鬱病になり自傷行為を繰り返した私がいまあなたに伝えたいこと

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 介護・医療


鬱病は「心の風邪」という言葉があることを知っていますか?

これは決してすぐ治るという意味ではありません。
「誰もがなりやすい」という意味だと、私は思います。

自分はなるわけがない、きっと自分とは遠い弱い人がなる病気なんだろうなー。そう思っていました。

そんな私が三年ほど前に、鬱病になっちゃいました。
あんなに自分とは遠い話だと思っていたのに、です。
もしかしたらあなたも今そう思っているかもしれません。

しかし、もしかしたら私はあなたの知り合いかもしれません。
自分がなってしまう可能性、あなたの知り合いがなってしまう可能性、すでになっている可能性…それほど鬱病は身近にいることをわかってもらいたいです。

SPONSORED LINK

私が鬱病と診断されるまで

中高と部活動に勤しみ、勉強も頑張り、短大に合格。友人関係も良好。どこにでもいる普通の学生生活を送っていたと思います。

そんな私が短大を卒業し、入社した会社でいわゆる社会の厳しさを知りました。
誰にでもできる簡単な仕事、お局様からの嫌がらせ…もともと他人に弱みを見せるのが苦手だった私は一人で抱え込み、だんだん自分を責めるようになりました。

「なんでこんなに評価されないんだ」
「こんな弱い自分はだめな人間だ」

そう思い、ストレス発散のために始めたのが「自傷行為」でした。
最初は針やはさみで軽く腕を傷つけて、それだけでは満たされない、許されないと感じカッターで切るようになりました。
それでも満足せず、タバコの火を押し付ける(根性焼きといわれています)行為にまで発展しました。

危険を感じて受診

さすがに隠せなくなってきて初めて自分の身の危険を感じました。
しかし当時は自傷行為がストレス発散の一番の手段だったので鬱病からくるものだとは思っていませんでした。

それでも自分では抑えられなくなってしまっていたので勇気を出して「精神科」を初めて受診しました。
しかしさすがに近所の病院で知り合いにバレたくないという変なプライドがあり、車で一時間ほどの個人病院に行きました。

SPONSORED LINK

鬱病と診断され、薬を貰う

個人病院で自分の状態を報告、過去のこと、現在のことをいろいろと一時間ほどかけて話して向精神薬というものを処方されました。
これで苦しみから解放されると思い、期待して飲んでみました。

その頃はまだ会社に通っていたので、普通に通勤していたのですが、運転中に異常な眠気に襲われて事故を起こしそうになりました。
これが処方された薬の副作用でした。

効果より副作用が強く出たので1週間でこの薬はやめることになりました。
その後もいろいろ薬を変えてもらいましたが、副作用ばかり出る出る…そこの医師に対して不信感がでてきたので、別の病院に転院しました。

転院先で入院を懇願する

その頃には自分で自傷行為をやめたいと思いながらもやってしまい、自己嫌悪に陥るという悪循環でした。

そこで私は入院を決意しました。
物理的にカッターから離れる方法をとるしかありませんでした。
入院生活についてはまたの機会に書きますが、約三カ月入院しました。

退院後の生活

今も私は通院しながら薬を処方してもらっています。

自傷行為自体は後悔していません。あのときの私にはそれしか発散方法がなかったのです。
ただ、日常生活は不便です。
見た人が不快になると思い、季節関係なく長袖を着なければならないので…それ以外は普通の生活です。

最後に

あなたは今もしかしたら悩んでこのページにたどり着いたのかもしれません。
もしくは知り合いが鬱病っぽい、夏なのに長袖を着ている人がいる、などで気になっているのかも知れませんね。

私からはひとつだけ、どうか自分やその人を責めないでください。

自傷行為は跡が残り生活が不便になることは確かです。
日本では鬱病はまだまだ理解してもらえません。それを本人が一番わかっています。

なのであなたは、あなただけはどうか受け入れてあげてください。

当事者のあなたは自分が許せないかもしれません。
でも私はあなたを受け入れます。あなたが発しているSOSを受け入れます。だから大丈夫です!

私が鬱病になってみてわかったのは、理解者がいることがとても支えになるということです。
どうか一人だと思わないでください。絶対、受け入れてくれる人はいます。

スポンサードリンク

関連記事

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

介護士の仕事はやりがいに出会える仕事です。必要とされる3つの資質とは?

介護士の仕事は働く場所によって異なりますが高齢者施設での介護士の仕事について紹介します。 一言で高

記事を読む

【帰りたい】認知症の多いグループホームでの出来事。いつも玄関に行くMさんが突然・・・

私は、グループホームの職員として働いていたことがあります。 グループホームに入所している利用者さん

記事を読む

介護の仕事がどんなに大変でも私が続けている理由

私は現在、介護福祉士として働いています。 中学生くらいの時から人の役に立つ仕事をしたいと思っており

記事を読む

【壊死性筋膜炎】身に覚えのない痛みからの入院&手術&通院でとんでもないことに!

1月のことです。クリスマス前から、左脚大腿部に違和感を感じるようになりました。 原因については全く

記事を読む

足首の捻挫で腫れが引かない!3日後に試合を控えた私がとった行動は・・・

私は今大学4年生の女性です。 高校2年生の時、体育の授業でハードルを行っていたのですが着地を誤り右

記事を読む

「また・・・?」繰り返す蕁麻疹の治療に効果をあげた方法が実は・・・

私はもともと健康体で病院とは無縁の生活を送っていたのですが18歳になったとたん、身体中に蕁麻疹が出始

記事を読む

【不安】十二指腸潰瘍はピロリ菌が原因?除菌生活してます。

私は、2016年8月から胃の調子が悪くて、ずっと牛乳や、乳酸菌を2時間置きに飲んだりしていました。

記事を読む

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のことです。 数年前から起床時の目

記事を読む

ばね指の治療は医師次第?!効果抜群だった方法とは?

出産後、事情があり、搾乳して子供の入院している病院へ面会・通院を半年していました。毎日、胸が張ってき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑