異常にコレステロール値が高い理由が判明して驚愕!今までなんだったの・・・?

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 美容・健康


私の旦那さんは、20代後半の標準体型のお酒を飲まない人です。
その旦那は、コレステロールが毎回の健康診断で、「精密検査」というレベルの異常を示します。
数値としては、悪玉コレステロールが200を超えています。
130以下でないと正常範囲でないところを、大幅にオーバーしています。一度250を超えたこともありました。

SPONSORED LINK

異常なコレステロール値の原因は遺伝!?

その時には、採血前にお菓子を少し食べてしまったということでほおっておいたのですが、それ以降も下がる気配はなく・・・やっと病院へかかり、診断してもらいましたが、「あなたの体型で食生活もそれほど荒れていない。となると、この数値は遺伝性のものだとおもいます。」という結果に。

それから健康診断を受けたことのなかった、義母に血液検査を受けてみてもらったところ、130オーバーでした。義母は、ジムのインストラクター、ヨガの講師もやっており、体つきはみるからに痩せているのにです。

ここで、やはり母方からの遺伝なのだと分かりました。

高コレステロールの一般的な改善方法は「糖質制限」

このことが分かる前には、食事の見直しによるコレステロール値を下げる方法を指導されていました。
方法としては、「糖質制限」です。

糖質が高い、低い食材の一覧を渡され、糖質の高いものは避けるように指導されました。そして、1週間で食べたものを3食すべて記録してくださいということでした。

SPONSORED LINK

ですが、この記録は全くやっていませんでした。
年齢も若く、そこまで危機感がなかったように思います。

始めの内は、根菜類などの糖質の高い野菜は使わないでくれということでしたが、私自身も料理の幅が限られ続きませんでした。

食事改善できないときは薬物療法に。負担は大きくても、健康にはかえられません!

そうこうしているときに、まさかの遺伝性だったということが発覚。
そうなると、この数値は食事でどうこう出来るレベルではないという医師の指導で、薬物療法が始まりました。

コレステロールを下げる薬です。
これを毎日1錠のむということでした。
2週間分薬を貰い、採血したところ、わずかに減少。

そこで医師に確認してみると、「遺伝性の場合は、薬を飲んでコレステロールが下がっても、体質的に飲まなくなればまた上がってしまう。コレステロールを下げていたいなら、一生飲み続けなければならない」とのこと。
確かに、この診断以降、薬を飲むのを中断するとすぐに数値は元通りでした。

今となっては、コレステロール値が動脈硬化や脳梗塞を引き起こすということも調べて分かったので、いかに危険な状態で過ごしてきたのかと怖くなります。
薬に頼っていかねばならないのは、経済的にも辛いですが、命には代えられないと思って頑張ってもらっています。

スポンサードリンク

関連記事

子供も悩まされる花粉症の頭痛の解決策

最近では子供の花粉症増加傾向にあります。 子供であっても花粉症は発症してしまうのです。

記事を読む

夜も眠れないほど・・・抱っこ紐が引き起こす肩こりを軽減する方法

30代女性、一児の母です。 これは、今から5年ほど前、私がまだ幼かった息子のお世話をしていた時期に

記事を読む

中国人韓国人が爆買する日本の肩こり対策グッズが抜群に優秀だった件

歳とともに身体中がカチコチに固まり、痛みやこりを感じることが増えてきましたが、一年を通じて特に悩まさ

記事を読む

子供の花粉症対策は絶対に乳酸菌を使うのがおすすめの理由

今年もそろそろ花粉の季節がやってくる。 早い人は花粉症の症状が徐々に出始めているのでは?

記事を読む

玄米カイロ/整体/スイミング/ストレッチ!肩こりの対策法で効果が合ったこと4つ

私は30代の主婦です。 幼児を持つ母親であり、パートでオフィスワークをしています。 毎日パソコン

記事を読む

アマニ油ダイエットで痩せる?授乳後の三十路を過ぎたらこの方法で!

妊娠しても五キロ程度しか太らなかったのですが、授乳が終わっても同じように食べていたら、あっという間に

記事を読む

100均で買える外反母趾対策グッズ 5選(テーピング/サポーター等)

100均で買える外反母趾対策の強い味方! 日々忙しく働いていると、 外反母趾など足のトラ

記事を読む

【改善策は?】笑いじわがまだ若いのに目立って気になる!

私は元々スキンケアにあまり時間とお金をかけるタイプではなく、安い化粧品で基本的な事しかしていませんで

記事を読む

冷房でしもやけ?!低体温すぎる私が改善するためにやっていること

アラフィフの専業主婦です。 私は夏に1か月早く生まれました。体重は2300gでした。 保育器

記事を読む

ダイエット停滞期に逆に体重が増えるのは何故?対策は?

この記事を読んでくれている皆さんは今までに一度ならずあるいは何度でもダイエットに失敗した事がある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【18歳】子宮頸癌で2度の円錐切除をした体験談と今だから言えること

最初に子宮頚ガンに気づいたのは、18歳のときでした。 年齢的に若いの

【二度とイヤ】卵巣出血の痛みは気が遠くなるほどの辛さ!

ある日、寝る前に腹痛を感じました。 生理前だから痛いのかな?と思いな

【切迫流産】21週で入院!もうもたない?わたしの赤ちゃんどうなっちゃうの?

私は昨年、次男を出産しました。 長男の時は特にトラブルもなく普通に出

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のこと

【バレーボールでの事故】網膜剥離で硝子体手術を受けました。

大学のサークルでバレーボールをやっているときに網膜剥離になりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑