足首の捻挫で腫れが引かない!3日後に試合を控えた私がとった行動は・・・

公開日: : 最終更新日:2017/03/22 介護・医療


私は今大学4年生の女性です。
高校2年生の時、体育の授業でハードルを行っていたのですが着地を誤り右足首を捻挫してしまいました。捻挫したのがハードルのテストの直前練習だったため、無理をしてハードルのテストを受けました。
授業が終わった時には地面に足をついて歩くことができずに、片足ではねながら体育館に戻りました。体育館に戻り靴を脱ぐと、足首は真っ赤に腫れていてとても上靴をはける状態ではなかったためスリッパを履き1日を過ごしました。

SPONSORED LINK

診断結果は重い捻挫

その日は病院の診療に間に合わなかったため、所属するソフトボール部の練習に足を使わずに行うことが可能なメニューだけ参加しました。

足は極力、氷水や保冷剤で冷やすようにしていました。
自宅に戻りお風呂の中でお湯でマッサージし寝る前にはシップを貼り就寝しました。

次の日も足の腫れが引かず痛みもほとんど引いていなかったため、市内の総合病院の整形外科を受診しました。
もしかしたら骨折や靭帯損傷の恐れもあったためレントゲンなどの検査を行いました。

結果は少し重い捻挫でした。

医師の注意を振り切って、部活を優先するも・・・

医師からは絶対安静と言われましたが、ちょうど3日後にソフトボールの全道大会が控えており自分は正捕手で人数も9人ピッタリの状態だったため大会に出場しなければなりませんでした。

SPONSORED LINK

当時は病院にもいかず無理やり試合に出ようとしましたが、両親に連れられしぶしぶ病院に行きました。

担当医にもどうしても大会に出なければならないため、どうにかして大会に出たいという話をし薬用湿布と痛み止めを処方してもらいました。

ただ、大会までの練習は極力無理をしないようにと厳重に注意を受けた上での痛み止めの処方でした。

痛み止めを使い無事に大会に出場しましたが、無理をしたこともあり足の痛みが全くなくなるまでには3週間近くかかりました。
大会が終わり完治するまでの間は、自転車通学もできず大好きな体育の時間も見学ばかりでとても辛かったです。

無理を重ねると捻挫癖がついてしまうことも・・・

また、整形外科を受診したときに以前から歩いたり走ったり運動をするととても疲れやすいという話をしたところレントゲン写真を見せて教えていただいたのですが、私の足はかなりひどい偏平足であることがわかりました。

また両足の内側のあたりの骨が1本ずつ多く、骨の名前はアクセサリーというようです。
以前から靴を履いた後、足の内側が赤くなる現象があったのですが原因はそれだったようです。ただ、あっても赤くなる程度で何も問題はないそうです。

また、捻挫から5年たった今でも右足首には捻挫癖が残ってしまい、野球の走塁を行うときや少しヒールのある靴を履いたときによく足をぐねってしまい転んでしまったりバランスを崩してしまうことがとても多いです。

スポンサードリンク

関連記事

急にお腹がポッコリしたなと思ったら・・・子宮筋腫で開腹手術

10年前より子宮筋腫があり、先日子宮全摘の開腹手術をしました。 初めて子宮筋腫が見つかった時はまだ

記事を読む

【絶対安静】突然襲われた胸の痛み!縦隔気腫で入院した体験談

突然、喉元から胸にかけて痛みがでました。 夕方から痛みが出始め、次の日の朝になっても痛みが取れませ

記事を読む

一人暮らしの祖母が老健に入所するまでの出来事を振り返って

祖母は、祖父に先立たれて一人暮らしをしてました。 祖父に先立たれる前は家事も一人前にしてました。

記事を読む

【娘に助けられた命】出産後の目の違和感の原因を検査してみたらまさかの・・・・

妊娠36週6日の夜、陣痛が来てしまい、慌てて準備をして産院に夫の運転する車で向かいました。 もとも

記事を読む

チョコレート嚢胞がエコー検査で発覚!私の結婚・出産どうなっちゃうの?!

子宮内膜症になった時の話です。 10月頃、買い物をしていたら今までに感じた事のない「ズキッ」っとし

記事を読む

「どこ見ているの?」外斜視で恥ずかしい思いをしてきましたが手術で治しました。

私は物心がついた時に気になっていることがありました。それは外斜視です。 他人が見てもわかる程の斜視

記事を読む

【涙腺崩壊】大学受験を控えた高校生が祖父の介護をしていた話

30年前、高校生の時に祖母と母と一緒に祖父の介護をしました。 私が高校3年の春、一駅向こうに住

記事を読む

【終わりが見えない】38歳からの不妊治療は考えが甘かったです。

ケガや病気とは少し違いますが、病院に通院しています。不妊治療です。 私たち夫婦は結婚が少し遅く、主

記事を読む

【胸糞】祖母を自宅介護し、見送りました。無知を後悔しています。

幼稚園児の頃、母が子供3人を引き取って実家に帰り、祖父母と同居が始まりました。 調停をしたにも関わ

記事を読む

「もうこりごり」アキレス腱断裂の手術は予後がすごく大変だった!

一昨年の5月のことです。 誕生日の前日、バレー大会に参加しているときのこと。 2ゲーム目に入った

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

男を見返すために決心!75キロからのダイエットを成功させた方法とは?

私は幼児の頃から祖父母の側で生活していた為、幸せな事に好きなものを好き

出来る努力はなんでもやってみる!私の下半身太り対策方法!

かれこれ下半身太りの悩みは高校生からで、実際の体重より太って見られるの

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

→もっと見る

PAGE TOP ↑