足首の捻挫で腫れが引かない!3日後に試合を控えた私がとった行動は・・・

公開日: : 最終更新日:2017/03/22 介護・医療


私は今大学4年生の女性です。
高校2年生の時、体育の授業でハードルを行っていたのですが着地を誤り右足首を捻挫してしまいました。捻挫したのがハードルのテストの直前練習だったため、無理をしてハードルのテストを受けました。
授業が終わった時には地面に足をついて歩くことができずに、片足ではねながら体育館に戻りました。体育館に戻り靴を脱ぐと、足首は真っ赤に腫れていてとても上靴をはける状態ではなかったためスリッパを履き1日を過ごしました。

SPONSORED LINK

診断結果は重い捻挫

その日は病院の診療に間に合わなかったため、所属するソフトボール部の練習に足を使わずに行うことが可能なメニューだけ参加しました。

足は極力、氷水や保冷剤で冷やすようにしていました。
自宅に戻りお風呂の中でお湯でマッサージし寝る前にはシップを貼り就寝しました。

次の日も足の腫れが引かず痛みもほとんど引いていなかったため、市内の総合病院の整形外科を受診しました。
もしかしたら骨折や靭帯損傷の恐れもあったためレントゲンなどの検査を行いました。

結果は少し重い捻挫でした。

医師の注意を振り切って、部活を優先するも・・・

医師からは絶対安静と言われましたが、ちょうど3日後にソフトボールの全道大会が控えており自分は正捕手で人数も9人ピッタリの状態だったため大会に出場しなければなりませんでした。

SPONSORED LINK

当時は病院にもいかず無理やり試合に出ようとしましたが、両親に連れられしぶしぶ病院に行きました。

担当医にもどうしても大会に出なければならないため、どうにかして大会に出たいという話をし薬用湿布と痛み止めを処方してもらいました。

ただ、大会までの練習は極力無理をしないようにと厳重に注意を受けた上での痛み止めの処方でした。

痛み止めを使い無事に大会に出場しましたが、無理をしたこともあり足の痛みが全くなくなるまでには3週間近くかかりました。
大会が終わり完治するまでの間は、自転車通学もできず大好きな体育の時間も見学ばかりでとても辛かったです。

無理を重ねると捻挫癖がついてしまうことも・・・

また、整形外科を受診したときに以前から歩いたり走ったり運動をするととても疲れやすいという話をしたところレントゲン写真を見せて教えていただいたのですが、私の足はかなりひどい偏平足であることがわかりました。

また両足の内側のあたりの骨が1本ずつ多く、骨の名前はアクセサリーというようです。
以前から靴を履いた後、足の内側が赤くなる現象があったのですが原因はそれだったようです。ただ、あっても赤くなる程度で何も問題はないそうです。

また、捻挫から5年たった今でも右足首には捻挫癖が残ってしまい、野球の走塁を行うときや少しヒールのある靴を履いたときによく足をぐねってしまい転んでしまったりバランスを崩してしまうことがとても多いです。

スポンサードリンク

関連記事

背中のかゆみはあせもだと思っていたらまさかの・・・

30代主婦です。私が25歳のとき、帯状疱疹にかかったときの体験談です。 当時は仕事を変わって忙しく

記事を読む

【身内全員で看取る】自宅で最期を迎えた認知症の祖父の介護の体験談

認知症の祖父がいました。 夜中にいきなり起きて徘徊、昼間も1人にすると何処かへ行ってしまいます。

記事を読む

はじめての訪問介護で食事作りに失敗!利用者さんが私に言った一言が・・・

高卒で正社員、介護の仕事に就きました。 特に人の役に立ちたいとか実践経験を積みながらスキルアップな

記事を読む

【薬の効果なし】突然の痙攣から乗り越えてきた壁の数々

約5年前の話ですが、今も通院して薬を飲んでいます。 5年前の5月下旬に食欲が落ちたり様々な症状があ

記事を読む

【不思議の国のアリス症候群】小学生のころから悩まされているある症状について

30代女性です。小学校の頃から片頭痛に悩まされています。 父親も片頭痛もちですので、遺伝かと思われ

記事を読む

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

【悲惨】スノーボードでの事故による打ち身で陰部に激痛が走り・・・

私が体験したケガは、珍しいケースだとは思いますが、「外陰部血腫」と診断書には書かれていました。 外

記事を読む

【やりがい】介護士の仕事について現役ワーカーが語ってみた。

私は高校卒業して祖父の死をきっかけに介護士の道へ進みました。 最初は資格を持っていなくても介護

記事を読む

急にお腹がポッコリしたなと思ったら・・・子宮筋腫で開腹手術

10年前より子宮筋腫があり、先日子宮全摘の開腹手術をしました。 初めて子宮筋腫が見つかった時はまだ

記事を読む

【緊急入院】2歳の愛娘を襲った川崎病の症状と治療の体験談

今から2年前、当時2歳半の娘が川崎病を発症し入院しました。 川崎病は、原因不明の病で主に0歳か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自分でできる】肩こり腰痛改善に効果抜群の方法がこちら

学生と言う最も自由な期間を終えて主婦や就職して会社に勤める人、あるいは

異常にコレステロール値が高い理由が判明して驚愕!今までなんだったの・・・?

私の旦那さんは、20代後半の標準体型のお酒を飲まない人です。 その旦

トコちゃんベルトの効果がすごすぎ!産後の開いた骨盤の痛みにも効果絶大

私は元々中学時代の部活時に腰痛を経験しています。 病名で言うと椎間板

めまい・耳鳴りほかあらゆる体の不調を改善してくれるたった一つの方法

私は、心身症になりそれから目眩やパニック障害、胃腸炎、耳鳴りとさまざま

【寝るのが怖い】不眠症を解消するために私が試してみたこと

私は昔からストレスを感じやすい体質で、なにかストレスを感じると、とても

→もっと見る

PAGE TOP ↑