節分気分を盛り上げる鬼のキャラ弁が人気!オススメレシピ集

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 レシピ


SPONSORED LINK

01
02

節分の日は、楽しい鬼のキャラ弁で、盛り上がっちゃいましょう!
「福は内! 鬼は外!」
元気な声で豆まきすれば、冬の鬼も逃げて行きますよ。

キャラ弁とは

「キャラ弁」とは、人気のキャラクターの顔や姿を、ごはんやおかず、海苔、ふりかけなどを使って作るお弁当です。

「子供に楽しくお弁当を食べさせたい」という気持ちから、昔から、お母さんや料理研究家達は、工夫を重ねてきました。
ウサギさんリンゴやタコさんウィンナは、キャラ弁の走りかもしれません。

「キャラクター弁当」は1996年~1997年頃に登場しました。
2000年に入ってから流行し始め、今では子供のお弁当の定番になっています。
パンダ・クマモン・ドラエモンなどが作りやすく、人気があるようです。

キャラ弁を簡単に作れるグッズもいろいろ売られています。
海苔を好きな形に切り取る「海苔パンチ」、ごはんを好きな形にする「おむすび型」、チーズ・ハム・野菜などの「抜き型」、さすだけで飾りになる「ピック」、
ごはんに色をつける「デコフリ」・・・

ただ、最近、「キャラ弁を禁止する」幼稚園が増えています。
キャラ弁のできの良し悪しが、イジメの原因になるそうです。

鬼のキャラ弁を作る利点

「節分」とは、「冬と春の季節の分かれ目」を意味します。
現在は2月3日頃ですが、昔の暦(太陰暦)では、節分は年末でした。
節分の翌日は「立春」で、新しい年が始まります。
そこで、節分には1年の災厄をすべて払い落とすために、「追儺(ついな)」「鬼やらい」と呼ばれる儀式が、古くから行われていました。
「鬼」は、寒い冬・悪い風邪などの病気・いろいろな災難や邪気を意味します。
「豆をまいて、鬼を追い払う」のは、「1年のすべての災厄を払い落とす」ことなのです。

「節分」は、古くから日本に伝わる大事な年中行事です。
「追儺」「鬼やらい」は、奈良時代から宮中で始まり、平安時代には宮中の重要な儀式となりました。
その後、神社やお寺から民間に広まり、江戸時代に入ると、盛大に「豆まき」が行われるようになりました。

SPONSORED LINK

大事な年中行事は、たいてい「ごちそう」と結びついています。
ごちそうを食べるチャンスなので、行事や儀式を忘れないのです。
でも・・・節分は「豆を食べるだけ」?
これだけでは、つまらないですね。
だから、「節分には恵方巻を食べる」習慣が全国的に広まったのかもしれません。

「鬼のキャラ弁」は、節分の楽しいごちそうになります。
「鬼」を食べてしまえば、1年の災難を払い落とすことができます。
「豆まき」といっしょに、「節分」の意味を子供に教えるには、とてもいい方法ではないでしょうか?

幼稚園で「キャラ弁禁止」の場合は、豆まきを済ませた後、お夕食に「鬼のキャラ弁」を家族みんなで食べてはいかがでしょう?
もちろん、恵方巻もいっしょに食べてくださいね。

レシピ紹介

「鬼のキャラ弁」の基本は、鬼の顔を作ることです。

おにぎり型で三角形や四角形を作ることもできます。
鬼の髪の毛は、いり卵・金糸玉子・細切り昆布・しょう油であえたおかか、で作ることが多いようです。
角は、ウィンナや柿の種、スライスチーズや薄焼き卵などで作ります。

黒鬼は、おにぎりに海苔をまき、スライスチーズや薄焼き卵、ハムを使って、目鼻を作ります。
赤鬼・青鬼は、デコフリを混ぜてごはんに色をつけます。
目鼻は、海苔をカットして作ります。

基本はこのようなものですが、お子さんの好きな物を使って、いろいろアレンジできますよ。

レシピ 赤鬼さん青鬼さん

[材料]
ごはん・デコフリ(赤・青・黄色)・海苔・スライスチーズ・卵・おかか・しょう油・豆・ウィンナソーセージ

[作り方]
1, ごはんにデコフリを混ぜて、赤いごはんと青いごはんを作ります。
2, ごはんにデコフリを混ぜて、黄色いごはんを作ります。
3, 赤いごはんと青いごはんを握って、顔にします。
4, 黄色いごはんを握って、身体にします。
5, 海苔を細く切って、身体にはりつけ、トラジマパンツにします。
6, 髪の毛は、青鬼はいり卵、赤鬼はしょう油であえたおかかで作ります。
7, 目と口はスライスチーズと海苔で作ります。
8, 鼻は豆まきの豆で作ります。
9, 角はゆでたウィンナを半分に切って作ります。

炒り卵は好みで、砂糖や塩で味付けしてください。
マーケットで売っている金糸卵を使うと、簡単です。

まとめ 「鬼のキャラ弁」で、節分を楽しんでくださいね

「鬼のキャラ弁」は、おにぎりが基本です。
おにぎり型を使うと、簡単に顔を作れます。
お子さんといっしょに、いろいろな表情を作ると、楽しいですよ。

「鬼」を食べて、今年1年、元気に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

こちらの記事も一緒に読まれています

関連記事

料理に凝らなくてもお菓子さえあればOK!簡単ひな祭りのお菓子レシピまとめ

料理に凝らなくてもお菓子さえあればOK! 簡単ひな祭りのお菓子レシピまとめ ひな

記事を読む

旦那さんにはこれでOK!バレンタインにオススメの可愛いお弁当特集

結婚後、バレンタインデーはどうすればいいのかしら? お弁当で、気持ちを伝えられるかしら

記事を読む

今年のひな祭りはこれで大丈夫!ひな祭りのオススメレシピ

ひな祭りには、女の子の健やかな成長を願い、可愛くてきれいなごちそうをこしらえて、おひな様

記事を読む

南高梅の土用干しはどうしておいしい梅干しになるの?

日本の伝統食品である梅干しを作るのに、 もっとも適しているといわれる土用のころが 近づい

記事を読む

男性の手作りも人気?ホワイトデーの簡単お返しレシピ

ホワイトデーには、男性も手作りのお菓子でお返しする? 女性は喜んでくれるかな?

記事を読む

子供の運動会にキャラ弁は作らないといけないの?

運動会のお弁当。 それだけでもお母さんたちは頭を悩ませるのではないでしょうか? 子供達が

記事を読む

春になったら食べたい! わらびのアク抜き方法 

わらびは春の食べ物として昔から日本人に親しまれてきました。 山菜狩りなどでわらびを取って調理して食

記事を読む

日本の伝統行事には欠かせないお寿司!ひな祭りにオススメのお寿司とは

日本の伝統行事には欠かせないお寿司!ひな祭りにオススメのお寿司とは ひな祭りとお寿

記事を読む

とり野菜みそを大阪で買えるスーパーや販売店は?

とり野菜みそは、米麹と大豆から作る味噌に香辛料を混ぜ合わせた調味味噌です。石川県の伝統鍋料理

記事を読む

圧力鍋で作るスペアリブ!レモン風味のコーラ煮~簡単で人気のレシピ~

皆さんは圧力鍋を持っていますか? 筆者は持っていないので普通の鍋で調理していますが、圧力鍋はあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蕨(わらび)駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

蕨(わらび)駅は、埼玉県蕨市中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日

本八幡駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

本八幡駅は、千葉県市川市八幡二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)

北朝霞駅周辺の待ち合わせ場所。わかりやすいスポットは

北朝霞駅は、昭和48年に武蔵野線の駅として開業しました。 武蔵野線は

平塚駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

平塚駅は、神奈川県平塚市宝町にある東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

舞浜駅のわかりやすい待ち合わせ場所 5選

舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の京葉線

→もっと見る

PAGE TOP ↑