目の下のクマをとる方法/自分でできるセルフチェック!&マサージ【ためしてガッテン】

公開日: : 美容・健康


「どこか具合が悪いの?」「疲れているんじゃない?」などと言われて鏡を見ると、目の下にクマができていることがあります。
NHKの「ためしてガッテン」でも紹介された「目の下のクマをとる方法」について、お伝えしますね。

目の下のクマをセルフチェック

目の周囲や瞼(まぶた)の皮膚は、他の部分の皮膚より薄くできています。特に、目の下の皮膚は0.6mmほどの厚さで、卵の薄皮のようなものです。そのため、クマができやすくなります。

目の下のクマには、①青クマ ②茶クマ ③黒クマ の3種類があります。
クマの種類によって原因が違います。

1 青クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張ると、青みが少し薄くなります。

20代30代でも生じるクマです。血行不良により血液中の酸素が不足すると、血液中のヘモグロビンが暗赤色になります。目の下の皮膚は薄いので、その色が透けて青黒く見えます。
過労・睡眠不足・ストレス・低体温・スマホやパソコンによる目の酷使・ドライアイなどが原因で、血液の流れが悪くなり、青クマができます。

2 茶クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張っても、色の変化がなく茶色のままです。

目の下の皮膚にメラニン色素が沈着すると、茶色のクマができます。目の下の皮膚は薄いので、色素沈着が目立ちます。
目をこすったり、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れたりすると、茶クマができます。

3 黒クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張ると、クマが消えます。

加齢により顔の肌にたるみが生じます。目の下の皮膚はとても薄いのでたるみやむくみが生じやすく、目の下に影ができます。これが黒クマです。
加齢とともに皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸が減少するので、皮膚や筋肉が痩せて、たるみやすくなるのです。

目の下のクマをとる方法

目の下のクマには、血行不良と皮膚の乾燥が大きく関係しています。

血液の流れを良くすれば、皮膚の新陳代謝を促し、皮膚細胞を活性化できます。
十分に保湿することで、皮膚の新陳代謝を整え、たるみを改善します。

目の下の皮膚を温めたり、マッサージしたりすると、血行が良くなります。
「ためしてガッテン」では、クマの部分に温かいシャワーをしばらく当てる方法を紹介しています。蒸しタオルを当てて温めても、同じ効果があります。

SPONSORED LINK


夜、寝る前には、目の周囲をマッサージします。強くこすりすぎないように注意しながら、瞼の縁を2~3周します。ホホバオイルなど肌に合うオイルを使うといいようです。

「ためしてガッテン」では、冷やした紅茶のティーバッグを目の上に載せる
ことを勧めています。紅茶のカフェインやタンニンには、抗酸化作用があるので、皮膚の再生を促します。
血行を良くすることを考えると、冷やさず、温かいままのティーバッグを使用する方がいいでしょう。

皮膚の新陳代謝や再生を促すためには、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿
効果の高い成分が入った化粧水・クリーム・美容液を使うようにします。特にアイクリームは保湿効果と美白効果の高いものがオススメです。

目の周囲を強くこすると、色素が沈着しやすくなります。洗顔する時は、ク
レンジングオイルなどで優しく洗い、よくすすぐようにします。

身体を冷やさないようにして、眠る前には、ゆっくりお風呂に入って全身を
温めます。血行が良くなります。

睡眠不足やストレス、眼の酷使は血行を悪くします。良質の睡眠を十分にと
り、適度に休み、軽い運動をするようにします。

目のクマは病気が原因?

病気のせいで、目の下にクマができることがあります。

鉄欠乏性貧血や肝臓疾患・腎臓疾患を発症すると、血流が滞り、青クマができやすくなります。

若いのに黒クマができるのは、バセドウ病で眼球が前にせり出したためかもしれません。

アトピー性皮膚炎などでは、色素沈着による茶クマができやすくなります。

目の下のクマができる病気は、他にもいろいろあります。なかなか改善しない時は、お医者さんに相談することをオススメします。

まとめ 目の下のクマをとる方法は3つです。

目の下のクマをとる方法は、基本的には3つです。
1 血行を良くする
2 保湿効果の高い化粧水・クリーム・アイクリームを使う
3 目の周りを強くこすらない

スポンサードリンク

関連記事

ダイエット停滞期に逆に体重が増えるのは何故?対策は?

この記事を読んでくれている皆さんは今までに一度ならずあるいは何度でもダイエットに失敗した事がある

記事を読む

寝起きの喉の痛み対策で嬉しい誤算♪マスクの効果がすごすぎた

30代前半女性、一児の母です。これは、私が抱えていた健康の悩み「起床時の喉の痛み」と、その解決策の体

記事を読む

子供の花粉症対策は絶対に乳酸菌を使うのがおすすめの理由

今年もそろそろ花粉の季節がやってくる。 早い人は花粉症の症状が徐々に出始めているのでは?

記事を読む

骨ホルモン(オステオカルシン)とは?血糖値が下がる認知機能が上がる簡単な運動

骨は、ヒトの身体を支えたり、臓器を護ったり、血液を産生したりする組織です。 骨がスカスカになる

記事を読む

夜も眠れないほど・・・抱っこ紐が引き起こす肩こりを軽減する方法

30代女性、一児の母です。 これは、今から5年ほど前、私がまだ幼かった息子のお世話をしていた時期に

記事を読む

500円玉ハゲに泣く!円形脱毛症女性の治療の終わりが見えない辛さ

30代女性です。 20歳ころから三年に一回「円形脱毛症」に悩まされています。 最初は抜け毛が

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト?腸内環境に乳酸菌が効果的ってほんと?

昔、知り合いのおじいさんが突然花粉症になった。 そのちょっとおもしろいおじいさんが自力で2か月で花

記事を読む

超カンタン♪毛穴にファンデーションがつまる人のための正しいスキンケア方法

私は、学生の時から肌に油分が多いせいか周りの友達に比べて頻繁にニギビが出来ていました。それが嫌で嫌で

記事を読む

意外な組み合わせ!生姜ココアの便秘解消効果がすごすぎる

今年はココアにショウガを加えた生姜ココアがダイエットに良いと話題ですが、私は数年前から便秘にいいと聞

記事を読む

めんどくさがりやでもできた!ダイエットで20キロ痩せた方法を大公開!

年々体重が増え、ついに75キロまでいってしまったある日のことです。 幼馴染の男性から、デブだのデカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自分でできる】肩こり腰痛改善に効果抜群の方法がこちら

学生と言う最も自由な期間を終えて主婦や就職して会社に勤める人、あるいは

異常にコレステロール値が高い理由が判明して驚愕!今までなんだったの・・・?

私の旦那さんは、20代後半の標準体型のお酒を飲まない人です。 その旦

トコちゃんベルトの効果がすごすぎ!産後の開いた骨盤の痛みにも効果絶大

私は元々中学時代の部活時に腰痛を経験しています。 病名で言うと椎間板

めまい・耳鳴りほかあらゆる体の不調を改善してくれるたった一つの方法

私は、心身症になりそれから目眩やパニック障害、胃腸炎、耳鳴りとさまざま

【寝るのが怖い】不眠症を解消するために私が試してみたこと

私は昔からストレスを感じやすい体質で、なにかストレスを感じると、とても

→もっと見る

PAGE TOP ↑