治らない!乾燥肌で敏感肌になってしまう意外な原因

公開日: : 最終更新日:2017/05/28 美容・健康


私は最近とても敏感肌で困っています。
20代越えるまでは、どちらかというと汗をよくかくせいもあり、皮脂があってニキビができやすい方でした。

特に、スポーツをしていた思春期にはおでこのところに、膿は出ない程度のボコボコした小さいニキビが、たくさんできていました。
学生の頃はまったく乾燥するということを気にしたこともありませんでした。

SPONSORED LINK

年齢と共に気になるお肌の乾燥

しかし、大学生を終えて、社会人になっていく頃からだんだんと乾燥が気になりはじめて来ました。

ほっぺたのところがとてもかさかさして来てしまい、乳液やクリームをたくさんつけても、夕方ごろには白くかさかさした感じになってしまっていました。
ひどいときには眉毛あたりや、おでこのところまで皮が剥けてしまっていたり、粉のようなものがふいていたりもしました。

化粧品は敏感肌の人が使うようなものを使用していましたが、ぜんぜんなおりませんでした。
調子のいい時もあって、その時はとてもツヤツヤで化粧品の乗りもとても良かったです。

乾燥肌は生理の周期に関係が?

ふと考えてみると、生理の周期で肌の調子が良くなることがわかりました。
生理が近づくと、だんだんと乾燥してきてしまい、毎月のように顎にニキビができていました。

SPONSORED LINK

毎回同じところにニキビができるなぁ、と思っていましたが、お肌のことをあまり考えたことがなかったので気がつきませんでした。
生理のせいだとわかってからは、少し安心してお肌の乾燥に向き合うことができました。

女の子の周期が近づくにつれて、保湿をしっかりとしました。
また、使う化粧品も、季節ごとに変えて、分けて使うようにもなりました。

日中美容液でお肌の保湿を心がけましょう

乾燥がひどいときには化粧水と美容液とクリームを念入りに塗って、朝と夜と顔を洗ったすぐにたくさんつけるようにしました。
そうするとだんだと乾燥も防ぐことができて来て、また、乾燥してもまた生理が終われば治るので、安心して経過を見ることができました。

さらに気になるときには日中美容液を下地につけていました。
化粧品売り場でオススメされた日中美容液を買って、つけると、夕方ごろにはとても乾燥していた肌が、まだ潤いを保ってくれていました。

乾燥にはとても保湿が大切だということに気がつきました。

さらに、学生の頃に顔に脂汗みたいなものをかいていたのは、乾燥のせいということもある。という事を病院に行って気づきました。
ニキビができやすいということで、美容整形外科にいったこともあり、そのときに発覚しました。

やはり、病院での診断や、化粧品のプロの力を頼るべきだと思います。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

500円玉ハゲに泣く!円形脱毛症女性の治療の終わりが見えない辛さ

30代女性です。 20歳ころから三年に一回「円形脱毛症」に悩まされています。 最初は抜け毛が

記事を読む

髪型 ボブでイメチェンして失敗しない方法!芸能人

ボブスタイルは 女子の永遠の定番スタイルと言っても 過言ではないと思います!

記事を読む

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体質を変えるために今まで数えきれ

記事を読む

30秒でOK!簡単な骨盤矯正体操のやり方。痩せやすい体をゲットしよう!

女性なら誰でも一度は経験したことがあるダイエット。 食事制限をしたり、運動をしてもなかなか痩せない

記事を読む

紫外線対策必須アイテムである日傘はどうしたら大げさにならない?

紫外線は女性の美容の大敵です。 そのために毎年夏が近づくと、 紫外線対策についての多くの話題が持

記事を読む

玄米カイロ/整体/スイミング/ストレッチ!肩こりの対策法で効果が合ったこと4つ

私は30代の主婦です。 幼児を持つ母親であり、パートでオフィスワークをしています。 毎日パソコン

記事を読む

めまい・耳鳴りほかあらゆる体の不調を改善してくれるたった一つの方法

私は、心身症になりそれから目眩やパニック障害、胃腸炎、耳鳴りとさまざまな体の不調に悩まされてました。

記事を読む

冷え性の改善に一番効果があった方法(漢方の飲み物)とは?PCレンズ・ビタミン剤他

私は冷え性で悩んでいました。 冷え性とはいっても、汗を全くかかない冷え性ではなく、汗を多くかくので

記事を読む

季節の変わり目には風邪に注意;風邪予防策

寒い冬ももうすぐ終わりを迎え、春はすぐそこに来ている。 春が来るのはうれしいけど、季節の変わり

記事を読む

骨ホルモン(オステオカルシン)とは?血糖値が下がる認知機能が上がる簡単な運動

骨は、ヒトの身体を支えたり、臓器を護ったり、血液を産生したりする組織です。 骨がスカスカになる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑