天神祭2015を楽しむには?観覧席・穴場スポット・会場のアクセス

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 観光・お祭り


SPONSORED LINK

日本三大祭りとは、
東京の「神田祭」京都の「祇園祭」そして
大阪の「天神祭」があります。

そんな天神祭も平成27年の日程が
7月25日に決定致しました。

約5000発の花火が打ちあがるのは絶景の一言。

tenjinsai

ここでは、天神祭を初めて行かれる方にも、
いつも行っていた方にも知らない穴場を
ご紹介したいと思います。

・天神祭の見どころ

歴史のある天神祭はやはり大阪でも
一大イベントであり、大勢の人が集まってきます。

大型花火を楽しむのが天神祭と思われている
かもしれませんが、昼間には中之島公園の
船渡御見物で船に乗って大阪の風景を
楽しむことができます。

この船渡御見物ですが、
天神祭の花火を近場で楽しみたい
という方には大人気で、夜のチケットを確保するのが
難しい場合があるのです。

なので、昼間であればチケットを確保できる確率が
高いので花火を見るわけではないですが、
大阪の街並みを船から見渡すのもまた絶景ですね。

tenjinsai2

特別観覧席

今年初めての試みとして花火観覧会場を設置。
そこでは飲食ブースもあるので、
ご飯を召し上がりながら、
花火鑑賞を楽しむことができます。

テーブル指定席:5000円/砂浜自由席:3500円
小学生未満無料(ただし席が必要の場合は有料となります)

tenjinsai3

観覧席

八軒家浜で、船渡御を観覧できる会場。
テーブル付着席、観覧席、
スタンディングなどさまざまな観覧席をご用意しています。

SPONSORED LINK

自由席:2000円~で
船渡御見物
(上記チケットのお問い合わせは、ウォーカープラス・チケットhttp://www.walkerplus.com/までお願い致します)

また昼間では大阪天満宮では神輿や竜踊りなど
行事ごとが行われており、周辺には日本一長い
と言われている天神橋筋商店街があり、
多くの出店が出ているので見るものに
飽きることはありません。

地下鉄谷町線・堺筋線、南森町下車してすぐにあるので
一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

・穴場スポット

子供もいるのに、
花火を見るのにお金をかけていられない
という方には穴場スポットをいくつかご紹介致します。

源八橋、都島橋(JR環状線桜ノ宮駅下車後、徒歩5分ほど)
川崎橋(JR環状線京橋駅、谷町線天満橋駅下車後、徒歩5分ほど)

↑川崎橋には、トイレも併設されているのでお子さん連れの方にはおすすめです。

毛馬桜ノ宮公園グラウンド(JR環状線桜ノ宮駅下車後、徒歩10分ほど)

少し離れた場所として、
人だ仮を避けることができるので穴場スポットとされています。
大阪観光されるのであれば、
毛馬桜ノ宮公園すぐにある帝国ホテルへの宿泊を
お勧め致します。
もし花火終了後に帰宅される場合でも、
桜ノ宮駅までまっすぐの道を歩いたらいいので
道に迷わないという利点がありますね。

本庄川崎公園(〒530-00041大阪府大阪市北区本庄東2-6)

谷町線天神橋筋六丁目駅下車、
徒歩5分ほどにある本庄川崎公園。

この本庄川崎公園は、
天神橋筋六丁目駅下車して500mほどの距離で
花火が終了してからすぐに駅に行くことができることや、
道に迷っても大通りに面しているので
不審者に遭遇しても逃げる筋道を作ることができますね。

本当に大規模な天神祭だからこそ、
来場された皆様には安全に楽しんで頂きたいと思います。

・会場のアクセス

最後に、今年の7月25日も大混雑が予想されますので、
公共の交通機関を利用して、
天神祭を楽しんで頂けたらと思います。

詳しくは、天神祭の公式HPをご覧ください。

http://www.tenjinmatsuri.com/tenjinmatsuri_navi/honmiya_shinji_f/

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

【むつ市大湊ねぶた祭】たった3日間のために1年の大半をささげる熱い人々の祭り

ねぶたと言えば、8月に青森市で行われている青森ねぶた祭を思い浮かべるでしょう。 ですが、青森県内に

記事を読む

シャンシャンシャンと鈴が鳴る。祇園祭の魅力、ここにあり。

京都の祇園祭は日本三大祭りとして有名ですよね。 伝統があり華やかで大好きな祭です。 7月に行

記事を読む

【男の戦い】新潟県阿賀野市水原の灯籠来舞がカッコいい!

私は今現在埼玉県に在住している専業主婦ですが、産まれ故郷が新潟県です。 新潟県は昔から長岡や、片貝

記事を読む

【圧巻】浅間温泉松明祭りは温泉街が炎と化す奇祭です

長野県松本市の浅間温泉という温泉街で行われる松明祭りを紹介します。 この祭りは毎年10月の第2土曜

記事を読む

これで満喫!地元民がおしえる札幌雪祭りの楽しみ方が参考になりまくり

北海道札幌市の雪まつりについてご紹介いたします。 毎年2月に行われる雪まつりは、とにかく寒いです(

記事を読む

GWのおすすめスポット!足利フラワーパークの藤・奥入瀬渓谷の新緑・北海道新幹線の函館

2016年GWのおでかけ先はこれで決まり!おすすめスポットまとめ 2016年GWの

記事を読む

羊山公園の芝桜を見に行くには、駐車場の利用が便利?

季節がよくなってくると、外に出かけたくなるものです。 しかも春になると自然がとても美しく花を咲かせ

記事を読む

【激ウマ】岩見沢百餅祭りの特大お餅つきと1200食お汁粉ふるまいが超楽しい!

北海道の札幌より40キロほど北に岩見沢という町があります。 冬は豪雪地帯ですが、基本的に農業が盛ん

記事を読む

【香川】婆娑羅祭りの花火がおすすめ!間近で超迫力の花火を体感しよう

香川県の丸亀市で毎年行われる花火大会です。 打ち上げ場所は丸亀港内台船上というところで無料駐車場も

記事を読む

浅草ほおずき市の魅力2015 開催時間

ほおずき市をご存知でしょうか? 知らない方はどこかの市?と思われるかもしれませんが、違うのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑