【壊死性筋膜炎】身に覚えのない痛みからの入院&手術&通院でとんでもないことに!

公開日: : 最終更新日:2017/03/23 介護・医療


1月のことです。クリスマス前から、左脚大腿部に違和感を感じるようになりました。
原因については全く身に覚えもなく、とにかく日を追うごとに左脚大腿部が赤く熱を持ち、腫れ上がって来ました。
それと同時に下痢などの腹痛を伴ったり微熱を生じたり、更には貧血のような症状まで出てきました。

SPONSORED LINK

祝日に襲ってきた激しい腹痛と微熱

これはただ事ではないと思い、成人の日前後の祝日であったこともあり、救急の受診しかできず、特に何か処置があることもなく、抗生物質の飲み薬だけを処方され、自宅に戻るも痛みは増すばかりでした。連休が明けるのをじっと待ち、やっと自宅近くの皮膚科を受診したところ、筋膜炎の疑いがある為、すぐに紹介状を書くので総合病院へ行くように促されました。

その時はもうすでに歩くことさえ辛く、どうしようもない状態となっていました。

緊急手術をするも、激痛に耐えながら・・・

何とか主人に総合病院まで連れて行ってもらい、そこからは車椅子での移動、そしてすぐにMRIを撮ることになりました。
やはり状態は非常に緊迫した様子であることを私自身も察知し、そして主治医となる先生から、今からすぐに緊急手術を行う旨告げられました。

SPONSORED LINK

19時でした。もう、私は何の記憶もなく全てが終わって目覚めたのは夜中のことでした。
かなりの部位の皮膚をえぐる形で手術をしていただき、傷口はまだ塞がずにそこからまた皮膚の再生の為の治療が始まりました。

局所麻酔をしていただいての消毒でさえ痛みが分かるくらい、毎日激痛に涙しました。
こんな辛い思いをするなんて思ってもみませんでした。

傷口を小さくする為に、浸出液をスポンジで吸うかのように機械を装着し、1週間ほどそのままの状態です。

切断にならなかったのが不幸中の幸い!痛みと付き合いながら過ごす日々

やっと傷口を塞げるくらい小さくなったところで2度目の手術でした。

私はアレルギー体質のせいか、先生が縫い合わせてくださった箇所はどうしてもケロイドのようになってしまい、なかなか見た目も良いものではありませんでした。
それでも左脚大腿部切断とまで至らなかっただけ私は救われる思いでした。

縫い合わせて下さった箇所は突っ張るし触れると痺れたように電気が走り、本当に普通の生活を送れるかさえ不安になりました。

何とか無事退院できたのも、24日目の朝でした。
長期入院の上、こんな事態になり、本当にショックでした。

術後の経過は順調で、通院も3回で終了し、2年経過したものの、今も左脚大腿部の痺れは引くことはなく、少しずつ和らいでいるといった感じですが、まだ痛みと上手く付き合いながらの生活になりそうです。

スポンサードリンク

関連記事

「楽しかったよ」デイサービスに行きたがらなかった祖母の変化に思うこと

今、70代後半の祖母の介護をしています。 5年程前までは元気に生活を送っていたのですが、夫(祖

記事を読む

【介護の闇】祖母を孫の私が介護している素直な感想

祖母(86歳)の介護を孫である私がしています。 デイサービスとショートステイを利用しています。

記事を読む

【入所の日】大好きな祖父、特別養護老人ホームへ。そのとき私と母は・・・

私の実家の祖父は93歳です。 8年前から認知症が始まり、パーキンソン病、うつ病を患い、自宅で私の母

記事を読む

【パニック障害】精神薬の副作用に苦しんだ私が出会った治療法の効果がすごい

私は境界型パーソナルティ障害、うつ病、パニック障害を持っています。 現在障害年金受給者です。 元

記事を読む

「もうこりごり」アキレス腱断裂の手術は予後がすごく大変だった!

一昨年の5月のことです。 誕生日の前日、バレー大会に参加しているときのこと。 2ゲーム目に入った

記事を読む

鬱病になり自傷行為を繰り返した私がいまあなたに伝えたいこと

鬱病は「心の風邪」という言葉があることを知っていますか? これは決してすぐ治るという意味ではあ

記事を読む

【余命一ヶ月】肝硬変からの肝臓がん!夫の在宅介護をした私が感じたこと

私は肝硬変から肝臓ガンになり、そのガンが肝臓を破り、もう病院では何も出来ないと言われた夫の在宅介護を

記事を読む

気持ちが大事!ケアマネージャーの資格取得のために私がやってきたこと

介護士の仕事は、毎日が色々な仕事で溢れています。 利用者(入居者)の介護、家族への対応、環境整備や

記事を読む

介護士の仕事はやりがいに出会える仕事です。必要とされる3つの資質とは?

介護士の仕事は働く場所によって異なりますが高齢者施設での介護士の仕事について紹介します。 一言で高

記事を読む

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のことです。 数年前から起床時の目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑