目の下のクマをとる方法/自分でできるセルフチェック!&マサージ【ためしてガッテン】

公開日: : 美容・健康


「どこか具合が悪いの?」「疲れているんじゃない?」などと言われて鏡を見ると、目の下にクマができていることがあります。
NHKの「ためしてガッテン」でも紹介された「目の下のクマをとる方法」について、お伝えしますね。

目の下のクマをセルフチェック

目の周囲や瞼(まぶた)の皮膚は、他の部分の皮膚より薄くできています。特に、目の下の皮膚は0.6mmほどの厚さで、卵の薄皮のようなものです。そのため、クマができやすくなります。

目の下のクマには、①青クマ ②茶クマ ③黒クマ の3種類があります。
クマの種類によって原因が違います。

1 青クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張ると、青みが少し薄くなります。

20代30代でも生じるクマです。血行不良により血液中の酸素が不足すると、血液中のヘモグロビンが暗赤色になります。目の下の皮膚は薄いので、その色が透けて青黒く見えます。
過労・睡眠不足・ストレス・低体温・スマホやパソコンによる目の酷使・ドライアイなどが原因で、血液の流れが悪くなり、青クマができます。

2 茶クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張っても、色の変化がなく茶色のままです。

目の下の皮膚にメラニン色素が沈着すると、茶色のクマができます。目の下の皮膚は薄いので、色素沈着が目立ちます。
目をこすったり、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れたりすると、茶クマができます。

3 黒クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張ると、クマが消えます。

加齢により顔の肌にたるみが生じます。目の下の皮膚はとても薄いのでたるみやむくみが生じやすく、目の下に影ができます。これが黒クマです。
加齢とともに皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸が減少するので、皮膚や筋肉が痩せて、たるみやすくなるのです。

目の下のクマをとる方法

目の下のクマには、血行不良と皮膚の乾燥が大きく関係しています。

血液の流れを良くすれば、皮膚の新陳代謝を促し、皮膚細胞を活性化できます。
十分に保湿することで、皮膚の新陳代謝を整え、たるみを改善します。

目の下の皮膚を温めたり、マッサージしたりすると、血行が良くなります。
「ためしてガッテン」では、クマの部分に温かいシャワーをしばらく当てる方法を紹介しています。蒸しタオルを当てて温めても、同じ効果があります。

SPONSORED LINK


夜、寝る前には、目の周囲をマッサージします。強くこすりすぎないように注意しながら、瞼の縁を2~3周します。ホホバオイルなど肌に合うオイルを使うといいようです。

「ためしてガッテン」では、冷やした紅茶のティーバッグを目の上に載せる
ことを勧めています。紅茶のカフェインやタンニンには、抗酸化作用があるので、皮膚の再生を促します。
血行を良くすることを考えると、冷やさず、温かいままのティーバッグを使用する方がいいでしょう。

皮膚の新陳代謝や再生を促すためには、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿
効果の高い成分が入った化粧水・クリーム・美容液を使うようにします。特にアイクリームは保湿効果と美白効果の高いものがオススメです。

目の周囲を強くこすると、色素が沈着しやすくなります。洗顔する時は、ク
レンジングオイルなどで優しく洗い、よくすすぐようにします。

身体を冷やさないようにして、眠る前には、ゆっくりお風呂に入って全身を
温めます。血行が良くなります。

睡眠不足やストレス、眼の酷使は血行を悪くします。良質の睡眠を十分にと
り、適度に休み、軽い運動をするようにします。

目のクマは病気が原因?

病気のせいで、目の下にクマができることがあります。

鉄欠乏性貧血や肝臓疾患・腎臓疾患を発症すると、血流が滞り、青クマができやすくなります。

若いのに黒クマができるのは、バセドウ病で眼球が前にせり出したためかもしれません。

アトピー性皮膚炎などでは、色素沈着による茶クマができやすくなります。

目の下のクマができる病気は、他にもいろいろあります。なかなか改善しない時は、お医者さんに相談することをオススメします。

まとめ 目の下のクマをとる方法は3つです。

目の下のクマをとる方法は、基本的には3つです。
1 血行を良くする
2 保湿効果の高い化粧水・クリーム・アイクリームを使う
3 目の周りを強くこすらない

スポンサードリンク

関連記事

【血の海】貧血が治った思いがけない理由はある手術を受けたことでした。

私は50代ですが、若い時から月経時の出血がかなり多く貧血でHb値が10~11の鉄欠乏性貧血でした。(

記事を読む

厚着?重ね着?防寒対策にはどっちが効果的?

寒い日などにどうしても外出しなければならない!という時には、 どのような服を着ていくのが一番暖

記事を読む

中国人韓国人が爆買する日本の肩こり対策グッズが抜群に優秀だった件

歳とともに身体中がカチコチに固まり、痛みやこりを感じることが増えてきましたが、一年を通じて特に悩まさ

記事を読む

歯列矯正の相場金額は?ローンは組める?

歯列矯正は、外科矯正を除いて、健康保険が適用されません。 歯科医によっても、金額が違います。 歯

記事を読む

【シミウスジェルとヌーディクチュール】安くても効果的な使い方で肌荒れ予防に早めの対策!

以前は「ニキビできちゃった」「肌がカサカサ」というような症状がはっきり出てから皮膚科に行って、抗生物

記事を読む

【高血圧】降圧薬が効かない人に試してほしい、超カンタンな2つの方法

降圧薬が効かなくてごぼう茶を飲んでいます。 ごぼう茶は野菜のごぼうを煎じたお茶のことで、通販などで

記事を読む

【ベピオゲル体験談】ニキビ跡や毛穴の改善に本当に効果がある方法にやっと出会えました。

私は仕事を始めてから、顔の頬やおでこ、あごや眉間に、たくさんニキビができるようになりました。

記事を読む

男を見返すために決心!75キロからのダイエットを成功させた方法とは?

私は幼児の頃から祖父母の側で生活していた為、幸せな事に好きなものを好きなだけ食べて生活してきました。

記事を読む

【産後もフラフラ】妊娠してから貧血が治らない私が実践している対策方法

私は妊娠をきっかけに常に貧血に悩まされるようになってしまいました。 妊婦の頃は、貧血気味だから

記事を読む

【自分でできる】肩こり腰痛改善に効果抜群の方法がこちら

学生と言う最も自由な期間を終えて主婦や就職して会社に勤める人、あるいは独立し新生活を送っている人。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

男を見返すために決心!75キロからのダイエットを成功させた方法とは?

私は幼児の頃から祖父母の側で生活していた為、幸せな事に好きなものを好き

出来る努力はなんでもやってみる!私の下半身太り対策方法!

かれこれ下半身太りの悩みは高校生からで、実際の体重より太って見られるの

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代

【女のダイエット】太りやすい体質を変えるためにたどり着いた方法

私はもともと太りやすい体質で油断をするとすぐに太ります。 この体

「結婚指輪が入らない?!」ショックで産後太りを解消を決意したわたしのダイエット法

ダイエットとしようと思った時、まず始めに何をしますか? 運動か、食事

→もっと見る

PAGE TOP ↑