【腰痛・脚のしびれ】ヘルニアを手術しないで治した私の治療体験談

公開日: : 最終更新日:2017/03/22 介護・医療


2016年夏頃、腰の痛みと右の太腿の裏からふくらはぎ辺りまでの痺れが出て、かかりつけの整形外科に受診しました。
受診に至るまでの経緯ですが、自覚症状が出始めた当初は激しい運動をしなければ特に違和感は無かったのですが、日を追うごとに症状が悪化し、座っていても立っていても腰に痛みが出て、ついには足に痺れが出るまでになってしまいました。

SPONSORED LINK

突然悪化した腰痛と足の痺れ。原因は椎間板ヘルニア

8月下旬のある日、朝、布団から起き上がろうとしたら激痛が走り、足への痺れも酷くなっており、1~2時間程かけて体を温めつつようやく起き上がりそのまま病院へ行くことにしました。
病院での問診票に腰の痛みが強いと記載したため診察前にレントゲンを撮りましたが、レントゲン画像上では異常なしとの診断でした。

その後、診察台で痛みが出るところを探ってもらい、椎間板ヘルニアの可能性があるとのことでMRIを撮ることになりました。

かかりつけの整形外科にはMRIの設備がなかったため、提携先の医療機関にMRIを撮りに行きました。
後日出直しになるのかと思っていたら、かかりつけの病院前まで送迎車で迎えに来てくれるとのことで、送迎車を待つ間にリハビリを受けることになりました。

初のリハビリでは、運動療法と牽引治療を行いました。
初回で痛みも強かったので、運動療法は軽くマッサージをする程度で終わりました。
リハビリが終わると送迎車が到着していて、かかりつけ医から提携先の往復をしていただきました。

MRIは待ち時間含め1時間弱で終わり、結果は2日後以降にかかりつけ医から聞くように指示され、その日はいったん帰宅しました。
2日後、かかりつけ医に受診し、そこで椎間板ヘルニアと正式に診断がされました。

SPONSORED LINK

手術をせずに、運動療法を選択。そのトレーニングの内容とは?

手術はせず、保存療法で様子を見ることになりました。
同時に、コルセットを作るため装具技師さんに予約を取り、その日の診察は終わりました。

運動療法も本格的に始めていく方針になり、腰回りの筋力アップとウエイトダウンを目標に取り組むことになりました。

9月の上旬にコルセットの型取りをし、その翌週にコルセットが完成し、そこからしばらくはコルセットを巻いての生活が始まりました。
コルセットがあると痛みも軽減してよいのですが、通気性が悪く蒸れてしまうので、残暑厳しい中でしたが肌着を一枚噛ませなくてはならず非常に暑かったです。

運動療法もマッサージ中心から筋力トレーニングへと徐々に移行し、ハードなメニューも増えていきました。
普段自宅でできるトレーニングもいくつか教えていただき、暇さえあれば行っていました。

個人的には週に1~2回地元にある健康増進センターに通い、温水プールやジムで痛みのない範囲でトレーニングをしていました。
格安で利用できたので経済的にも助かりました。

途中で運動療法から理学療法に変わりましたが、内容はさほど変わらず、強いて言えばさらにキツいトレーニングになりました。

そういったリハビリやトレーニングの甲斐あってか、12月頃にはコルセットをしなくても問題ないレベルに回復し、日常生活も問題なく送れるぐらいになりました。

椎間板ヘルニアは完治という診断を下すのが非常に難しいようで、一時は治ってもちょっとしたことで再発することがあるそうなので、今後もうまく自分の体と付き合っていく必要はありますが、非常に短い期間で手術をせずに治すことができましたので、現在椎間板ヘルニアに悩まされている方の参考になればと思い、この体験談を書かせていただきました。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

介護士の仕事はやりがいに出会える仕事です。必要とされる3つの資質とは?

介護士の仕事は働く場所によって異なりますが高齢者施設での介護士の仕事について紹介します。 一言で高

記事を読む

【悲惨】スノーボードでの事故による打ち身で陰部に激痛が走り・・・

私が体験したケガは、珍しいケースだとは思いますが、「外陰部血腫」と診断書には書かれていました。 外

記事を読む

【人材集まれ~!】介護福祉士の仕事内容と資格取得までの道のり!

私は介護福祉士として働いています。 超高齢化となりつつある日本では、高齢者が増えていくと共に介護の

記事を読む

母親が介護のストレスでおかしくなってしまった?付きっきりの介護は間違い?

私の祖母は96歳になるのですが、沖縄で一人暮らしをしていました。 家事がこなせなくなってきたため、

記事を読む

イビキをかかない寝方!右を下にして寝るとよい?睡眠時無呼吸症候群向け

イビキがうるさいから離婚!・・・などということがあるそうです。 「たかがイビキ」と笑いたくなります

記事を読む

一人暮らしの祖母が老健に入所するまでの出来事を振り返って

祖母は、祖父に先立たれて一人暮らしをしてました。 祖父に先立たれる前は家事も一人前にしてました。

記事を読む

【薬の効果なし】突然の痙攣から乗り越えてきた壁の数々

約5年前の話ですが、今も通院して薬を飲んでいます。 5年前の5月下旬に食欲が落ちたり様々な症状があ

記事を読む

足首をひねっただけで靭帯損傷?ギプス生活の辛さがとんでもない

わたしは20歳の頃に靴をちゃんと履かずに足をひねり、そのまま足首の靭帯の損傷をしてしまいました。

記事を読む

【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

認知症の祖父がいました。 夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

記事を読む

【不安】十二指腸潰瘍はピロリ菌が原因?除菌生活してます。

私は、2016年8月から胃の調子が悪くて、ずっと牛乳や、乳酸菌を2時間置きに飲んだりしていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八丁堀駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

八丁堀駅は昭和38年に営団地下鉄の駅として開業されました。その後、平成

日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

日暮里駅は、JR線(山手、京浜東北、常磐)、京成線、日暮里・舎人ライナ

千駄ヶ谷・北参道駅周辺の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

千駄ヶ谷駅は明治37年に甲武鉄道の駅として開業されました。近くには、東

西日暮里駅の待ち合わせ場所!わかりやすいスポットは

西日暮里駅は地下鉄千代田線が昭和44年に開業し、その2年後にJR山手線

蒲田駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蒲田駅は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄

→もっと見る

PAGE TOP ↑