【やりがい】介護士の仕事について現役ワーカーが語ってみた。

公開日: : 最終更新日:2017/04/21 介護・医療


私は高校卒業して祖父の死をきっかけに介護士の道へ進みました。

最初は資格を持っていなくても介護が出来る所を選びスタートしましたが、自分が想像していた以上に身体を使い仕事中は永遠と動いている状態です。
排泄を見ると自分の食事が食べれなくなったり身体を痛めたり投げ出したくなるような毎日でした。

SPONSORED LINK

介護の責任感と、やりがいを感じた日々

しかし続けて行くうちに介護する事に慣れ患者さんや利用者さんともきちんとコミュニケーションが取れるようにもなり、辛かった介護がいつしかやりがいに変わっていきました。

介護士の仕事は基本的に排泄・入浴・食事・介助・移動介助・体位交換・レクリエーション・その他雑務などやる事は沢山あります。
食事介助の時はどうしたら少しでも食べてくれるか飲んでくれるか試行錯誤してやっていたり、入浴介助はただ入浴させるだけじゃなく気持ちを込めて洗ったり、入浴できない方には清拭を丁寧に寒くないようにと、色々考えながら動いてます。

レクリエーションでは楽しめるように何をしようか考えたり、リハビリが混ざった様なことをしたり、体操したり歌を歌ったりします。
移動も間違ったやり方をすれば腰をすぐに痛めます。

やりがいはあるけど重く言えば命の重さも感じます。

SPONSORED LINK

知識より、現場で、自分の身体に適した方法を身に着けたい

重度の認知症の介護は更に精神的にもきます。
否定もできない、病院と違って拘束もできない、暴力暴言など当たり前です。

ふとした瞬間にスイッチが入り人格が変わったりします。
私は介護の仕事を続けながら資格を取り全てを1から学びましたが、移動の介助など自分の身体にあったやり方でいいと思います。

一番は自分の身体を守ることです。

資格はあってもないようなものだと実感してます。
資格で学んだ通りに介護はできません。

どうしても力がいる仕事なので実践していかに自分に身につけるか、コツを掴んだりテコを利用したり、歩ける人・車椅子の人・寝たきりの人・様々なので相手と自分がより安全に動けるように考えます。

職場の雰囲気選びも大事。自分も明るく輝ける職場を見つけよう!

転職もしましたが雰囲気の良い所や仲間同士明るい所を選ぶようにしています。
実際に見学に行き、どんな場所で、どんな雰囲気で、働いてる人はどんな感じの人達なのか、患者さんや利用者さんの重症度はどのくらいなのかなどもチェックします。

雰囲気が良い場所だと自然と患者さんや利用者さんも明るくなります。
毎日コミュニケーションを取るうちに自分が来るのを楽しみにして待っててくれる方や、どんなに寝たきりの方でも元気よく顔をよく見て挨拶をし声掛けすることも、とても大事な介護の一つだと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

【介護士は大変】その通りだけど、そのぶんやり甲斐のある仕事

みなさんの想像どおり忍耐と体力が必要な仕事で、介護士は大変な思いや苦しかったりしんどかったりする仕事

記事を読む

足首をひねっただけで靭帯損傷?ギプス生活の辛さがとんでもない

わたしは20歳の頃に靴をちゃんと履かずに足をひねり、そのまま足首の靭帯の損傷をしてしまいました。

記事を読む

【涙】統合失調症とうつの私に医師が言った一言がヤバイ

私の場合、うつ病から始まり、今は統合失調症の治療中なのですが...はじめは突然、夜眠れず朝も起きられ

記事を読む

【朗報】介護福祉士の働き方の実態は?意外に選択肢は多い?

私は18の時に介護福祉士を取得しました。 福祉系の高校に通っていたので、介護福祉士を目指して勉強を

記事を読む

【悲惨】スノーボードでの事故による打ち身で陰部に激痛が走り・・・

私が体験したケガは、珍しいケースだとは思いますが、「外陰部血腫」と診断書には書かれていました。 外

記事を読む

足首の捻挫で腫れが引かない!3日後に試合を控えた私がとった行動は・・・

私は今大学4年生の女性です。 高校2年生の時、体育の授業でハードルを行っていたのですが着地を誤り右

記事を読む

【娘に助けられた命】出産後の目の違和感の原因を検査してみたらまさかの・・・・

妊娠36週6日の夜、陣痛が来てしまい、慌てて準備をして産院に夫の運転する車で向かいました。 もとも

記事を読む

父の脳梗塞からの介護生活は短かったけれど忘れられません

私は、2009年の春から夏にかけての三ヶ月間、父親を介護しました。 父は当時68歳で、10年以上う

記事を読む

【腰痛・脚のしびれ】ヘルニアを手術しないで治した私の治療体験談

2016年夏頃、腰の痛みと右の太腿の裏からふくらはぎ辺りまでの痺れが出て、かかりつけの整形外科に受診

記事を読む

背中のかゆみはあせもだと思っていたらまさかの・・・

30代主婦です。私が25歳のとき、帯状疱疹にかかったときの体験談です。 当時は仕事を変わって忙しく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

【背中むちむち】二の腕と背中の部分痩せに!1回5分で効果抜群の方法

都内に住む30代主婦です。背中と二の腕についてです。 背中や二の

【半年で5キロ減!】10キロ太ったわたしのダイエット成功術

ここ数年で約10kgほど増えてしまいました。 そして一年前に、とにか

→もっと見る

PAGE TOP ↑