湿度が高くなると髪がうねりがちなショートヘアのための3つの解消方法

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 梅雨・雨の日対策


梅雨の時期になると一気に湿度が上がってしまい、
髪の毛もまとまりにくくなってしまうものです。

特にショートヘアの人はくせ毛が出てしまい、
困っているということも多いのです。

湿度が高くなると髪がうねりがちの方のために、
梅雨に負けないヘアケア方法をご紹介していきます。

hair

①トリートメント剤をつける

そもそも湿気がどうしてくせ毛を作るのでしょうか?
ダメージなどによってキューティクルがはがれている隙間から、
水分が入り込みます。

キューティクルの内側に水分がため込まれ、
そこが膨張することで髪の毛がうねってしまうのです。
その結果、くせ毛とともに髪全体が広がるということも起こるのです。

つまりくせ毛を防ぐためには、
水分がキューティクルの中に入りこむことを防ぐ必要があるのです。
そのためにはダメージケアが必要です。

半乾きの状態でトリートメントを内側から丁寧につけていきます。
髪の表面には潤いを与えてくれ、湿気が髪の毛の中に入りこむのを防いでくれます。

SPONSORED LINK

②ブラッシングを定期的にする

上記にも述べたように湿気の水分が髪の毛の内部に入りこむことによって、
くせ毛や広がりが起こってしまうのです。

でも梅雨の時期には湿気がそこらじゅうにあふれています。
そのために髪の毛にもどうしても水分が付着してしまうのです。

SPONSORED LINK

そんな水分を散らすために、まんべんなくブラッシングをします。
目の粗いブラシで、髪を傷めないように優しくブラッシングします。
数時間おきにブラッシングすることで、
髪の毛についた水分を飛ばすことができ時間が経っても
くせ毛が起こるのを防げます。

③スプレーを利用する

セミハードタイプのヘアスプレーをつけることで、
髪の毛全体にコーティングを行います。表面をコーティングされた髪の毛には、
水分が入り込みにくくなり、セットも長持ちすることができるのです。
しっかりと水分を飛ばしてブローした髪の毛に、
15センチから30センチほど離れて髪の毛全体にひと吹きスプレーをすることで、
くせ毛になりにくい髪の毛になります。

ショートヘアだと、髪の毛の重さがない分、
くせ毛が出やすいです。梅雨の時期はショートヘアの人の髪の悩みが増えることでしょう。

上記の方法を試してもどうしてもクセが出てしまう場合は、
髪をまとめたり、編み込んだりするのも一つの手です。

はじめからくせ毛が出てもいいヘアスタイルにすることで、
一日中快適に過ごすことができるようになります。

セットがめんどうな日にも役立つので、ショートヘアのヘアアレンジ方法もマストチェックです。

スポンサードリンク

関連記事

梅雨の時期、服装と靴がチグハグになってない?梅雨の時期の靴選び

梅雨の時期の靴選びは、とても難しいと感じている人も多いのではありませんか? 菜種梅雨(なたねづ

記事を読む

16本骨傘ジャンプ式はこだわりたい派のアナタにオススメ!

梅雨のシーズンに入る前に気になる ものと言えば、傘ではないでしょうか? 今は傘と一言に言っても、

記事を読む

雨の日を楽しく乗り切るためのマストアイテムとは?

そろそろ春満開の季節になります。暖かい春が終わるとすぐに梅雨の時期に入りますね。 梅雨の時期に

記事を読む

梅雨対策!自転車で子供を送り迎えするママのためのマスト雨具3選

梅雨の季節が近づいていますが、 梅雨対策はばっちりですか? 子供を幼稚園に送り迎えするのに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【18歳】子宮頸癌で2度の円錐切除をした体験談と今だから言えること

最初に子宮頚ガンに気づいたのは、18歳のときでした。 年齢的に若いの

【二度とイヤ】卵巣出血の痛みは気が遠くなるほどの辛さ!

ある日、寝る前に腹痛を感じました。 生理前だから痛いのかな?と思いな

【切迫流産】21週で入院!もうもたない?わたしの赤ちゃんどうなっちゃうの?

私は昨年、次男を出産しました。 長男の時は特にトラブルもなく普通に出

【指定難病】シェーグレン症候群の発症と治療についての体験談

目や口の異常ともいえる乾燥が気になり初めたのは、1年4か月ほど前のこと

【バレーボールでの事故】網膜剥離で硝子体手術を受けました。

大学のサークルでバレーボールをやっているときに網膜剥離になりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑