるよう心掛けて下さい。

いかがでしたか?みたままつりならではの魅力がつまっていると思います。
是非、参加されてみてはいかがでしょうか?

http://www.tenjinmatsuri.com/tenjinmatsuri_navi/honmiya_shinji_f/

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

【むつ市大湊ねぶた祭】たった3日間のために1年の大半をささげる熱い人々の祭り

ねぶたと言えば、8月に青森市で行われている青森ねぶた祭を思い浮かべるでしょう。 ですが、青森県内に

記事を読む

追っかけする人も!私が徳島の阿波踊りをおすすめする理由

私は徳島県在住ですがぜひ一度は見て、体感して欲しいお祭りが阿波踊りです。 毎年8月12日から15日

記事を読む

2016 東京駅周辺イルミネーションで素敵なデート! 開催期間・時簡帯・地図をチェック

段々と寒くなり冬が近づいてきていますが、皆さんは今年のクリスマスに一緒に過ごす恋人はいますか?

記事を読む

京都節分祭の吉田神社で知った本当の古都の賑わいが毎年通いたいレベル

京都の節分祭に行くという目的で、京都観光をする方はなかなかいないのではないでしょうか。そもそも、節分

記事を読む

【約1キロ】福岡県直方市の花火大会はナイアガラの滝がお見事!

毎年7月下旬に行われる直方市の花火大会では、約1キロにも及ぶナイアガラの仕掛け花火が有名です。 遠

記事を読む

2016 目黒川イルミネーションを船でクルーズ! 見所の場所や時間

段々と寒くなってきて冬が近づいてきました。 北海道などでは雪が積もっている所もあるようですが、

記事を読む

新幹線はホテルとパックで取ろう!お得で楽しく旅行するには・・・

新幹線はホテルとパックで取ろう!お得で楽しく旅行するには・・・ なぜ新幹線とホテル

記事を読む

天神祭2015を楽しむには?観覧席・穴場スポット・会場のアクセス

日本三大祭りとは、 東京の「神田祭」京都の「祇園祭」そして 大阪の「天神祭」があります。

記事を読む

これで満喫!地元民がおしえる札幌雪祭りの楽しみ方が参考になりまくり

北海道札幌市の雪まつりについてご紹介いたします。 毎年2月に行われる雪まつりは、とにかく寒いです(

記事を読む

地元民が教える長良川花火大会の場所取り攻略情報!

岐阜県の鵜飼いで有名な長良川で、花火大会が毎年行われます。 毎年七月の最終土曜日と、八月の第一土曜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑