夜も眠れないほど・・・抱っこ紐が引き起こす肩こりを軽減する方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/27 美容・健康


30代女性、一児の母です。
これは、今から5年ほど前、私がまだ幼かった息子のお世話をしていた時期に抱えていた健康の悩みの体験談になります。

息子は、生まれたときからとても手の掛かる子供でした。
一度泣き出すとなかなか泣き止まず、夜も全然寝付いてくれないのです。
そのため、私はいつも、抱っこ紐を装着して息子を抱っこしながら外出したり、家事をしたり、長時間かけて寝かし付けをしたりしておりました。

赤ちゃんは予期せぬ動きをしたり、かんしゃくを起こして暴れだしたりするので、素手で抱っこすると落としてしまう恐れがあります。
その点、自分の体に赤ちゃんを固定することができ、しかも両手が空いて作業をすることもできるので、抱っこ紐はとても便利に感じて愛用しておりました。

しかしこの抱っこ紐の使用が、私の体にさまざまな悩みを引き起こすこととなったのです。

SPONSORED LINK

抱っこ紐で肩こりが・・・腰ベルトで腰痛が・・・

まず、一番困っていたのは、肩こりです。

私の使用していた抱っこ紐は、クッション性のある肩紐を両肩に掛けて赤ちゃんを支えるタイプでした。
紐の部分はフカフカしているので、肩に直接食い込むようなことはありません。
しかし、長時間の利用によって、肩に少しずつ掛かった負荷が蓄積して、肩こりを引き起こしていたのでしょう。
赤ちゃんを抱っこから下ろしても、肩の筋肉が凝り固まってしまい、鈍い痛みが持続したり、肩を動かそうとしてもうまく動かすことができないような状態でした。

SPONSORED LINK

そして、おそらく肩の負担を軽減するためだと思いますが、抱っこ紐には腰ベルトもついておりました。
赤ちゃんの体重が軽いうちは気にならなかったのですが、成長につれて腰にまで痛みが及ぶようになってしまったのです。

抱っこ紐は連続使用を避け、細やかな調整を!

肩こりと腰痛に困り果て、夜もそれらの痛みによって十分に熟睡できない日々が続きました。このままではいけないと思い、対策を立てました。

まず第一に、抱っこ紐の連続使用時間を少しでも短くするよう心がけました。
赤ちゃんの機嫌がいいときはベビーカーも併用して、肩や腰を休める時間を積極的に設けるように努めたのです。
そして、やむを得ず抱っこ紐を使用する機会も多くありましたので、その際に少しでも体に負担が掛からないよう、抱っこ紐をこまめに調節するようにしました。

赤ちゃんの体の大きさや重さによって、それまでフィットしていた長さでは合わなくなるタイミングが出てくるので、そういう時は、肩紐や腰ベルトの調節を細かく行って、赤ちゃんと自分がしっかり密着するように整えました。

以上の対策により、肩こりと腰痛は徐々に解消されていきました。
子育て中のほんの短い期間ではありますが、深刻な悩みでしたので、同じような状況のお母さん達の参考になればと思います。

スポンサードリンク

関連記事

【産後に発症】ストレートネックの怖い症状!私の治療体験談

私は今現在31歳の専業主婦ですが、2歳の娘をおんぶしたり、抱っこする機会が多く、『慢性肩こり』です。

記事を読む

春にぜひ食べたいデトックスに効果的な食材とは?

本能的に人間の体は寒い冬に耐えるために、 冬のあいだは食べたものをため込む傾向にある。

記事を読む

【きなりサプリ】dha epa/ナットウキナーゼで血液サラサラ!高血圧の予防に効果的で簡単な方法!

若い頃は健康が当たり前だと思っており「自分は健康」だと変な自信があったのですが、40代に入ると毎年の

記事を読む

めんどくさがり屋がダイエットで成功、20キロ痩せた方法を大公開!

年々体重が増え、ついに75キロまでいってしまったある日のことです。 幼馴染の男性から、デブだのデカ

記事を読む

腰痛の予防と改善に!誰でもお金をかけずにできて効果抜群の方法

私が抱えている健康の悩みは腰痛です。 元々腰痛持ちではなかったのですが、今から4年前、単発派遣業と

記事を読む

治らない!乾燥肌で敏感肌になってしまう意外な原因

私は最近とても敏感肌で困っています。 20代越えるまでは、どちらかというと汗をよくかくせいもあり、

記事を読む

妊娠中の貧血が産後も続く・・・生理も重くなり辛いです

妊娠中に貧血と診断されました。 めまいなどの自覚症状はなかったのですが、妊婦健診時の数値が貧血の値

記事を読む

常位胎盤早期剥離の産後の症状がつらすぎた体験談

私は今現在31歳の二児の子供をもつ専業主婦ですが、二人目の出産時に緊急手術をしての出産でした。 原

記事を読む

【放置は危険】ヘモグロビン値7の貧血を改善できた体験談

20代のころからずっと貧血に悩まされてきました。 献血に行っても貧血があるのでできないといわれたり

記事を読む

30年の経験からニキビケア化粧品の絶対的おすすめはこれです!

10代の頃私にはニキビという物には無縁の健康そのもののピチピチとした肌をしていました。 それが高校

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

無理しないのがイチバン!私の美肌作りの秘訣を教えます。

29歳女性です。私はそれほど自慢できるような美肌の持ち主でも、年齢不詳

産後の巨大化!出産後に体重が増えた悲惨なママのダイエット計画

若い頃は下半身に付くお肉が多少気になるものの、ダイエットとは無縁の人生

→もっと見る

PAGE TOP ↑