【出会いと別れ】私がなぜ認知症介護の仕事を続けているのか?

公開日: : 最終更新日:2017/06/29 介護・医療


介護職に着いて6年経ちます。
資格取得は学校の制度もあり卒業と同時に取得しました。
登録料がかかりましたが、一万ほどでした。
卒業試験が国家資格の試験になっていて、本試験同様の点数配分でした。
転職はしたことがありませんが、異動は一度経験しました。

SPONSORED LINK

学校の知識はあくまで基本。シビアな現場で、それでも介護の仕事を続けられる理由は・・・

私は老人保険施設で働いており、認知症の方のお世話をしています。
2階と3階が認知症の棟ですが、学校で習った基本的な移乗体位はあまり参考になりません。

基本は足を広げ腰を低くし・・・というスタンスなのですが、中には拘縮といって手や脚が緊張し硬く、胸の前で手を組んでいる方や足を曲げている方もいます。その方の移乗は抱えるしかありません。学校で習う、一部介助は無意味でした。

また、身体に力が入らない人は足を突っ張ることもできず、全体重を職員に預けます。それがとても重く感じます。もちろん腰を痛めることもあり、腰椎間板ヘルニアを二度発症しました。

それでも、やめずに続けれこられたのは、利用者様との出会い、別れがあるからです。

私が体験した、ある入居者との別れと後悔・・・

入所したてはリハビリをして自宅に帰るという目標で生活します。ですが、そういった方は極一部でした。

新人の時、半年経ってやっと夜勤をさせてもらえることになり、張り切っていました。そんな少し慣れてきた時のことです。
「最近ご飯食べないな」と思っていたお爺さんがいました。

ぼんやりして、朝ごはんの時間になり車椅子に乗ってもらいましたが声をかけても眠っています。「夜遅くまで起きてたみたいだし」と職員みんな思っていました。
朝ごはんを下げ、ベッドに横になってもらうと数時間後には目を覚ましリハビリをしています。

そんなことが二週間ほど続いたある夜勤でとうとう異変が起こりました。
仮眠から起き、おしめ交換に回っていると「〇〇さん!!!!!!」(私の名前)を呼ぶ看護師の声。

駆けつけた先はそのお爺さんのお部屋。
お爺さんは呼吸が荒く、時折無呼吸もありました。
看護師は私に3階から酸素ボンベを借りるよう頼みました。私は初めてのことで気が動転し、見たことも、使い方もわからない酸素ボンベを3階から借り持っていきました。

SPONSORED LINK

看護師はテキパキと処置を施しますが私は声をかけることしか出来ません。
ひとまず血圧も落ち着いた為、私はおしめ交換に周り、看護師は家族や施設長等に連絡をしています。

無力さを感じつつ「きっと大丈夫、朝にはなんとかなっている」と心で思っていました。しかしそれはすぐ掻き消されました。
再び看護師に呼ばれて行くとそのお爺さんは息をしていません。人工マッサージ、酸素を送る役割を交代しながら声をかけて意識を取り戻してもらおうと必死でした。

どれくらい時間が経ったのかはわかりません。短く感じました。看護師は救急車とドクター、家族を呼びました。
救急車で出ることになったのですが、やはり対応をしたことのない私は救急医療の方の言っていることが理解できませんでした。
看護師に残りを託し、夜勤業務に戻るとその後かかってきた電話で病院に付いた頃に息を引き取ったと聞きました。

そのお爺さんは脳梗塞を起こしていました。
小さな脳梗塞を何度も起こしていたようで、声をかけても起きないのはそのせいだったのかもしれないとほかの看護師が話しており信号を受け取ることが出来なかったのかと誰を責めることも出来ず、泣きました。

もっとわたしが見ていれば、おしめ交換に回らなければと一緒に夜勤をした看護師と反省しました。

介護には、小さな気配りの積み重ねが大切

つい先日、いつもトイレによく行くお婆さんがあまり行かなくなり、心配になり病院に行くことになり検査してもらうと脳出血を起こしていました。
幸い小さな出血だったが気づかなければ大事になっていたかもしれないと思うと怖くてたまりません。

認知症の方は感覚が鈍くなっています。
痛み、人の顔の認識も。毎日会っても覚えてもらえません。そんな方もおられます。

毎日の行動や言動に注意し介護をしていくと、「あれ?おかしいな」と気付くことがあります。
小さなことでも、気づいたことが大きなことに発展することもあります。

また新しい入所者の方が入ってきます。
名前を覚えてもらえなくても、顔を覚えてもらいその施設での生活を好きになってもらい出来たら家に帰ってもらえるよう私は支援を続けていきます。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

「本当にしんどいのは・・・」福祉の現場で働いている者の本音

わたしは今、知的障害者施設で働いている。 ここでは福祉の現場に携わってきてどう思っているか、書いて

記事を読む

【闇深】ホームヘルパーとして訪問介護をしていて考えさせられること

私の就職活動時代は超氷河期だった上に介護保険法が始まった頃でもあったので、手に職を、と思い通信教育(

記事を読む

【子供の二段ベッドから落下】うっかりママの足の小指骨折の治療顛末記

クリスマスイブに、子供の二段ベッドのはしごから落ち、右足の小指を骨折しました。落ちたと言っても、1段

記事を読む

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のことです。 数年前から起床時の目

記事を読む

心の準備なく始まった自宅介護生活は予想以上に大変なものでした。

毎日顔を合わせていると日々弱っている祖母に気付かないでいました。 食欲がなくなり、寝ている時間が増

記事を読む

【終わりが見えない】38歳からの不妊治療は考えが甘かったです。

ケガや病気とは少し違いますが、病院に通院しています。不妊治療です。 私たち夫婦は結婚が少し遅く、主

記事を読む

義祖母はアルツハイマー!嫁の私が認知症介護をした体験談

私は結婚後に主人の実家でしばらく同居をしていました。 主人の実家には認知症の義祖母がいました。

記事を読む

涙が止まらない!学生時代にメニエール病と診断された私の体験談

私は、学生時代にメニエール病を発症しました。 それは、なんとなく耳が閉塞しているような感じから始ま

記事を読む

【脊髄小脳変性症】しっかり者だった祖母の変わり果てた姿を目の当たりにして感じたこと

しっかり者のおばあちゃんの介護の経験があります。 元気な頃は、何でもかんでも世話焼きのおばあちゃん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八丁堀駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

八丁堀駅は昭和38年に営団地下鉄の駅として開業されました。その後、平成

日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

日暮里駅は、JR線(山手、京浜東北、常磐)、京成線、日暮里・舎人ライナ

千駄ヶ谷・北参道駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

千駄ヶ谷駅は明治37年に甲武鉄道の駅として開業されました。近くには、東

西日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

西日暮里駅は地下鉄千代田線が昭和44年に開業し、その2年後にJR山手線

蒲田駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蒲田駅は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄

→もっと見る

PAGE TOP ↑