【人材集まれ~!】介護福祉士の仕事内容と資格取得までの道のり!

公開日: : 最終更新日:2017/07/04 介護・医療


私は介護福祉士として働いています。
超高齢化となりつつある日本では、高齢者が増えていくと共に介護の専門知識や技術を持っている人材が必要不可欠です。
それに伴い、介護職員の人材確保や育成が課題となっていることをあなたも聞いたことがあると思います。

SPONSORED LINK

介護関連の資格と、仕事内容を解説!

介護に関わる資格にも色々あって、介護職員初任者研修や社会福祉士、介護支援専門員や介護福祉士などが一般的に知られています。

特に介護福祉士は介護資格の中でも唯一の国家資格として介護のスペシャリストと認められているので、介護現場で長く働くことを考えるなら「介護福祉士」の資格は取得しておくべきだと思います。

働く場は介護施設や病院などの医療機関以外にも在宅で生活する高齢者の為に訪問介護として勤めたりもします。

仕事内容は掃除や洗濯、調理や買い物などの生活介護から歩行が難しい方や寝たきりの方の寝返り支援や移乗をする身体介護などで、必要な方には排泄支援や食事支援などのサポートをします。

幅広い知識を生かしてサービス提供責任者としての役割を担うこともありますし、日常生活の中での話し相手だとか良き理解者として身近に寄り添うことも介護福祉士として、介護職員として大切な仕事です。

介護福祉士の資格を取得するには?

介護福祉士の資格を取得するには、主に福祉系学校を卒業するか実務経験を得るかになります。

SPONSORED LINK

介護福祉士の国家試験の受験資格が3年以上の介護に携わる業務の実務経験があることか、福祉系の専門学校や高校の卒業資格があることになります。

毎年1月下旬に筆記試験があって、それに合格すれば実技試験となります。
ですが近年、介護福祉士に関する法律が毎年改正されているので、試験をうける際には事前に確認しておいた方が良いでしょう。

離職率は高いけれど・・・福祉でしか得られない充足感や達成感

ただ介護の現場では人手不足が深刻な問題となっていて、離職率が高いのが現状です。
その理由としては業務内容がハードな上に給料が見合っていない、精神的にも肉体的にも大変なことが挙げられます。

私の仕事先でも、人手が足りないのに利用者は増えるばかり、だから余計に仕事が忙しくなって頑張って働いている人の仕事が増えていく悪循環になってしまっています。

ただ人と関わるのが仕事な職業なので、楽しいことも共有して悲しい時に一緒に寄りそっていけるところから遣り甲斐を感じられる素晴らしい職業です。

その魅力としては、やはり利用者の方々からの感謝の言葉をもらえたり遣り甲斐があったり、人生勉強や花嫁修業にもなります。
また、コミュニケーションスキルを磨くことが出来るのも介護福祉士ならでは、だと思います。

スポンサードリンク

関連記事

【娘に助けられた命】出産後の目の違和感の原因を検査してみたらまさかの・・・・

妊娠36週6日の夜、陣痛が来てしまい、慌てて準備をして産院に夫の運転する車で向かいました。 もとも

記事を読む

足首をひねっただけで靭帯損傷?ギプス生活の辛さがとんでもない

わたしは20歳の頃に靴をちゃんと履かずに足をひねり、そのまま足首の靭帯の損傷をしてしまいました。

記事を読む

【膝のしこり】放置していたら成長してある日ついに恐れていたことが!

現在26歳、女性です。 高校生の頃、いつの間にか右膝に小さなしこりができていました。 その頃は気

記事を読む

「楽しかったよ」デイサービスに行きたがらなかった祖母の変化に思うこと

今、70代後半の祖母の介護をしています。 5年程前までは元気に生活を送っていたのですが、夫(祖

記事を読む

子宮筋腫からの貧血で治療法に悩んだ結果、私が選んだ方法とは?

10年以上前から子宮筋腫と診断されていました。 たしかに生理痛がひどく、生理の量がおそらく他の人と

記事を読む

【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

認知症の祖父がいました。 夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

記事を読む

「本当にしんどいのは・・・」福祉の現場で働いている者の本音

わたしは今、知的障害者施設で働いている。 ここでは福祉の現場に携わってきてどう思っているか、書いて

記事を読む

【腰痛・脚のしびれ】ヘルニアを手術しないで治した私の治療体験談

2016年夏頃、腰の痛みと右の太腿の裏からふくらはぎ辺りまでの痺れが出て、かかりつけの整形外科に受診

記事を読む

背中のかゆみはあせもだと思っていたらまさかの・・・

30代主婦です。私が25歳のとき、帯状疱疹にかかったときの体験談です。 当時は仕事を変わって忙しく

記事を読む

【朗報】介護福祉士の働き方の実態は?意外に選択肢は多い?

私は18の時に介護福祉士を取得しました。 福祉系の高校に通っていたので、介護福祉士を目指して勉強を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出来る努力はなんでもやってみる!私の下半身太り対策方法!

かれこれ下半身太りの悩みは高校生からで、実際の体重より太って見られるの

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

→もっと見る

PAGE TOP ↑