イビキをかかない寝方!右を下にして寝るとよい?睡眠時無呼吸症候群向け

公開日: : 最終更新日:2017/04/16 介護・医療


イビキがうるさいから離婚!・・・などということがあるそうです。
「たかがイビキ」と笑いたくなりますが、「されどイビキ」です。
毎晩、大イビキをかくようなら、それは「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。

SPONSORED LINK

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。
約7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間に5回以上、呼吸が止まると、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群には、2型あります。
1つは、睡眠中に脳からの指令が途絶えて、呼吸が止まる型でCSAと言います。睡眠時無呼吸症候群の中でも数%程度です。
もう1つは、気道(空気の通り道)が塞がって、呼吸できなくなる気道閉塞タイプです。睡眠時無呼吸症候群の約90%が気道閉塞タイプです。

なぜイビキをかくの?

睡眠時無呼吸症候群でなくても、イビキをかく人がいます。
イビキは、空気が通る時に上気道(咽喉や鼻腔)の粘膜が振動する音です。
上気道は筋肉で支えられた狭い空間です。上気道が何らかの原因で狭くなると、空気の通りが悪くなり、空気抵抗が大きくなります。そのため、上気道の粘膜の振動音・抵抗音が大きくなり、イビキが聞こえるようになります。
睡眠時には、上気道の筋肉が緩み、上気道が狭くなるので、イビキをかきやすくなるのです。

[気道閉塞性の睡眠時無呼吸症候群のイビキ]

気道閉塞性の睡眠時無呼吸症候群で、大イビキをかく原因は、5つです。

SPONSORED LINK

① 肥満して、首の周り・喉の内側に脂肪がつき、気道が狭くなる。
② 筋肉が弛緩(しかん=ゆるむ)して、軟口蓋(口腔上側後方の軟らかい部分)や口蓋垂(のどちんこ)が垂れ下がって、気道を塞ぐ。
③ 顎(あご)が小さいので、舌の付け根が気道を塞ぐ。
④ 扁桃腺が肥大して、上気道を塞ぐ。
⑤ 普段から口呼吸をしている。

大イビキを改善する5つの方法

大イビキを改善する方法は、5つあります。

① 体を横向きにして寝る

仰向けで寝ると、口蓋垂・軟口蓋・舌の付け根が喉に落ち込んで、気道を狭くしたり、塞いだりします。
横向きに寝ると、気道が確保できるので、イビキをかかなくなります。
右を下にする方がいいのは、左を下にすると、心臓を圧迫するからです。
「抱き枕」も、イビキ防止に効きます。

② 痩せる

睡眠時無呼吸症候群の原因の1つは肥満です。食事療法と適度な運動で、体脂肪を減らすようにします。

③ 寝る前にアルコール類は摂らない

アルコールは筋肉を弛緩させます。睡眠時には、普通でも筋肉が弛みますから、アルコール類を飲むと、弛緩かひどくなり、気道が塞がります。

④ 普段から鼻呼吸する

口呼吸をしていると、口腔内が乾き、気道が狭くなります。睡眠時には、その傾向が強くなります。
鼻で呼吸する習慣をつけます。

⑤ 耳鼻咽喉科医に相談する

扁桃腺肥大や慢性鼻炎・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があると、気道の空気の通りが悪くなり、イビキをかきます。
毎晩、大イビキをかいているならば、耳鼻咽喉科のお医者さんに相談することをオススメします。
症状に合わせて、いろいろな治療法がありますよ。

イビキは危険信号です

大イビキをかくのは、睡眠時無呼吸症候群など重篤な疾患のサインかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群になると、呼吸が苦しいため、しばしば目が覚めてしまいます。熟睡できず、慢性的な睡眠不足になり、昼間、居眠りするようになります。居眠り運転で重大な事故を起こしたり、仕事に集中できなくなったりします。
大イビキは危険信号ですから、早めにお医者さんの診察を受けてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

子宮筋腫からの貧血で治療法に悩んだ結果、私が選んだ方法とは?

10年以上前から子宮筋腫と診断されていました。 たしかに生理痛がひどく、生理の量がおそらく他の人と

記事を読む

襲ってくる激しい悪寒と痛み!急性腎盂腎炎で入院した体験談

私は急性腎盂腎炎という病気になった時、初めて入院をしました。 急性腎盂腎炎とは、腎盂や腎臓そのもの

記事を読む

【パニック障害】精神薬の副作用に苦しんだ私が出会った治療法の効果がすごい

私は境界型パーソナルティ障害、うつ病、パニック障害を持っています。 現在障害年金受給者です。 元

記事を読む

【余命一ヶ月】肝硬変からの肝臓がん!夫の在宅介護をした私が感じたこと

私は肝硬変から肝臓ガンになり、そのガンが肝臓を破り、もう病院では何も出来ないと言われた夫の在宅介護を

記事を読む

「楽しかったよ」デイサービスに行きたがらなかった祖母の変化に思うこと

今、70代後半の祖母の介護をしています。 5年程前までは元気に生活を送っていたのですが、夫(祖

記事を読む

【やりがい】介護士の仕事について現役ワーカーが語ってみた。

私は高校卒業して祖父の死をきっかけに介護士の道へ進みました。 最初は資格を持っていなくても介護

記事を読む

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のことです。 数年前から起床時の目

記事を読む

【絶対安静】突然襲われた胸の痛み!縦隔気腫で入院した体験談

突然、喉元から胸にかけて痛みがでました。 夕方から痛みが出始め、次の日の朝になっても痛みが取れませ

記事を読む

【疑問】介護現場で本当に大切なことは?私が福祉事業を立ち上げる理由

介護の仕事を始めたのは私が20歳の時です。 短大を出てホームヘルパーの資格を取得してから老健に就職

記事を読む

【緊急入院】2歳の愛娘を襲った川崎病の症状と治療の体験談

今から2年前、当時2歳半の娘が川崎病を発症し入院しました。 川崎病は、原因不明の病で主に0歳か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

【背中むちむち】二の腕と背中の部分痩せに!1回5分で効果抜群の方法

都内に住む30代主婦です。背中と二の腕についてです。 背中や二の

【半年で5キロ減!】10キロ太ったわたしのダイエット成功術

ここ数年で約10kgほど増えてしまいました。 そして一年前に、とにか

→もっと見る

PAGE TOP ↑