目の下のクマをとる方法/自分でできるセルフチェック!&マサージ【ためしてガッテン】

公開日: : 美容・健康


SPONSORED LINK

「どこか具合が悪いの?」「疲れているんじゃない?」などと言われて鏡を見ると、目の下にクマができていることがあります。
NHKの「ためしてガッテン」でも紹介された「目の下のクマをとる方法」について、お伝えしますね。

目の下のクマをセルフチェック

目の周囲や瞼(まぶた)の皮膚は、他の部分の皮膚より薄くできています。特に、目の下の皮膚は0.6mmほどの厚さで、卵の薄皮のようなものです。そのため、クマができやすくなります。

目の下のクマには、①青クマ ②茶クマ ③黒クマ の3種類があります。
クマの種類によって原因が違います。

1 青クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張ると、青みが少し薄くなります。

20代30代でも生じるクマです。血行不良により血液中の酸素が不足すると、血液中のヘモグロビンが暗赤色になります。目の下の皮膚は薄いので、その色が透けて青黒く見えます。
過労・睡眠不足・ストレス・低体温・スマホやパソコンによる目の酷使・ドライアイなどが原因で、血液の流れが悪くなり、青クマができます。

2 茶クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張っても、色の変化がなく茶色のままです。

目の下の皮膚にメラニン色素が沈着すると、茶色のクマができます。目の下の皮膚は薄いので、色素沈着が目立ちます。
目をこすったり、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れたりすると、茶クマができます。

3 黒クマ
目の下の皮膚を目尻の方向に引っ張ると、クマが消えます。

加齢により顔の肌にたるみが生じます。目の下の皮膚はとても薄いのでたるみやむくみが生じやすく、目の下に影ができます。これが黒クマです。
加齢とともに皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸が減少するので、皮膚や筋肉が痩せて、たるみやすくなるのです。

目の下のクマをとる方法

目の下のクマには、血行不良と皮膚の乾燥が大きく関係しています。

血液の流れを良くすれば、皮膚の新陳代謝を促し、皮膚細胞を活性化できます。
十分に保湿することで、皮膚の新陳代謝を整え、たるみを改善します。

目の下の皮膚を温めたり、マッサージしたりすると、血行が良くなります。
「ためしてガッテン」では、クマの部分に温かいシャワーをしばらく当てる方法を紹介しています。蒸しタオルを当てて温めても、同じ効果があります。

SPONSORED LINK


夜、寝る前には、目の周囲をマッサージします。強くこすりすぎないように注意しながら、瞼の縁を2~3周します。ホホバオイルなど肌に合うオイルを使うといいようです。

「ためしてガッテン」では、冷やした紅茶のティーバッグを目の上に載せる
ことを勧めています。紅茶のカフェインやタンニンには、抗酸化作用があるので、皮膚の再生を促します。
血行を良くすることを考えると、冷やさず、温かいままのティーバッグを使用する方がいいでしょう。

皮膚の新陳代謝や再生を促すためには、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿
効果の高い成分が入った化粧水・クリーム・美容液を使うようにします。特にアイクリームは保湿効果と美白効果の高いものがオススメです。

目の周囲を強くこすると、色素が沈着しやすくなります。洗顔する時は、ク
レンジングオイルなどで優しく洗い、よくすすぐようにします。

身体を冷やさないようにして、眠る前には、ゆっくりお風呂に入って全身を
温めます。血行が良くなります。

睡眠不足やストレス、眼の酷使は血行を悪くします。良質の睡眠を十分にと
り、適度に休み、軽い運動をするようにします。

目のクマは病気が原因?

病気のせいで、目の下にクマができることがあります。

鉄欠乏性貧血や肝臓疾患・腎臓疾患を発症すると、血流が滞り、青クマができやすくなります。

若いのに黒クマができるのは、バセドウ病で眼球が前にせり出したためかもしれません。

アトピー性皮膚炎などでは、色素沈着による茶クマができやすくなります。

目の下のクマができる病気は、他にもいろいろあります。なかなか改善しない時は、お医者さんに相談することをオススメします。

まとめ 目の下のクマをとる方法は3つです。

目の下のクマをとる方法は、基本的には3つです。
1 血行を良くする
2 保湿効果の高い化粧水・クリーム・アイクリームを使う
3 目の周りを強くこすらない

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

湿布はもういらない!足指パッドをつけると腰痛が改善できるらしい?

もともとは腰痛はあまり感じないタイプでした。 ですが、出産後、子供を抱っこし続けたり、おんぶで歩き

記事を読む

【悲報】100キロ超えから50キロ以上のダイエットに成功した女の末路

私は50キロ以上のダイエットを成功させた体験があります。 20代前半に体重が100キロ越えまし

記事を読む

子供も悩まされる花粉症の頭痛の解決策

最近では子供の花粉症増加傾向にあります。 子供であっても花粉症は発症してしまうのです。

記事を読む

たった2つでOK!肩こりと頭痛や吐き気がする人のための解消法

私は肩こりに悩まされています。 パソコンやスマートフォンを常に触っているのでそのせいでもあるとは思

記事を読む

デブ化を食い止めろ!40代専業主婦のダイエットの秘訣は?

私は40代の専業主婦、2児の母です。 最近の悩みを聞いてください。 30代は少し運動しただけ

記事を読む

30年の経験からニキビケア化粧品の絶対的おすすめはこれです!

10代の頃私にはニキビという物には無縁の健康そのもののピチピチとした肌をしていました。 それが高校

記事を読む

【ハトムギ化粧水とニベア青缶】毛穴対策はプチプラコスメでもできる!最強の組み合わせがこちら

私は混合肌なため水分量が少なく、水分量が少ない事が原因でお化粧をしていても乾燥から凄く脂が浮いてきて

記事を読む

【依存症】ダイエットしすぎて生理が止まり産婦人科で治療(汗)

私は小学校高学年の頃からずっと体型を気にしています。 特に私は下半身太りがすごく、顔が小さいので、

記事を読む

アマニ油ダイエットで痩せる?授乳後の三十路を過ぎたらこの方法で!

妊娠しても五キロ程度しか太らなかったのですが、授乳が終わっても同じように食べていたら、あっという間に

記事を読む

玄米カイロ/整体/スイミング/ストレッチ!肩こりの対策法で効果が合ったこと4つ

私は30代の主婦です。 幼児を持つ母親であり、パートでオフィスワークをしています。 毎日パソコン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑