節分気分を盛り上げる鬼のキャラ弁が人気!オススメレシピ集

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 レシピ


01
02

節分の日は、楽しい鬼のキャラ弁で、盛り上がっちゃいましょう!
「福は内! 鬼は外!」
元気な声で豆まきすれば、冬の鬼も逃げて行きますよ。

SPONSORED LINK

キャラ弁とは

「キャラ弁」とは、人気のキャラクターの顔や姿を、ごはんやおかず、海苔、ふりかけなどを使って作るお弁当です。

「子供に楽しくお弁当を食べさせたい」という気持ちから、昔から、お母さんや料理研究家達は、工夫を重ねてきました。
ウサギさんリンゴやタコさんウィンナは、キャラ弁の走りかもしれません。

「キャラクター弁当」は1996年~1997年頃に登場しました。
2000年に入ってから流行し始め、今では子供のお弁当の定番になっています。
パンダ・クマモン・ドラエモンなどが作りやすく、人気があるようです。

キャラ弁を簡単に作れるグッズもいろいろ売られています。
海苔を好きな形に切り取る「海苔パンチ」、ごはんを好きな形にする「おむすび型」、チーズ・ハム・野菜などの「抜き型」、さすだけで飾りになる「ピック」、
ごはんに色をつける「デコフリ」・・・

ただ、最近、「キャラ弁を禁止する」幼稚園が増えています。
キャラ弁のできの良し悪しが、イジメの原因になるそうです。

鬼のキャラ弁を作る利点

「節分」とは、「冬と春の季節の分かれ目」を意味します。
現在は2月3日頃ですが、昔の暦(太陰暦)では、節分は年末でした。
節分の翌日は「立春」で、新しい年が始まります。
そこで、節分には1年の災厄をすべて払い落とすために、「追儺(ついな)」「鬼やらい」と呼ばれる儀式が、古くから行われていました。
「鬼」は、寒い冬・悪い風邪などの病気・いろいろな災難や邪気を意味します。
「豆をまいて、鬼を追い払う」のは、「1年のすべての災厄を払い落とす」ことなのです。

「節分」は、古くから日本に伝わる大事な年中行事です。
「追儺」「鬼やらい」は、奈良時代から宮中で始まり、平安時代には宮中の重要な儀式となりました。
その後、神社やお寺から民間に広まり、江戸時代に入ると、盛大に「豆まき」が行われるようになりました。

SPONSORED LINK

大事な年中行事は、たいてい「ごちそう」と結びついています。
ごちそうを食べるチャンスなので、行事や儀式を忘れないのです。
でも・・・節分は「豆を食べるだけ」?
これだけでは、つまらないですね。
だから、「節分には恵方巻を食べる」習慣が全国的に広まったのかもしれません。

「鬼のキャラ弁」は、節分の楽しいごちそうになります。
「鬼」を食べてしまえば、1年の災難を払い落とすことができます。
「豆まき」といっしょに、「節分」の意味を子供に教えるには、とてもいい方法ではないでしょうか?

幼稚園で「キャラ弁禁止」の場合は、豆まきを済ませた後、お夕食に「鬼のキャラ弁」を家族みんなで食べてはいかがでしょう?
もちろん、恵方巻もいっしょに食べてくださいね。

レシピ紹介

「鬼のキャラ弁」の基本は、鬼の顔を作ることです。

おにぎり型で三角形や四角形を作ることもできます。
鬼の髪の毛は、いり卵・金糸玉子・細切り昆布・しょう油であえたおかか、で作ることが多いようです。
角は、ウィンナや柿の種、スライスチーズや薄焼き卵などで作ります。

黒鬼は、おにぎりに海苔をまき、スライスチーズや薄焼き卵、ハムを使って、目鼻を作ります。
赤鬼・青鬼は、デコフリを混ぜてごはんに色をつけます。
目鼻は、海苔をカットして作ります。

基本はこのようなものですが、お子さんの好きな物を使って、いろいろアレンジできますよ。

レシピ 赤鬼さん青鬼さん

[材料]
ごはん・デコフリ(赤・青・黄色)・海苔・スライスチーズ・卵・おかか・しょう油・豆・ウィンナソーセージ

[作り方]
1, ごはんにデコフリを混ぜて、赤いごはんと青いごはんを作ります。
2, ごはんにデコフリを混ぜて、黄色いごはんを作ります。
3, 赤いごはんと青いごはんを握って、顔にします。
4, 黄色いごはんを握って、身体にします。
5, 海苔を細く切って、身体にはりつけ、トラジマパンツにします。
6, 髪の毛は、青鬼はいり卵、赤鬼はしょう油であえたおかかで作ります。
7, 目と口はスライスチーズと海苔で作ります。
8, 鼻は豆まきの豆で作ります。
9, 角はゆでたウィンナを半分に切って作ります。

炒り卵は好みで、砂糖や塩で味付けしてください。
マーケットで売っている金糸卵を使うと、簡単です。

まとめ 「鬼のキャラ弁」で、節分を楽しんでくださいね

「鬼のキャラ弁」は、おにぎりが基本です。
おにぎり型を使うと、簡単に顔を作れます。
お子さんといっしょに、いろいろな表情を作ると、楽しいですよ。

「鬼」を食べて、今年1年、元気に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

春になったら食べたい! わらびのアク抜き方法 

わらびは春の食べ物として昔から日本人に親しまれてきました。 山菜狩りなどでわらびを取って調理して食

記事を読む

幼稚園小学生の男の子にオススメ!お弁当の簡単レシピと画像。

男の子の心をつかむオススメお弁当レシピ集 男の子のお弁当と女の子のお弁当の

記事を読む

こんな菱餅があるの?!びっくり代用菱餅のまとめ

こんな菱餅があるの?!びっくり代用菱餅のまとめ 菱餅とは 菱餅とは、3月3日のひ

記事を読む

とり野菜みそを大阪で買えるスーパーや販売店は?

とり野菜みそは、米麹と大豆から作る味噌に香辛料を混ぜ合わせた調味味噌です。石川県の伝統鍋料理

記事を読む

運動会に大人気のお弁当レシピ5選

暑い夏も終わったら秋の運動会シーズンがやってきますよね! 運動会は地方と学校により、春に行

記事を読む

“おいしく作るためのしそジュースの作り方と失敗しないコツ” 

簡単にお庭で育てることができるもの中に、 紫蘇があります。 そんな紫蘇を利用して作るのが

記事を読む

男性の手作りも人気?ホワイトデーの簡単お返しレシピ

ホワイトデーには、男性も手作りのお菓子でお返しする? 女性は喜んでくれるかな?

記事を読む

ひな祭りはやっぱり可愛くゴージャスに!簡単で可愛いひな祭りケーキまとめ

3月3日はひな祭り、女の子のお祭りです。 おひな様といっしょに、おいしいケーキをい

記事を読む

今年のひな祭りはこれで大丈夫!ひな祭りのオススメレシピ

ひな祭りには、女の子の健やかな成長を願い、可愛くてきれいなごちそうをこしらえて、おひな様

記事を読む

バレンタインデーにプレゼントしよう! 人気のフォンダンショコラの作り方 まとめ

バレンタインデーには、チョコレートがとろ~りと流れるフォンダンショコラを贈るのは、いかが?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湿布はもういらない!足指パッドをつけると腰痛が改善できるらしい?

もともとは腰痛はあまり感じないタイプでした。 ですが、出産後、子供を

常位胎盤早期剥離の産後がつらすぎた体験談

私は今現在31歳の二児の子供をもつ専業主婦ですが、二人目の出産時に緊急

【迷い】子宮内膜症の治療は副作用がつらい?薬の効果はある?

生理痛が酷くて、一度なるとおちおち普通の生活も満足に営めなくなり、これ

あなたは大丈夫?はげしい片頭痛の原因は肩こりかも。

肩こりは多くの人にもありますが、私も例外ではありません。 まず30歳

【子供の二段ベッドから落下】うっかりママの足の小指骨折の治療顛末記

クリスマスイブに、子供の二段ベッドのはしごから落ち、右足の小指を骨折し

→もっと見る

PAGE TOP ↑