涙が止まらない!学生時代にメニエール病と診断された私の体験談

公開日: : 最終更新日:2017/04/19 介護・医療


私は、学生時代にメニエール病を発症しました。
それは、なんとなく耳が閉塞しているような感じから始まりました。
飛行機やエレベーターに乗った時のような感じです。

これまでにもたまになることが有ったので、特に気にかけてはいませんでした。
しかし、2~3日経っても治らず…「中耳炎とかじゃないといいな~」という軽い気持ちで耳鼻科を受診しました。

SPONSORED LINK

声が二重に聞こえる!レントゲンでは異常が見つからず・・・

耳のレントゲンまで撮りましたが、結果的に大きな異常は見つかりませんでした。
「な~んだ、私の気にしすぎかな?」なんて肩の荷がおりたのも束の間…その日から私の症状はどんどん悪化していったのです。

いつのまにか、周りの音が水中に居るようにモヤモヤと聞こえるようになっていました。
そして、小さく聞こえにくい…。これは絶対におかしい!と思ったのは、自分の声が二重に響き始めた時でした。

こだましているような感じというか…。こんなことは生まれて初めてでしたし、とても怖かったです!
すぐにもう一度受診しにいきました。

再診でわかった結果は、まさかのメニエール病

今度は院長先生が受診して下さりました。
結果を「メニエール病です」と診断されました。

付き添いの母親を診察室に呼んでくるように、とのこと…。
聞いたことの無い片仮名の病名、付き添いへの説明が必要…気がついたら、怖くて涙が溢れていました。

SPONSORED LINK

先生の詳細な説明はパニックであまり覚えていませんが、とにかく安静にすること、再発すること、若いから治りやすいということ…それだけは頭に残りました。

闘病の中で知った健康のありがたさ・・・

そして、私は即入院となりました。
入院は一週間でした。点滴や服薬、各種検査、そしてひたすら安静の毎日でした。

いつの間にか大きな耳鳴りを感じるようになっていました。
耳を塞いでも耳鳴りはしますから、ずっと続くのかと思うと、泣けて泣けて…。聴力検査の結果、私の耳は中等度の難聴でした。会話がつらかったです。

退院してからは、利尿剤を中心に投薬治療をし、点滴にも通いました。
頭を動かすとめまいがしやすいということもあり、医師の指示で学校は1ヶ月休まなければなりませんでした。

それだけ時間をかけたおかげか、私の体調は次第に良くなっていきました。
一番私を苦しめた、パー!だかポー!だかの大きい耳鳴りも、徐々に小さくなっていき、私の気持ちも穏やかさを取り戻していきました。

しかし!ある日突然、悪夢は訪れました。朝起きると、大きな耳鳴りがして耳が聞こえにくくなっているではありませんか!
絶望的な気分になり、私は泣きました。

この、難聴の再発により、私はステロイド薬を処方されました。
すると、嘘のように耳鳴りが消え…。本当に本当に嬉しかったです。
たまたま私には合っていたのだと思います。

完全に耳の不快感が無くなるまでには二ヶ月以上かかりました。いかに健康がありがたいか…身に染みました。

スポンサードリンク

関連記事

【朗報】介護福祉士の働き方の実態は?意外に選択肢は多い?

私は18の時に介護福祉士を取得しました。 福祉系の高校に通っていたので、介護福祉士を目指して勉強を

記事を読む

足首の捻挫で腫れが引かない!3日後に試合を控えた私がとった行動は・・・

私は今大学4年生の女性です。 高校2年生の時、体育の授業でハードルを行っていたのですが着地を誤り右

記事を読む

【出会いと別れ】私がなぜ認知症介護の仕事を続けているのか?

介護職に着いて6年経ちます。 資格取得は学校の制度もあり卒業と同時に取得しました。 登録料がかか

記事を読む

「本当にしんどいのは・・・」福祉の現場で働いている者の本音

わたしは今、知的障害者施設で働いている。 ここでは福祉の現場に携わってきてどう思っているか、書いて

記事を読む

【切迫早産】入院が出産近くまでずっと続いていた私のケースをお話しします

結婚して子供を二人授かりました。 自分自身はそれまで病気などなく、健康に暮らしていました。

記事を読む

【子供の二段ベッドから落下】うっかりママの足の小指骨折の治療顛末記

クリスマスイブに、子供の二段ベッドのはしごから落ち、右足の小指を骨折しました。落ちたと言っても、1段

記事を読む

【バレーボールでの事故】網膜剥離で硝子体手術を受けました。

大学のサークルでバレーボールをやっているときに網膜剥離になりました。 男子生徒が打ったスパイク

記事を読む

【脊髄小脳変性症】しっかり者だった祖母の変わり果てた姿を目の当たりにして感じたこと

しっかり者のおばあちゃんの介護の経験があります。 元気な頃は、何でもかんでも世話焼きのおばあちゃん

記事を読む

【悲惨】スノーボードでの事故による打ち身で陰部に激痛が走り・・・

私が体験したケガは、珍しいケースだとは思いますが、「外陰部血腫」と診断書には書かれていました。 外

記事を読む

【介護の闇】祖母を孫の私が介護している素直な感想

祖母(86歳)の介護を孫である私がしています。 デイサービスとショートステイを利用しています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑