天神祭2015を楽しむには?観覧席・穴場スポット・会場のアクセス

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 観光・お祭り


日本三大祭りとは、
東京の「神田祭」京都の「祇園祭」そして
大阪の「天神祭」があります。

そんな天神祭も平成27年の日程が
7月25日に決定致しました。

約5000発の花火が打ちあがるのは絶景の一言。

tenjinsai

ここでは、天神祭を初めて行かれる方にも、
いつも行っていた方にも知らない穴場を
ご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

・天神祭の見どころ

歴史のある天神祭はやはり大阪でも
一大イベントであり、大勢の人が集まってきます。

大型花火を楽しむのが天神祭と思われている
かもしれませんが、昼間には中之島公園の
船渡御見物で船に乗って大阪の風景を
楽しむことができます。

この船渡御見物ですが、
天神祭の花火を近場で楽しみたい
という方には大人気で、夜のチケットを確保するのが
難しい場合があるのです。

なので、昼間であればチケットを確保できる確率が
高いので花火を見るわけではないですが、
大阪の街並みを船から見渡すのもまた絶景ですね。

tenjinsai2

特別観覧席

今年初めての試みとして花火観覧会場を設置。
そこでは飲食ブースもあるので、
ご飯を召し上がりながら、
花火鑑賞を楽しむことができます。

テーブル指定席:5000円/砂浜自由席:3500円
小学生未満無料(ただし席が必要の場合は有料となります)

tenjinsai3

観覧席

八軒家浜で、船渡御を観覧できる会場。
テーブル付着席、観覧席、
スタンディングなどさまざまな観覧席をご用意しています。

SPONSORED LINK

自由席:2000円~で
船渡御見物
(上記チケットのお問い合わせは、ウォーカープラス・チケットhttp://www.walkerplus.com/までお願い致します)

また昼間では大阪天満宮では神輿や竜踊りなど
行事ごとが行われており、周辺には日本一長い
と言われている天神橋筋商店街があり、
多くの出店が出ているので見るものに
飽きることはありません。

地下鉄谷町線・堺筋線、南森町下車してすぐにあるので
一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

・穴場スポット

子供もいるのに、
花火を見るのにお金をかけていられない
という方には穴場スポットをいくつかご紹介致します。

源八橋、都島橋(JR環状線桜ノ宮駅下車後、徒歩5分ほど)
川崎橋(JR環状線京橋駅、谷町線天満橋駅下車後、徒歩5分ほど)

↑川崎橋には、トイレも併設されているのでお子さん連れの方にはおすすめです。

毛馬桜ノ宮公園グラウンド(JR環状線桜ノ宮駅下車後、徒歩10分ほど)

少し離れた場所として、
人だ仮を避けることができるので穴場スポットとされています。
大阪観光されるのであれば、
毛馬桜ノ宮公園すぐにある帝国ホテルへの宿泊を
お勧め致します。
もし花火終了後に帰宅される場合でも、
桜ノ宮駅までまっすぐの道を歩いたらいいので
道に迷わないという利点がありますね。

本庄川崎公園(〒530-00041大阪府大阪市北区本庄東2-6)

谷町線天神橋筋六丁目駅下車、
徒歩5分ほどにある本庄川崎公園。

この本庄川崎公園は、
天神橋筋六丁目駅下車して500mほどの距離で
花火が終了してからすぐに駅に行くことができることや、
道に迷っても大通りに面しているので
不審者に遭遇しても逃げる筋道を作ることができますね。

本当に大規模な天神祭だからこそ、
来場された皆様には安全に楽しんで頂きたいと思います。

・会場のアクセス

最後に、今年の7月25日も大混雑が予想されますので、
公共の交通機関を利用して、
天神祭を楽しんで頂けたらと思います。

詳しくは、天神祭の公式HPをご覧ください。

http://www.tenjinmatsuri.com/tenjinmatsuri_navi/honmiya_shinji_f/

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

【圧巻】浅間温泉松明祭りは温泉街が炎と化す奇祭です

長野県松本市の浅間温泉という温泉街で行われる松明祭りを紹介します。 この祭りは毎年10月の第2土曜

記事を読む

【秋の花火】江ノ島花火大会は10月の澄んだ空にセンチメンタルに輝く

私は、神奈川県に在住して、今年で6年目を迎えます。 昨年10月に行われた江の島花火大火に、初めて参

記事を読む

2016箕面の紅葉はデートに最適!見頃時期や混雑状況まとめ

中秋の名月も終わり、9月も下旬に差し掛かってきましたね。この後気がついたら冬になって、あっという

記事を読む

地元民が教える長良川花火大会の場所取り攻略情報!

岐阜県の鵜飼いで有名な長良川で、花火大会が毎年行われます。 毎年七月の最終土曜日と、八月の第一土曜

記事を読む

熊谷うちわ祭り2015年とは?日程/駐車場/交通規制

関東一の祇園と言われている熊谷うちわ祭りを ご存知でしょうか? 江戸時代から始まった熊谷

記事を読む

これで満喫!地元民がおしえる札幌雪祭りの楽しみ方が参考になりまくり

北海道札幌市の雪まつりについてご紹介いたします。 毎年2月に行われる雪まつりは、とにかく寒いです(

記事を読む

木更津 潮干狩り を楽しめる穴場、渋滞を避ける、おすすめ周辺ホテル

もうすぐ潮干狩りの季節になります。 楽しい潮干狩りも渋滞に巻き込まれてしまうと、 一気にテンショ

記事を読む

【涙腺注意】長岡花火は感動で涙する人続出?想像を超える花火大会

私のおすすめの花火は長岡花火です。 日本三大花火の一つであるだけあって、夜空にたくさんの花火が打ち

記事を読む

東京~大阪は新幹線で!新幹線で格安で大阪に行く方法とは?

東京~大阪は新幹線で!新幹線で格安で大阪に行く方法とは? 東京~大阪間を新幹線で移

記事を読む

博品館劇場で観劇、見やすい座席は?座席表について解説

まだまだあつい日本ですが、この暑さが終わった後には意外とすぐに肌寒くなり、段々と秋の気配が深まっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八丁堀駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

八丁堀駅は昭和38年に営団地下鉄の駅として開業されました。その後、平成

日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

日暮里駅は、JR線(山手、京浜東北、常磐)、京成線、日暮里・舎人ライナ

千駄ヶ谷・北参道駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

千駄ヶ谷駅は明治37年に甲武鉄道の駅として開業されました。近くには、東

西日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

西日暮里駅は地下鉄千代田線が昭和44年に開業し、その2年後にJR山手線

蒲田駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蒲田駅は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄

→もっと見る

PAGE TOP ↑