【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 介護・医療


認知症の祖父がいました。
夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

1度、真夏の昼間に自宅を出て行ってしまい警察に捜索届けを出した事があります。
3時間後自宅から10キロ離れた交番で保護してもらいました。

SPONSORED LINK

介護を通して深まった家族の絆

体調等も崩さず良かったのですが、やはり介護疲れは隠せません。
我が家は三世帯で住んでいたので、みんなで介護という協力体制を組みました。
みんながみれない時はデイサービスにお願いし夕方誰か行ける人がお迎えにいくシステムを取りました。

誰か1人が大変ではなくなり、身内のコミニュケーションも取れて、前より仲良くなったのも認知症になった祖父のお陰です。

その矢先に親戚のおじさんもパニック障害を起こし仕事が上手く出来なくなってしまいました。
喋り方もおかしくなり自覚があるのか?あまり喋らなくなってしまいました。

出来るだけ認知症の祖父とおじさんとの時間を持つよう日曜日の夕飯はみんなで食べる、おしゃべりをする。笑う。
認知症の祖父が笑うと、みんなが笑い介護をしているということを忘れてしまいます。

どんなに辛くても笑顔になる一緒に笑うのが、凄く大切なんだなぁと実感しました。

私は祖父が亡くなる前に子供を出産しひ孫を見せてあげることが出来ました。
認知症の祖父も赤ちゃんのような感じでしたので誰かが一緒に持っての抱っこでしたが赤ちゃんというのは忘れてないんですね。ひ孫を見つめてニコニコと笑ってくれました。

SPONSORED LINK

入退院の生活から、自宅療養の道へ

その内、歩くことも出来なくなり高齢のため、寝たきりになり何度も入退院を繰り返しました。

小さくなって、やつれていく顔や体になり看護師さんやヘルパーさんのお世話になりお風呂もトイレも全てお任せしていた入院生活でしたが、最期は自宅でという私達の希望で、あと残り少ない時間を、身内全員で看ると決めました。

もちろん一日一回医師、看護師さんが様子を見てくれ点滴の交換もしてくれていました。

退院してから、お茶、ヨーグルト、お粥など日に日に食べる量が少なくなり、胃ロウをすることになりました。
口から物を食べることが、どんなに大切なことかもわかりました。胃ロウになると急激に体調が良くなくなってしまったのです。体力も更になくなったようで笑顔もなくなりました。

数日後の朝方、私の母の看護の時間に眠ったように亡くなりました。
息をしていないのが、わからないくらい本当に眠っているかのようでした。

自宅で、家族とともに看取るという選択

自分の生活していた自宅で祖父は亡くなりました。
祖父の気持ちは、わかりませんが身内の看護の中で、自宅で最期を迎えるのは私の理想かなぁと祖父を見ていて思いました。

介護は1人では絶対無理です。
どんなに愛している家族でも絶対無理だと思います。
協力者と自分のやりたいように無理なく介護するのがベストなんではないかとおもいます。

スポンサードリンク

関連記事

【徘徊】突然、認知症になった80代祖父の介護が大変すぎて・・・

80代だったうちの祖父はある日突然に、認知症を発症しました。 原因は転倒でした。 2月でした

記事を読む

【子供の二段ベッドから落下】うっかりママの足の小指骨折の治療顛末記

クリスマスイブに、子供の二段ベッドのはしごから落ち、右足の小指を骨折しました。落ちたと言っても、1段

記事を読む

【やりがい】介護士の仕事について現役ワーカーが語ってみた。

私は高校卒業して祖父の死をきっかけに介護士の道へ進みました。 最初は資格を持っていなくても介護

記事を読む

介護の仕事がどんなに大変でも私が続けている理由

私は現在、介護福祉士として働いています。 中学生くらいの時から人の役に立つ仕事をしたいと思っており

記事を読む

【闇深】ホームヘルパーとして訪問介護をしていて考えさせられること

私の就職活動時代は超氷河期だった上に介護保険法が始まった頃でもあったので、手に職を、と思い通信教育(

記事を読む

【被害妄想】祖母の介護を通じて知った認知症の症状

私の祖母は現在80歳で特別養護老人施設に入所しています。 疾患名は認知症と大腿骨転子部骨折手術後で

記事を読む

【87歳】パーキンソン病と認知症を併発してから介護は大変になっていきました

私は祖父と同居しています。 祖父は現在87歳なのですが、15年ほど前からパーキンソン病を患っており

記事を読む

「また・・・?」繰り返す蕁麻疹の治療に効果をあげた方法が実は・・・

私はもともと健康体で病院とは無縁の生活を送っていたのですが18歳になったとたん、身体中に蕁麻疹が出始

記事を読む

苦痛しかないPMSの症状!治療でピルを飲み続けた結果・・・

私が、20代前半のころに経験した、「月経前症候群(PMS)」という病気の体験談です。 当時私は、フ

記事を読む

【壊死性筋膜炎】身に覚えのない痛みからの入院&手術&通院でとんでもないことに!

1月のことです。クリスマス前から、左脚大腿部に違和感を感じるようになりました。 原因については全く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自分でできる】肩こり腰痛改善に効果抜群の方法がこちら

学生と言う最も自由な期間を終えて主婦や就職して会社に勤める人、あるいは

異常にコレステロール値が高い理由が判明して驚愕!今までなんだったの・・・?

私の旦那さんは、20代後半の標準体型のお酒を飲まない人です。 その旦

トコちゃんベルトの効果がすごすぎ!産後の開いた骨盤の痛みにも効果絶大

私は元々中学時代の部活時に腰痛を経験しています。 病名で言うと椎間板

めまい・耳鳴りほかあらゆる体の不調を改善してくれるたった一つの方法

私は、心身症になりそれから目眩やパニック障害、胃腸炎、耳鳴りとさまざま

【寝るのが怖い】不眠症を解消するために私が試してみたこと

私は昔からストレスを感じやすい体質で、なにかストレスを感じると、とても

→もっと見る

PAGE TOP ↑