【疑問】介護現場で本当に大切なことは?私が福祉事業を立ち上げる理由

公開日: : 最終更新日:2017/06/28 介護・医療


介護の仕事を始めたのは私が20歳の時です。
短大を出てホームヘルパーの資格を取得してから老健に就職しました。

現場に入ってまず最初に感じたのは在学中に学んだ知識や介護技術は全く通じない事でした。

今思えば当然です。ご利用者様一人一人の様態や性格も違うのですから合わなくて当たり前なんです。
先輩達に知識と技術を教えて貰いながら、ご利用者様とのコミュニケーションの取り方も身につけていきました。

SPONSORED LINK

介護技術だけの現場に感じる疑問

三年程経ち介護なるものが少しずつ見えてきた時、日々に介護の中で常々感じることがありました。

ご利用者様に対する目配り、気配り、心配りです。

今だから言えますが、新卒で就職した老健は介護技術に長けていた施設だったと思います。各個人の介護力も高く自身の後術を高めるにはよい施設であったと思います。

しかしながら圧倒的に目、気、心への配慮は足りなかった。
淡々と介護をし業務をこなしていく。
入浴は芋荒いの様に時間に追われながら行い、リラクゼーションも何もないもの。
食事は楽しみもなく内服は食事にふりかけかと言わんばかりまぶす。
そんな老健は14年経った今もあると思います。

目配り・気配り・心配りの介護をめざして

そんな介護環境に嫌気がさし、また出産も控えていた為、その老健は4年の勤続で退社しました。

SPONSORED LINK

出産後つとめた介護施設は自分達で立ち上げたデイサービスでした。
と言っても、夫の親戚が立ち上げたデイサービスで介護経験が長い夫が管理者として勤めていました。

結婚当初より自分達で福祉事業を行いたいと思っていたので良い機会だったと思います。
今まで介護に感じていた違和感を払拭するように、目、気、心配りを第一としたデイサービスを運営していました。
ケアマネージャー達からも好評を頂いていました。

退社と起業への決意

しかし、デイサービスを立ち上げて三年後、社長であった親戚が脳溢血で急死しました。

息子さんが引き継ぐ形となったのですが、残念ながら父親を突然亡くしたショックから鬱病を煩い現場に立つことは困難をきわめ代理で義父が社長を勤めたのですが、全くの介護未経験者であり現場のベテラン職員からのプレッシャーによるストレスから義父も体調を壊してしまいました。

私たちがやりたかった介護はこんなものではないと思い、開設から5年後に夫婦で退社しました。

現在そのデイサービスは職場復帰を果たした息子さんが継いでいますが、評判はがた落ちしています。
今私たちは一から新たに福祉サービス事業を開設しようと計画しています。

勿論目配り、気配り、心配りに長け皆様の生活が輝かしく成るために尽くせる施設でありたいと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

【過酷】介護士の一日が大変すぎ!おまえらにこれできるの?

養成校で介護福祉士資格を取得して、新卒で特別養護老人ホームに就職しました。 4月で5年目に入ります

記事を読む

心の準備なく始まった自宅介護生活は予想以上に大変なものでした。

毎日顔を合わせていると日々弱っている祖母に気付かないでいました。 食欲がなくなり、寝ている時間が増

記事を読む

「本当にしんどいのは・・・」福祉の現場で働いている者の本音

わたしは今、知的障害者施設で働いている。 ここでは福祉の現場に携わってきてどう思っているか、書いて

記事を読む

【涙】統合失調症とうつの私に医師が言った一言がヤバイ

私の場合、うつ病から始まり、今は統合失調症の治療中なのですが...はじめは突然、夜眠れず朝も起きられ

記事を読む

【愕然】無資格で飛び込んだ介護の世界でお荷物になった私が選んだ道

介護職はデイサービス、デイケア、施設系、有料老人ホーム、グループホームといくつかの種類に分かれていま

記事を読む

急にお腹がポッコリしたなと思ったら・・・子宮筋腫で開腹手術

10年前より子宮筋腫があり、先日子宮全摘の開腹手術をしました。 初めて子宮筋腫が見つかった時はまだ

記事を読む

気持ちが大事!ケアマネージャーの資格取得のために私がやってきたこと

介護士の仕事は、毎日が色々な仕事で溢れています。 利用者(入居者)の介護、家族への対応、環境整備や

記事を読む

【闇深】ホームヘルパーとして訪問介護をしていて考えさせられること

私の就職活動時代は超氷河期だった上に介護保険法が始まった頃でもあったので、手に職を、と思い通信教育(

記事を読む

【朗報】介護福祉士資格は持ってるだけでこんなに仕事に有利!

資格は持ってるだけでは意味がないということはよく聞きますが、福祉系資格はそれにあてはまらなくて、持っ

記事を読む

【終わりが見えない】38歳からの不妊治療は考えが甘かったです。

ケガや病気とは少し違いますが、病院に通院しています。不妊治療です。 私たち夫婦は結婚が少し遅く、主

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

出来る努力はなんでもやってみる!私の下半身太り対策方法!

かれこれ下半身太りの悩みは高校生からで、実際の体重より太って見られるの

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

→もっと見る

PAGE TOP ↑