【壊死性筋膜炎】身に覚えのない痛みからの入院&手術&通院でとんでもないことに!

公開日: : 最終更新日:2017/03/23 介護・医療


1月のことです。クリスマス前から、左脚大腿部に違和感を感じるようになりました。
原因については全く身に覚えもなく、とにかく日を追うごとに左脚大腿部が赤く熱を持ち、腫れ上がって来ました。
それと同時に下痢などの腹痛を伴ったり微熱を生じたり、更には貧血のような症状まで出てきました。

SPONSORED LINK

祝日に襲ってきた激しい腹痛と微熱

これはただ事ではないと思い、成人の日前後の祝日であったこともあり、救急の受診しかできず、特に何か処置があることもなく、抗生物質の飲み薬だけを処方され、自宅に戻るも痛みは増すばかりでした。連休が明けるのをじっと待ち、やっと自宅近くの皮膚科を受診したところ、筋膜炎の疑いがある為、すぐに紹介状を書くので総合病院へ行くように促されました。

その時はもうすでに歩くことさえ辛く、どうしようもない状態となっていました。

緊急手術をするも、激痛に耐えながら・・・

何とか主人に総合病院まで連れて行ってもらい、そこからは車椅子での移動、そしてすぐにMRIを撮ることになりました。
やはり状態は非常に緊迫した様子であることを私自身も察知し、そして主治医となる先生から、今からすぐに緊急手術を行う旨告げられました。

SPONSORED LINK

19時でした。もう、私は何の記憶もなく全てが終わって目覚めたのは夜中のことでした。
かなりの部位の皮膚をえぐる形で手術をしていただき、傷口はまだ塞がずにそこからまた皮膚の再生の為の治療が始まりました。

局所麻酔をしていただいての消毒でさえ痛みが分かるくらい、毎日激痛に涙しました。
こんな辛い思いをするなんて思ってもみませんでした。

傷口を小さくする為に、浸出液をスポンジで吸うかのように機械を装着し、1週間ほどそのままの状態です。

切断にならなかったのが不幸中の幸い!痛みと付き合いながら過ごす日々

やっと傷口を塞げるくらい小さくなったところで2度目の手術でした。

私はアレルギー体質のせいか、先生が縫い合わせてくださった箇所はどうしてもケロイドのようになってしまい、なかなか見た目も良いものではありませんでした。
それでも左脚大腿部切断とまで至らなかっただけ私は救われる思いでした。

縫い合わせて下さった箇所は突っ張るし触れると痺れたように電気が走り、本当に普通の生活を送れるかさえ不安になりました。

何とか無事退院できたのも、24日目の朝でした。
長期入院の上、こんな事態になり、本当にショックでした。

術後の経過は順調で、通院も3回で終了し、2年経過したものの、今も左脚大腿部の痺れは引くことはなく、少しずつ和らいでいるといった感じですが、まだ痛みと上手く付き合いながらの生活になりそうです。

スポンサードリンク

関連記事

一人暮らしの祖母が老健に入所するまでの出来事を振り返って

祖母は、祖父に先立たれて一人暮らしをしてました。 祖父に先立たれる前は家事も一人前にしてました。

記事を読む

【予防接種の意味なし】インフルエンザの経過 大人の場合はこうなる!

インフルエンザの予防接種を昨年の10月頃に受けていたのですが、インフルエンザの予防接種というのはそも

記事を読む

ケアマネージャーを変えたい!袖の下を要求された最低な体験談

義父は脳硬塞で半身にマヒが残り車椅子の生活をしています。 直接の介護者は義母で、私はその手伝いです

記事を読む

【介護の闇】祖母を孫の私が介護している素直な感想

祖母(86歳)の介護を孫である私がしています。 デイサービスとショートステイを利用しています。

記事を読む

【被害妄想】祖母の介護を通じて知った認知症の症状

私の祖母は現在80歳で特別養護老人施設に入所しています。 疾患名は認知症と大腿骨転子部骨折手術後で

記事を読む

介護未経験・無資格のパートから出発してケアマネージャーになった話

私は職歴7年になる、ケアマネージャー資格を持つ介護士です。 私が介護職の道に入ったのは、恥ずかしな

記事を読む

【87歳】パーキンソン病と認知症を併発してから介護は大変になっていきました

私は祖父と同居しています。 祖父は現在87歳なのですが、15年ほど前からパーキンソン病を患っており

記事を読む

【不思議の国のアリス症候群】小学生のころから悩まされているある症状について

30代女性です。小学校の頃から片頭痛に悩まされています。 父親も片頭痛もちですので、遺伝かと思われ

記事を読む

【愕然】無資格で飛び込んだ介護の世界でお荷物になった私が選んだ道

介護職はデイサービス、デイケア、施設系、有料老人ホーム、グループホームといくつかの種類に分かれていま

記事を読む

【余命一ヶ月】肝硬変からの肝臓がん!夫の在宅介護をした私が感じたこと

私は肝硬変から肝臓ガンになり、そのガンが肝臓を破り、もう病院では何も出来ないと言われた夫の在宅介護を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自分でできる】肩こり腰痛改善に効果抜群の方法がこちら

学生と言う最も自由な期間を終えて主婦や就職して会社に勤める人、あるいは

異常にコレステロール値が高い理由が判明して驚愕!今までなんだったの・・・?

私の旦那さんは、20代後半の標準体型のお酒を飲まない人です。 その旦

トコちゃんベルトの効果がすごすぎ!産後の開いた骨盤の痛みにも効果絶大

私は元々中学時代の部活時に腰痛を経験しています。 病名で言うと椎間板

めまい・耳鳴りほかあらゆる体の不調を改善してくれるたった一つの方法

私は、心身症になりそれから目眩やパニック障害、胃腸炎、耳鳴りとさまざま

【寝るのが怖い】不眠症を解消するために私が試してみたこと

私は昔からストレスを感じやすい体質で、なにかストレスを感じると、とても

→もっと見る

PAGE TOP ↑