子供も悩まされる花粉症の頭痛の解決策

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 美容・健康


最近では子供の花粉症増加傾向にあります。

子供であっても花粉症は発症してしまうのです。

増えていますが、そんな花粉症は風邪の初期症状ととても似ているために、見分けがつきにくいです。

特に子供の場合は、自分で症状を正確に伝えることができないために、余計に風邪と思ってしまうようです。

子供の場合は、まだ成長過程にあるためにお薬はできるだけ控えたいのですが、頭痛を訴えるようになるとどうしたらいいのでしょうか?

SPONSORED LINK

・風邪と花粉症に違い
花粉症と風邪にはいくつか同じような症状があるので、誤解して判断してしまいがちです。

しかしこの違いを適切に見分けなければ適切な治療を受けさせてあげることができません。

そのために症状が長引いてしまうこともあります。

子供にできるだけつらい思いはさせたくは有りませんね。

では2つの違いにはどのようなものがあるでしょうか?

花粉症と風邪の症状の最大の違いは、熱があるかどうか?です。

花粉症の場合は熱がない、もしくは微熱程度です。

でも風邪は発熱を伴うケースが多いです。熱の急激上昇、のどの痛みなどは風邪の症状です。

 

・花粉症と頭痛

頭痛やくしゃみ、鼻水などは風邪も花粉症にも起きてしまう症状です。

しかし頭痛に関していえば、花粉症の場合頭痛がひどくなることは少ないようです。

その理由は花粉症の場合、頭痛の原因が風邪の場合とは違うからです。
花粉症の頭痛の原因は、鼻粘膜の炎症が主なものといえます。

SPONSORED LINK

鼻粘膜の炎症の悪化が、副鼻腔炎を発症させ、この鼻粘膜の炎症が頭痛のもととなるのです。

花粉症によって鼻水が継続的に出る、鼻詰まり、鼻のかみすぎで痛い、

鼻汁を頻繁に飲みこむなどの鼻に関連する症状が、脳へ酸素を送る妨げとなるのです。

脳へ酸素が十分に届かなければ、それが理由で頭痛を引き起こしてしまうのです。

めまい、重さ、発熱などは鼻の炎症から行っているものです。

・花粉症による頭痛の改善策
子供の場合は、なるべく薬を使わずに頭痛を治してあげたいものです。

上記でも触れたように花粉症の頭痛の原因は鼻粘膜の炎症です。

つまりこれを取り除いてあげれば、頭痛も改善するというわけです。

そのために鼻の通りが良くする対策を取れます。

花粉を洗いながすという意味でも、鼻洗浄はとても有効です。

すっきりしますし、少しの塩分などを鼻に入れることで炎症を抑えることもできるのです。

鼻洗浄といえばいたそうですが、実は慣れれば痛くもなく気持ちいいものです。

ぜひお子さんと練習して鼻洗浄を行ってみてください。

スポンサードリンク

関連記事

【シミウスジェルとヌーディクチュール】安くても効果的な使い方で肌荒れ予防に早めの対策!

以前は「ニキビできちゃった」「肌がカサカサ」というような症状がはっきり出てから皮膚科に行って、抗生物

記事を読む

ストレスからの過食をやめるには?対策は運動と●●!

私は身長165cmで体重56kgの少しぽっちゃり体型で、万年ダイエッターです。 悩みは普段の食

記事を読む

【きなりサプリ】dha epa/ナットウキナーゼで血液サラサラ!高血圧の予防に効果的で簡単な方法!

若い頃は健康が当たり前だと思っており「自分は健康」だと変な自信があったのですが、40代に入ると毎年の

記事を読む

湿布はもういらない!足指パッドをつけると腰痛が改善できるらしい?

もともとは腰痛はあまり感じないタイプでした。 ですが、出産後、子供を抱っこし続けたり、おんぶで歩き

記事を読む

冷房でしもやけ?!低体温すぎる私が改善するためにやっていること

アラフィフの専業主婦です。 私は夏に1か月早く生まれました。体重は2300gでした。 保育器

記事を読む

体の冷えはおブスな体を作る?

多くの女性は冷えに悩んでいるといわれている。 特に東洋人は体温が低く、冷えやすいとも言われてい

記事を読む

キムチの殺菌作用で美容にも効果あり?

韓国の代表的な食べ物といえば、キムチ。私の家族はキムチ人間か!というくらいキムチをこよなく愛している

記事を読む

治らない!乾燥肌で敏感肌になってしまう意外な原因

私は最近とても敏感肌で困っています。 20代越えるまでは、どちらかというと汗をよくかくせいもあり、

記事を読む

歯列矯正の相場金額は?ローンは組める?

歯列矯正は、外科矯正を除いて、健康保険が適用されません。 歯科医によっても、金額が違います。 歯

記事を読む

【朗報】乾燥肌のニキビを治す化粧品と市販のクリームがこちら

私は乾燥肌なので、カサつきや化粧後の痒み赤みなどが出やすくとても気にしていました。皮膚ももともと弱い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【18歳】子宮頸癌で2度の円錐切除をした体験談と今だから言えること

最初に子宮頚ガンに気づいたのは、18歳のときでした。 年齢的に若いの

【二度とイヤ】卵巣出血の痛みは気が遠くなるほどの辛さ!

ある日、寝る前に腹痛を感じました。 生理前だから痛いのかな?と思いな

【切迫流産】21週で入院!もうもたない?わたしの赤ちゃんどうなっちゃうの?

私は昨年、次男を出産しました。 長男の時は特にトラブルもなく普通に出

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のこと

【バレーボールでの事故】網膜剥離で硝子体手術を受けました。

大学のサークルでバレーボールをやっているときに網膜剥離になりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑