【脊髄小脳変性症】しっかり者だった祖母の変わり果てた姿を目の当たりにして感じたこと

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 介護・医療


SPONSORED LINK

しっかり者のおばあちゃんの介護の経験があります。
元気な頃は、何でもかんでも世話焼きのおばあちゃんは皆の全ての身の回りの事を1人でやっていました。

やってあげるのが好きな人だったので、過剰にみかんの皮すら剥かれたり…笑。
今思うと懐かしく、凄く愛情の深い人だったのだと思います(つω`*)。
その代わり怒ると誰よりも怖くて皆逆らえないかかあ天下、いや、ばばあ天下でした笑。

いつも元気だった祖母が、脊髄小脳変性症に

そんなおばあちゃんの家に行く事も少なくなった高校生の時、おばあちゃんはこけては骨折をし、入院を繰り返すことが増えました。
その時は、気を付けなよという話とリフォームや老人向けの段差を無くす等改造しなきゃなぁと家族と話していた事を覚えています。

私が大学生になって、おばあちゃんは脊髄小脳変性症だと言われました。1リットルの涙の主人公の病気だそうです。
このドラマではすぐ亡くなってしまうのですが、高齢という事でかなり緩やかな進行をしているという事でした。

しっかり者で世話焼きのおばあちゃんが、じっとしてはいられる訳が無く、この後も家族の隙を見ては家事をしようとして、骨折、入院を繰り返し続け、本来ゆっくり進行していくはずの病気の進行も進むのが早まってしまい、程なくして寝たきりになってしまいました。

祖母の変わりようにショックを受けるけれど・・・

そして完全に介護が必要になりました。
認知もあったものの、最初は多少ボケてるなという程度が、寝たきりのせいか段々会話が難しくなりました。

SPONSORED LINK

そして、短期的ですが母と泊まりでおばあちゃんの家に泊まりに行きました。
一ヶ月位です。ナースコール代わりに子機を私達は2階に置いて何かあったら鳴らす様に伝えました。

泊まったその日から四六時中、子機は鳴り続けました。
おばあちゃんは、母方の母親だったので介護士の母は特に嫌な顔もせずテキパキと介護していました。

おばあちゃんは本当に愛情が深かった為、おじいちゃんもずーっと介護し続け、離れるのを嫌がりました。

ある日おばあちゃんが便を触っていました。
母は、もー何やってるのー!遊ばないの!と子供をあやす母親の様におばあちゃんに言っていましたが、私は凄く衝撃を受けました。

介護の姿を見て、介護福祉の問題を深く考える・・・

あれだけしっかりしていた人もこうなってしまうのかと、ショックでした。

これが例えば義母だったら?
血の繋がらない人の介護というのは、耐え難いものがあるのでは無いのでしょうか。
母は仕事で介護してる方に噛まれたり、殴られたりもした事があるので、そんな人だったら?

誰かがやらなければいけない仕事で、必ず無くならない仕事ですが、充分で安い施設の設置と、介護士の給料を上げる必要ってかなりあると思います。

勿論いい方も沢山いて、母からもこの人が凄い孫みたいに可愛がってくれてと聞いたり、折り紙おってくれたと、家に飾っていたり悪い事ばかりじゃないとは思いますが本当に難しい問題だと思います。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

【切迫流産】21週で入院!もうもたない?わたしの赤ちゃんどうなっちゃうの?

私は昨年、次男を出産しました。 長男の時は特にトラブルもなく普通に出産したので、今回妊娠が判明した

記事を読む

【疑問】歩けない祖母の介護をする母を見ていて思うこと・・・

私の母親が実の母親、私からすると祖母の介護をしています。 介護中と言っても、今は施設に預けてしまい

記事を読む

襲ってくる激しい悪寒と痛み!急性腎盂腎炎で入院した体験談

私は急性腎盂腎炎という病気になった時、初めて入院をしました。 急性腎盂腎炎とは、腎盂や腎臓そのもの

記事を読む

はじめての訪問介護で食事作りに失敗!利用者さんが私に言った一言が・・・

高卒で正社員、介護の仕事に就きました。 特に人の役に立ちたいとか実践経験を積みながらスキルアップな

記事を読む

鬱病になり自傷行為を繰り返した私がいまあなたに伝えたいこと

鬱病は「心の風邪」という言葉があることを知っていますか? これは決してすぐ治るという意味ではあ

記事を読む

【バレーボールでの事故】網膜剥離で硝子体手術を受けました。

大学のサークルでバレーボールをやっているときに網膜剥離になりました。 男子生徒が打ったスパイク

記事を読む

母親が介護のストレスでおかしくなってしまった?付きっきりの介護は間違い?

私の祖母は96歳になるのですが、沖縄で一人暮らしをしていました。 家事がこなせなくなってきたため、

記事を読む

【87歳】パーキンソン病と認知症を併発してから介護は大変になっていきました

私は祖父と同居しています。 祖父は現在87歳なのですが、15年ほど前からパーキンソン病を患っており

記事を読む

【切迫早産】入院が出産近くまでずっと続いていた私のケースをお話しします

結婚して子供を二人授かりました。 自分自身はそれまで病気などなく、健康に暮らしていました。

記事を読む

「私は赤ちゃんじゃない」認知症の義母と一緒に暮らす苦労

私は88歳で認知症の義母と5年一緒に暮らしています。 他の家族は夫と私だけです。夫は離婚してから1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑