「もうこりごり」アキレス腱断裂の手術は予後がすごく大変だった!

公開日: : 最終更新日:2017/06/19 介護・医療


一昨年の5月のことです。
誕生日の前日、バレー大会に参加しているときのこと。
2ゲーム目に入ったくらいから左足首に疲れのような違和感があった。

SPONSORED LINK

バレーの試合中、突然に襲ったアキレス腱断裂

2セット目、ボールが目の前に飛んできた。前に体を出せば拾える。
バーン!あれ?得点板が倒れた音?倒れていない・・・

あ!左足が痛い!この音って・・・ああ。アキレス腱切れてる。。
肉離れのような痛みがはしる。

話で聞くほど痛くはないが、そのまま救急車で総合病院へ。
夫も仕事場から駆けつけてくれた。

先生は、「どっちにしても今日はもう手術できないから。固定して帰りましょう。」とのこと。

保存療法か、手術による縫合か?早期の回復を望み手術入院へ

ネットで調べると、アキレス腱断裂は、手術による縫合か、固定しての保存療法があるみたい。子供のこともあるんで、早く退院できそうな手術にしようと夫と話し合って決めた。

翌日、スポーツ専門の外科医院へ。
先生「手術、結構待ちで2週間後かな。それだと保存療法でもいいんじゃない?」とのこと。早く退院したいんで、手術希望ですと伝えたところ、総合病院へ紹介状を書いてくれるとのこと。

翌日、紹介をいただいた総合病院へ。
診察していただき、手術の日程も決まった。2日後とのこと。

早速、入院の手続きをしてそのまま入院。
子供は夫が任せてと言ってくれたんで、たまには親子で頑張ってもらおう。

意外とあっさり終わった手術。しかし術後に痛みが・・・

手術前、夫と子供が来てくれた。
不思議とアキレス腱断裂した足は痛みがなかったから、手術も余裕だろうって思ってた。

全身麻酔するみたいで、手術室で酸素マスクみたいなやつ被ってたらそのうちウトウトとして、完全に寝てしまってた。

SPONSORED LINK

「終わりましたよー」って声かけられて目が覚めた。まだぼーっとしている。

そのまま病室へ。左足が麻痺してて全然感覚がない。
これは、意外と余裕だったな、って思ってた。

夫と子供が帰って、ウトウトしていると、だんだんと足が熱くなって来た。あっ。これ痛くなるやつ。。激痛。

その晩は痛みで寝れない。
看護師さんに痛み止めをもらってどうにかやり過ごした。
翌日の夜くらいから痛みが落ち着いて、やっとぐっすり眠れるように。

本当の闘いは、手術後に?リハビリから転院まで

それからは、ヒマとの戦いだった。
夫が持って来てくれた本を読み、ゲームを2本クリアし、普段じゃできないようなことをやり尽くした。

1日に1回リハビリ。なんだけど、痛みが怖くて動かせない。また切れるんじゃないかって・・・。

3週間し、装具を装着。これで歩けるとのことだけど、体重をかけると、また断裂する可能性があるとのこと。松葉杖は、必須。

4週間たち、自宅近くの病院に転院許可が出た。
これでやっと夫の負担が減らせるかな。

近所の病院では、2週間、悠々自適な生活。
家も近いし慣れ親しんだ街だし。食事も美味しい。看護師さんも同じ自治会の人もいるし。

大変なのは、お風呂。装具を外して、足を付かないように気をつけながら、椅子に座ってシャワーを浴びる。

先生から、「バランスを崩して足をつくと、間違いなく再断裂だからね。」と念押しされてた。

現在は、2年経過し、もう再断裂することはないと思うけど、大きな傷跡と曲がらない足首で違和感がまだ残っている。

再断裂が怖くてあまりリハビリ真面目にしていなかったからかな。。
もうアキレス腱断裂はこりごりです。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

【壊死性筋膜炎】身に覚えのない痛みからの入院&手術&通院でとんでもないことに!

1月のことです。クリスマス前から、左脚大腿部に違和感を感じるようになりました。 原因については全く

記事を読む

ケアマネージャーを変えたい!袖の下を要求された最低な体験談

義父は脳硬塞で半身にマヒが残り車椅子の生活をしています。 直接の介護者は義母で、私はその手伝いです

記事を読む

【87歳】パーキンソン病と認知症を併発してから介護は大変になっていきました

私は祖父と同居しています。 祖父は現在87歳なのですが、15年ほど前からパーキンソン病を患っており

記事を読む

【パニック障害】精神薬の副作用に苦しんだ私が出会った治療法の効果がすごい

私は境界型パーソナルティ障害、うつ病、パニック障害を持っています。 現在障害年金受給者です。 元

記事を読む

もしかしてガン?!アテロームで即日日帰り手術をした体験談

学生のときから膝にしこりがありました。 3センチほどの大きさで、丸く皮膚の中でごろごろしています。

記事を読む

涙が止まらない!学生時代にメニエール病と診断された私の体験談

私は、学生時代にメニエール病を発症しました。 それは、なんとなく耳が閉塞しているような感じから始ま

記事を読む

心の準備なく始まった自宅介護生活は予想以上に大変なものでした。

毎日顔を合わせていると日々弱っている祖母に気付かないでいました。 食欲がなくなり、寝ている時間が増

記事を読む

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のことです。 数年前から起床時の目

記事を読む

「本当にしんどいのは・・・」福祉の現場で働いている者の本音

わたしは今、知的障害者施設で働いている。 ここでは福祉の現場に携わってきてどう思っているか、書いて

記事を読む

【脊髄小脳変性症】しっかり者だった祖母の変わり果てた姿を目の当たりにして感じたこと

しっかり者のおばあちゃんの介護の経験があります。 元気な頃は、何でもかんでも世話焼きのおばあちゃん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八丁堀駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

八丁堀駅は昭和38年に営団地下鉄の駅として開業されました。その後、平成

日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

日暮里駅は、JR線(山手、京浜東北、常磐)、京成線、日暮里・舎人ライナ

千駄ヶ谷・北参道駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

千駄ヶ谷駅は明治37年に甲武鉄道の駅として開業されました。近くには、東

西日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

西日暮里駅は地下鉄千代田線が昭和44年に開業し、その2年後にJR山手線

蒲田駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蒲田駅は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄

→もっと見る

PAGE TOP ↑