【脊髄小脳変性症】しっかり者だった祖母の変わり果てた姿を目の当たりにして感じたこと

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 介護・医療


しっかり者のおばあちゃんの介護の経験があります。
元気な頃は、何でもかんでも世話焼きのおばあちゃんは皆の全ての身の回りの事を1人でやっていました。

やってあげるのが好きな人だったので、過剰にみかんの皮すら剥かれたり…笑。
今思うと懐かしく、凄く愛情の深い人だったのだと思います(つω`*)。
その代わり怒ると誰よりも怖くて皆逆らえないかかあ天下、いや、ばばあ天下でした笑。

SPONSORED LINK

いつも元気だった祖母が、脊髄小脳変性症に

そんなおばあちゃんの家に行く事も少なくなった高校生の時、おばあちゃんはこけては骨折をし、入院を繰り返すことが増えました。
その時は、気を付けなよという話とリフォームや老人向けの段差を無くす等改造しなきゃなぁと家族と話していた事を覚えています。

私が大学生になって、おばあちゃんは脊髄小脳変性症だと言われました。1リットルの涙の主人公の病気だそうです。
このドラマではすぐ亡くなってしまうのですが、高齢という事でかなり緩やかな進行をしているという事でした。

しっかり者で世話焼きのおばあちゃんが、じっとしてはいられる訳が無く、この後も家族の隙を見ては家事をしようとして、骨折、入院を繰り返し続け、本来ゆっくり進行していくはずの病気の進行も進むのが早まってしまい、程なくして寝たきりになってしまいました。

祖母の変わりようにショックを受けるけれど・・・

そして完全に介護が必要になりました。
認知もあったものの、最初は多少ボケてるなという程度が、寝たきりのせいか段々会話が難しくなりました。

SPONSORED LINK

そして、短期的ですが母と泊まりでおばあちゃんの家に泊まりに行きました。
一ヶ月位です。ナースコール代わりに子機を私達は2階に置いて何かあったら鳴らす様に伝えました。

泊まったその日から四六時中、子機は鳴り続けました。
おばあちゃんは、母方の母親だったので介護士の母は特に嫌な顔もせずテキパキと介護していました。

おばあちゃんは本当に愛情が深かった為、おじいちゃんもずーっと介護し続け、離れるのを嫌がりました。

ある日おばあちゃんが便を触っていました。
母は、もー何やってるのー!遊ばないの!と子供をあやす母親の様におばあちゃんに言っていましたが、私は凄く衝撃を受けました。

介護の姿を見て、介護福祉の問題を深く考える・・・

あれだけしっかりしていた人もこうなってしまうのかと、ショックでした。

これが例えば義母だったら?
血の繋がらない人の介護というのは、耐え難いものがあるのでは無いのでしょうか。
母は仕事で介護してる方に噛まれたり、殴られたりもした事があるので、そんな人だったら?

誰かがやらなければいけない仕事で、必ず無くならない仕事ですが、充分で安い施設の設置と、介護士の給料を上げる必要ってかなりあると思います。

勿論いい方も沢山いて、母からもこの人が凄い孫みたいに可愛がってくれてと聞いたり、折り紙おってくれたと、家に飾っていたり悪い事ばかりじゃないとは思いますが本当に難しい問題だと思います。

スポンサードリンク

関連記事

2歳の子供の痙攣と下痢にあたふた。原因はロタウィルスの重症化でした!

先日、うちの2歳の子供がロタウイルスに感染し、重症化して入院しました。 ロタウイルスとは、小さいお

記事を読む

【別人】アルツハイマーになった祖母が施設へ入るのを嫌がった結果

私の祖母が急に調子が悪くなり顔全体に黄疸が出てしまいすぐに大きい病院へいきました。病名がハッキリ分か

記事を読む

【闇深】ホームヘルパーとして訪問介護をしていて考えさせられること

私の就職活動時代は超氷河期だった上に介護保険法が始まった頃でもあったので、手に職を、と思い通信教育(

記事を読む

【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

認知症の祖父がいました。 夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

記事を読む

義祖母はアルツハイマー!嫁の私が認知症介護をした体験談

私は結婚後に主人の実家でしばらく同居をしていました。 主人の実家には認知症の義祖母がいました。

記事を読む

足首の捻挫で腫れが引かない!3日後に試合を控えた私がとった行動は・・・

私は今大学4年生の女性です。 高校2年生の時、体育の授業でハードルを行っていたのですが着地を誤り右

記事を読む

【疑問】介護現場で本当に大切なことは?私が福祉事業を立ち上げる理由

介護の仕事を始めたのは私が20歳の時です。 短大を出てホームヘルパーの資格を取得してから老健に就職

記事を読む

【腰痛・脚のしびれ】ヘルニアを手術しないで治した私の治療体験談

2016年夏頃、腰の痛みと右の太腿の裏からふくらはぎ辺りまでの痺れが出て、かかりつけの整形外科に受診

記事を読む

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

【終わりが見えない】38歳からの不妊治療は考えが甘かったです。

ケガや病気とは少し違いますが、病院に通院しています。不妊治療です。 私たち夫婦は結婚が少し遅く、主

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑