踊りを見ているだけなのにYOSAKOIソーラン祭りで感涙してしまう理由。

公開日: : 最終更新日:2017/03/16 観光・お祭り


SPONSORED LINK

私がYOSAKOIソーランを初めて見たのは、中学生のときに地元のお祭りにYOSAKOIソーランのトップチームが招待されて、その時に初めて踊りを目の前で見て衝撃をうけました。

最初は北海道の中でも小さいイベントのような感じでしたが、最近では札幌雪まつりと肩を並べるくらいの北海道の中でも大きなイベントです。

今となっては世界級!YOSAKOIソーラン祭りの魅力

毎年6月に一週間くらい祭りが開催されて、日本全国にとどまらず、海外からも参加している壮大な祭りです。

地元のお祭りや近隣の町にもYOSAKOIチームが招待されて必ず見に行ってましたが、やはり6月の札幌での大迫力の踊りを見たいと思いまして、ついにその念願かなって見に行くことができました。

YOSAKOIチームの数の多さにも驚きですが、その観衆の多さにはもっと驚きました。
最終日のステージでの選ばれた10チームほどの踊りでは、チケットが売られていますが、早く購入しようとしても、あっという間に売り切れてしまいます。

美しい衣装、夜のライトアップにも注目

各チームがそれぞれの個性を生かした踊りは圧巻ですが、様々な衣装もとても綺麗で、衣装を見るのも大きな楽しみです。

SPONSORED LINK

YOSAKOIの大きな魅力は、小さい子どもからお年寄りまで楽しむことのできるところだと思いますが、極めようと思ったら本当にまだまだ無限の可能性があるお祭りだと思います。

日中の踊りももちろん素敵ですが、夜のライトアップされているなかでの踊りは本当に幻想的で一生忘れることのできないものになると思います。

お気にいりのチームを見つければ、より深く楽しめます!

ただ漠然とYOSAKOIソーランを見るのも良いかもしれませんが、札幌の広範囲で踊りが行われますので、前もって評判の良いチームや自分が見てみたいなと思うチームをリストアップして、計画的に見に行くことも強くオススメします。

漠然と見に行っても観客も物凄い多いので中々すんなりとは移動できませんので、ある程度しぼって見たいチームを見るのもYOSAKOIをより楽しむ秘訣だと思います。

このYOSAKOIでは大賞、準大賞などの様々な賞があって、どのチームも大賞を取れるように毎日練習していると思いますので、最後に大賞が発表された瞬間の踊り子さんの涙には、こちらまで目頭が熱くなりますし、自分も頑張ろうという強い気持ちにいつもなることができます。

見るのももちろん感動しますが、また当日に一般参加もできますので、踊り子としてYOSAKOIソーランに参加してみたら、より祭りと一体になれて感動がますかもしれません。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

2016 目黒川イルミネーションを船でクルーズ! 見所の場所や時間

段々と寒くなってきて冬が近づいてきました。 北海道などでは雪が積もっている所もあるようですが、

記事を読む

【朗報】地元民も絶賛!川越祭りのグルメが楽しみすぎる件

毎年10月中旬になると開催される川越祭り。 真夏が過ぎ去った後の新秋の風物詩となっており、市民は勿

記事を読む

【約1キロ】福岡県直方市の花火大会はナイアガラの滝がお見事!

毎年7月下旬に行われる直方市の花火大会では、約1キロにも及ぶナイアガラの仕掛け花火が有名です。 遠

記事を読む

【起源740年】喜多見氷川神社節分祭の鬼問答がすごい「これぞ伝統」

東京都世田谷区、喜多見氷川神社は、小田急小田原線「成城学園前」駅からタクシーで10分ほどののどかな住

記事を読む

2016年養老渓谷の紅葉はデートに最適!混雑状況&見頃時期まとめ

夏も終わり、中秋の名月も過ぎ、もうすぐ10月になります。今年は台風が多いせいか、例年より寒くなる

記事を読む

【一見の価値あり】越中富山のお祭りおわら風の盆とは?異色の夏祭りに酔う!

しっとり、幻想的・・・ 一言で言えばそんなセリフが似合う異色のお祭りが「おわら風の盆」です。

記事を読む

東京~大阪は新幹線で!新幹線で格安で大阪に行く方法とは?

東京~大阪は新幹線で!新幹線で格安で大阪に行く方法とは? 東京~大阪間を新幹線で移

記事を読む

2016東福寺の紅葉はデートに最適!見ごろ時期や混雑状況のまとめ

さて、そろそろ夏も終わり本格的な季節の変わり目となってきました。秋になり寒くなってきたなと思うと

記事を読む

2016年はとバス東京観光おすすめコース一覧!鎌倉・築地市場・日光へ日帰り旅

2016年はとバス東京観光コース一覧!休みがなくても日帰りで行ける旅の魅力 はとバ

記事を読む

【男の戦い】新潟県阿賀野市水原の灯籠来舞がカッコいい!

私は今現在埼玉県に在住している専業主婦ですが、産まれ故郷が新潟県です。 新潟県は昔から長岡や、片貝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑